NameObjectCollectionBase.ICollection.IsSynchronized プロパティ

定義

NameObjectCollectionBase オブジェクトへのアクセスが同期されている (スレッド セーフである) かどうかを示す値を取得します。

property bool System::Collections::ICollection::IsSynchronized { bool get(); };
bool System.Collections.ICollection.IsSynchronized { get; }
member this.System.Collections.ICollection.IsSynchronized : bool
 ReadOnly Property IsSynchronized As Boolean Implements ICollection.IsSynchronized

プロパティ値

Boolean

true オブジェクトへのアクセスが同期されている (スレッド セーフである) 場合は NameObjectCollectionBase。それ以外の場合は false。 既定値は、false です。

実装

注釈

NameObjectCollectionBaseオブジェクトが同期されていません。 派生クラスは、 NameObjectCollectionBase プロパティを使用して、同期されたバージョンのを提供でき SyncRoot ます。

コレクションの列挙処理は、本質的にスレッドセーフな処理ではありません。 コレクションが同期されていても、他のスレッドがコレクションを変更する場合があり、このときは列挙子から例外がスローされます。 列挙処理を確実にスレッド セーフに行うには、列挙中にコレクションをロックするか、他のスレッドによって行われた変更によってスローされる例外をキャッチします。

次のコード例は、列挙体全体でプロパティを使用してコレクションをロックする方法を示して SyncRoot います。

// Create a collection derived from NameObjectCollectionBase
ICollection^ myCollection = gcnew DerivedCollection();
bool lockTaken = false;
try
{
    Monitor::Enter(myCollection->SyncRoot, lockTaken);
    for each (Object^ item in myCollection)
    {
        // Insert your code here.
    }
}
finally
{
    if (lockTaken)
    {
        Monitor::Exit(myCollection->SyncRoot);
    }
}
// Create a collection derived from NameObjectCollectionBase
ICollection myCollection = new DerivedCollection();
lock(myCollection.SyncRoot)
{
    foreach (object item in myCollection)
    {
        // Insert your code here.
    }
}
' Create a collection derived from NameObjectCollectionBase
Dim myCollection As ICollection = New DerivedCollection()
SyncLock myCollection.SyncRoot
    For Each item As Object In myCollection
        ' Insert your code here.
    Next item
End SyncLock

このプロパティ値を取得することは、O(1) 操作になります。

適用対象

こちらもご覧ください