NameValueCollection.Item[] プロパティ

定義

NameValueCollection の指定したエントリを取得または設定します。Gets or sets the specified entry of the NameValueCollection.

オーバーロード

Item[Int32]

NameValueCollection の指定したインデックスにあるエントリを取得します。Gets the entry at the specified index of the NameValueCollection.

Item[String]

NameValueCollection 内の指定したキーを持つエントリを取得または設定します。Gets or sets the entry with the specified key in the NameValueCollection.

Item[Int32]

NameValueCollection の指定したインデックスにあるエントリを取得します。Gets the entry at the specified index of the NameValueCollection.

public:
 property System::String ^ default[int] { System::String ^ get(int index); };
public string this[int index] { get; }
public string? this[int index] { get; }
member this.Item(int) : string
Default Public ReadOnly Property Item(index As Integer) As String

パラメーター

index
Int32

コレクションでエントリの位置を示す 0 から始まるインデックス番号。The zero-based index of the entry to locate in the collection.

プロパティ値

String

コレクションの指定したインデックスにあるコンマ区切りの値のリストを格納する StringA String that contains the comma-separated list of values at the specified index of the collection.

例外

index が、コレクションのインデックスの正しい範囲から外れています。index is outside the valid range of indexes for the collection.

注釈

このプロパティは、構文 myCollection[index] を使用して、コレクションの特定の要素にアクセスする機能を提供します。This property provides the ability to access a specific element in the collection by using the following syntax: myCollection[index].

このプロパティは設定できません。This property cannot be set. 指定したインデックスの値を設定するには、を使用し Item[GetKey(index)] ます。To set the value at a specified index, use Item[GetKey(index)].

C# 言語では、プロパティを実装する代わりに、 this キーワードを使用してインデクサーを定義し Item[] ます。The C# language uses the this keyword to define the indexers instead of implementing the Item[] property. Visual Basic は、 Item[] 同じインデックス作成機能を提供する 既定のプロパティとしてを実装します。Visual Basic implements Item[] as a default property, which provides the same indexing functionality.

指定したインデックス位置にある値を取得すると、O ( n ) 操作になります。ここで、 n は値の数です。Retrieving the values at the specified index is an O(n) operation, where n is the number of values.

こちらもご覧ください

適用対象

Item[String]

NameValueCollection 内の指定したキーを持つエントリを取得または設定します。Gets or sets the entry with the specified key in the NameValueCollection.

public:
 property System::String ^ default[System::String ^] { System::String ^ get(System::String ^ name); void set(System::String ^ name, System::String ^ value); };
public string this[string name] { get; set; }
public string? this[string? name] { get; set; }
member this.Item(string) : string with get, set
Default Public Property Item(name As String) As String

パラメーター

name
String

検索するエントリの String キー。The String key of the entry to locate. キーとして null を指定できます。The key can be null.

プロパティ値

String

見つかった場合は、指定したキーに関連付けられたコンマ区切りの値のリストを格納する String。それ以外の場合は nullA String that contains the comma-separated list of values associated with the specified key, if found; otherwise, null.

例外

コレクションの変更操作を実行しようとしましたが、このコレクションは読み取り専用です。The collection is read-only and the operation attempts to modify the collection.

注釈

このプロパティは、構文 myCollection[name] を使用して、コレクションの特定の要素にアクセスする機能を提供します。This property provides the ability to access a specific element in the collection by using the following syntax: myCollection[name].

指定したキーがコレクション内に既に存在する場合、このプロパティを設定すると、指定した値を持つ既存の値リストが上書きされます。If the specified key already exists in the collection, setting this property overwrites the existing list of values with the specified value. 新しい値を既存の値リストに追加するには、メソッドを使用し Add ます。To append the new value to the existing list of values, use the Add method.

指定したキーがコレクション内に存在しない場合、このプロパティを設定すると、指定したキーと指定した値を使用して新しいエントリが作成されます。If the specified key does not exist in the collection, setting this property creates a new entry using the specified key and the specified value.

注意事項

null指定されたキーが見つからない場合、このプロパティはを返します。指定したキーが見つかり、それに関連付けられている値がの場合は、2) nullThis property returns null in the following cases: 1) if the specified key is not found; and 2) if the specified key is found and its associated value is null. このプロパティは、2つのケースを区別しません。This property does not distinguish between the two cases.

C# 言語では、プロパティを実装する代わりに、 this キーワードを使用してインデクサーを定義し Item[] ます。The C# language uses the this keyword to define the indexers instead of implementing the Item[] property. Visual Basic は、 Item[] 同じインデックス作成機能を提供する 既定のプロパティとしてを実装します。Visual Basic implements Item[] as a default property, which provides the same indexing functionality.

指定されたキーに関連付けられている値の取得または設定は、O ( n ) 操作です。ここで、 n は値の数です。Retrieving or setting the values associated with the specified key is an O(n) operation, where n is the number of values.

こちらもご覧ください

適用対象