SortedList<TKey,TValue>.Item[TKey] プロパティ

定義

指定されたキーに関連付けられている値を取得または設定します。

public:
 property TValue default[TKey] { TValue get(TKey key); void set(TKey key, TValue value); };
public TValue this[TKey key] { get; set; }
member this.Item('Key) : 'Value with get, set
Default Public Property Item(key As TKey) As TValue

パラメーター

key
TKey

値を取得または設定する対象のキー。

プロパティ値

TValue

指定されたキーに関連付けられている値。 指定したキーが見つからなかった場合、get 操作は KeyNotFoundException をスローし、set 操作は指定したキーを使用して新しい要素を作成します。

実装

例外

keynullです。

プロパティが取得され、key がコレクションに存在しません。

次のコード例では、 Item[] プロパティ (C# のインデクサー) を使用して値を取得し、要求されたキーが存在しない場合に がスローされ、キーに関連付けられている値を置き換えられる可能性を示しています。 KeyNotFoundException

また、この例では、プログラムが並べ替えリストに含されていないキー値を頻繁に試す必要がある場合に、より効率的な方法として メソッドを使用して値を取得する方法 TryGetValue も示しています。

このコード例は、SortedList<TKey,TValue> クラスのために提供されている大規模な例の一部です。

// The Item property is another name for the indexer, so you
// can omit its name when accessing elements.
Console::WriteLine("For key = \"rtf\", value = {0}.",
    openWith["rtf"]);

// The indexer can be used to change the value associated
// with a key.
openWith["rtf"] = "winword.exe";
Console::WriteLine("For key = \"rtf\", value = {0}.",
    openWith["rtf"]);

// If a key does not exist, setting the indexer for that key
// adds a new key/value pair.
openWith["doc"] = "winword.exe";
// The Item property is another name for the indexer, so you
// can omit its name when accessing elements.
Console.WriteLine("For key = \"rtf\", value = {0}.",
    openWith["rtf"]);

// The indexer can be used to change the value associated
// with a key.
openWith["rtf"] = "winword.exe";
Console.WriteLine("For key = \"rtf\", value = {0}.",
    openWith["rtf"]);

// If a key does not exist, setting the indexer for that key
// adds a new key/value pair.
openWith["doc"] = "winword.exe";
' The Item property is the default property, so you 
' can omit its name when accessing elements. 
Console.WriteLine("For key = ""rtf"", value = {0}.", _
    openWith("rtf"))

' The default Item property can be used to change the value
' associated with a key.
openWith("rtf") = "winword.exe"
Console.WriteLine("For key = ""rtf"", value = {0}.", _
    openWith("rtf"))

' If a key does not exist, setting the default Item property
' for that key adds a new key/value pair.
openWith("doc") = "winword.exe"
// The indexer throws an exception if the requested key is
// not in the list.
try
{
    Console::WriteLine("For key = \"tif\", value = {0}.",
        openWith["tif"]);
}
catch (KeyNotFoundException^)
{
    Console::WriteLine("Key = \"tif\" is not found.");
}
// The indexer throws an exception if the requested key is
// not in the list.
try
{
    Console.WriteLine("For key = \"tif\", value = {0}.",
        openWith["tif"]);
}
catch (KeyNotFoundException)
{
    Console.WriteLine("Key = \"tif\" is not found.");
}
' The default Item property throws an exception if the requested
' key is not in the list.
Try
    Console.WriteLine("For key = ""tif"", value = {0}.", _
        openWith("tif"))
Catch 
    Console.WriteLine("Key = ""tif"" is not found.")
End Try
// When a program often has to try keys that turn out not to
// be in the list, TryGetValue can be a more efficient
// way to retrieve values.
String^ value = "";
if (openWith->TryGetValue("tif", value))
{
    Console::WriteLine("For key = \"tif\", value = {0}.", value);
}
else
{
    Console::WriteLine("Key = \"tif\" is not found.");
}
// When a program often has to try keys that turn out not to
// be in the list, TryGetValue can be a more efficient
// way to retrieve values.
string value = "";
if (openWith.TryGetValue("tif", out value))
{
    Console.WriteLine("For key = \"tif\", value = {0}.", value);
}
else
{
    Console.WriteLine("Key = \"tif\" is not found.");
}
' When a program often has to try keys that turn out not to
' be in the list, TryGetValue can be a more efficient 
' way to retrieve values.
Dim value As String = ""
If openWith.TryGetValue("tif", value) Then
    Console.WriteLine("For key = ""tif"", value = {0}.", value)
Else
    Console.WriteLine("Key = ""tif"" is not found.")
End If

注釈

このプロパティは、構文 myCollection[key] を使用して、コレクションの特定の要素にアクセスする機能を提供します。

キーを にすることはできませんが、リスト内の値の型が参照型である場合は、値 null TValue を指定できます。

値を取得するときにキーが見つからない場合は KeyNotFoundException 、 がスローされます。 値が設定されているときにキーが見つからない場合は、キーと値が追加されます。

プロパティを使用して、に存在しないキーの値を設定することで、新しい要素 Item[] SortedList<TKey,TValue> を追加することもできます (例: myCollection["myNonexistentKey"] = myValue )。 ただし、指定したキーが に既に存在する場合は、 SortedList<TKey,TValue> プロパティを設定すると Item[] 、古い値が上書きされます。 これに対し、 Add メソッドは既存の要素を変更します。

C# 言語では、 キーワードを使用して、 プロパティを実装する代わりにイン this デクサーを定義 Item[] します。 Visual Basic は、Item[] を既定のプロパティとして実装しており、同様のインデックス機能を提供します。

このプロパティの値の取得は O(log n ) 操作です。ここで、n は です Count 。 キーが に既に存在する場合、プロパティの設定は O(log n ) 操作です SortedList<TKey,TValue> 。 キーが一覧に含されていない場合、プロパティの設定は、未ソートデータの O( ) 操作、またはリストの末尾に新しい要素が追加された場合は n O(log ) です。 n 挿入によってサイズ変更が発生する場合、操作は O( ) です n

適用対象

こちらもご覧ください