NameObjectCollectionBase.ICollection.CopyTo(Array, Int32) メソッド

定義

NameObjectCollectionBase 全体を、互換性のある 1 次元の Array にコピーします。コピー操作は、コピー先の配列の指定したインデックスから始まる部分に行います。Copies the entire NameObjectCollectionBase to a compatible one-dimensional Array, starting at the specified index of the target array.

 virtual void System.Collections.ICollection.CopyTo(Array ^ array, int index) = System::Collections::ICollection::CopyTo;
void ICollection.CopyTo (Array array, int index);

パラメーター

array
Array

Array から要素がコピーされる 1 次元の NameObjectCollectionBaseThe one-dimensional Array that is the destination of the elements copied from NameObjectCollectionBase. Array には、0 から始まるインデックス番号が必要です。The Array must have zero-based indexing.

index
Int32

コピーの開始位置とする array のインデックス (0 から始まる)。The zero-based index in array at which copying begins.

実装

例外

arraynullです。array is null.

index が 0 未満です。index is less than zero.

array が多次元です。array is multidimensional.

- または --or- コピー元の NameObjectCollectionBase の要素数が、コピー先 arrayindex から最後までの使用可能領域を超えています。The number of elements in the source NameObjectCollectionBase is greater than the available space from index to the end of the destination array.

コピー元の NameObjectCollectionBase の型をコピー先の array の型に自動的にキャストすることはできません。The type of the source NameObjectCollectionBase cannot be cast automatically to the type of the destination array.

注釈

指定された配列は、互換性のある型である必要があります。The specified array must be of a compatible type.

このメソッドはArray.Copy 、を使用して要素をコピーします。This method uses Array.Copy to copy the elements.

既定では、 NameObjectCollectionBase メソッドはcomクライアントには表示されませんが、クラスを継承すると、comクライアントで望ましくない動作が発生する可能性があります。ICollection.CopyToWhile the ICollection.CopyTo method is not visible to COM clients by default, inheriting the NameObjectCollectionBase class can expose it and can cause undesirable behavior in COM clients.

このメソッドは O(n) 操作です。nCount です。This method is an O(n) operation, where n is Count.

適用対象