List<T>.Item[Int32] プロパティ

定義

指定したインデックスにある要素を取得または設定します。Gets or sets the element at the specified index.

public:
 property T default[int] { T get(int index); void set(int index, T value); };
public T this[int index] { get; set; }
member this.Item(int) : 'T with get, set
Default Public Property Item(index As Integer) As T

パラメーター

index
Int32

取得または設定する要素の、0 から始まるインデックス番号。The zero-based index of the element to get or set.

プロパティ値

T

指定したインデックス位置にある要素。The element at the specified index.

実装

例外

index が 0 未満です。index is less than 0.

- または --or- indexCount 以上になっています。index is equal to or greater than Count.

このセクションの例では、Item[Int32] プロパティ (のC#インデクサー) と、List<T>ジェネリッククラスのその他のさまざまなプロパティとメソッドについて説明します。The example in this section demonstrates the Item[Int32] property (the indexer in C#) and various other properties and methods of the List<T> generic class. Add メソッドを使用してリストを作成して設定すると、要素が取得され、Item[Int32] プロパティを使用して表示されます。After the list has been created and populated using the Add method, an element is retrieved and displayed using the Item[Int32] property. (Item[Int32] プロパティを使用してリスト要素の値を設定する例については、「AsReadOnly」を参照してください)。(For an example that uses the Item[Int32] property to set the value of a list element, see AsReadOnly.)

注意

Visual Basic、 C#、およびC++にはすべて、名前を使用せずにItem[Int32]プロパティにアクセスするための構文があります。Visual Basic, C#, and C++ all have syntax for accessing the Item[Int32] property without using its name. 代わりに、List<T> を含む変数が配列であるかのように使用されます。Instead, the variable containing the List<T> is used as if it were an array.

このC#言語では、Item[Int32]プロパティを実装する代わりに、 thisキーワードを使用してインデクサーを定義します。The C# language uses the this keyword to define the indexers instead of implementing the Item[Int32] property. Visual Basic は、Item[Int32] を既定のプロパティとして実装しており、同様のインデックス機能を提供します。Visual Basic implements Item[Int32] as a default property, which provides the same indexing functionality.

List<string> dinosaurs = new List<string>();

Console.WriteLine("\nCapacity: {0}", dinosaurs.Capacity);

dinosaurs.Add("Tyrannosaurus");
dinosaurs.Add("Amargasaurus");
dinosaurs.Add("Mamenchisaurus");
dinosaurs.Add("Deinonychus");
dinosaurs.Add("Compsognathus");
Dim dinosaurs As New List(Of String)

Console.WriteLine(vbLf & "Capacity: {0}", dinosaurs.Capacity)

dinosaurs.Add("Tyrannosaurus")
dinosaurs.Add("Amargasaurus")
dinosaurs.Add("Mamenchisaurus")
dinosaurs.Add("Deinonychus")
dinosaurs.Add("Compsognathus")
// Shows accessing the list using the Item property.
Console.WriteLine("\ndinosaurs[3]: {0}", dinosaurs[3]);
' Shows how to access the list using the Item property.
Console.WriteLine(vbLf & "dinosaurs(3): {0}", dinosaurs(3))

注釈

List<T> は、参照型の有効な値として null を受け入れ、重複する要素を許可します。List<T> accepts null as a valid value for reference types and allows duplicate elements.

このプロパティでは、myCollection[index] という構文を使用して、コレクション内の特定の要素にアクセスできます。This property provides the ability to access a specific element in the collection by using the following syntax: myCollection[index].

このプロパティの値の取得は O (1) 操作です。プロパティの設定は、O (1) 操作でもあります。Retrieving the value of this property is an O(1) operation; setting the property is also an O(1) operation.

適用対象

こちらもご覧ください