StringCollection.GetEnumerator メソッド

定義

StringEnumerator を反復処理する StringCollection を返します。Returns a StringEnumerator that iterates through the StringCollection.

public:
 System::Collections::Specialized::StringEnumerator ^ GetEnumerator();
public System.Collections.Specialized.StringEnumerator GetEnumerator ();
member this.GetEnumerator : unit -> System.Collections.Specialized.StringEnumerator
Public Function GetEnumerator () As StringEnumerator

戻り値

StringEnumerator

StringEnumeratorStringCollectionA StringEnumerator for the StringCollection.

注釈

C# 言語の foreach ステートメント (Visual Basic の場合は for each) を使用することで列挙子の複雑さを回避できます。The foreach statement of the C# language (for each in Visual Basic) hides the complexity of the enumerators. したがって、列挙子を直接操作するのではなく、foreach を使用することをお勧めします。Therefore, using foreach is recommended, instead of directly manipulating the enumerator.

列挙子を使用すると、コレクション内のデータを読み取ることができますが、基になるコレクションを変更することはできません。Enumerators can be used to read the data in the collection, but they cannot be used to modify the underlying collection.

最初、列挙子はコレクションの先頭の要素の前に位置付けられます。Initially, the enumerator is positioned before the first element in the collection. また、Reset メソッドは、列挙子を最初の位置に戻します。Reset also brings the enumerator back to this position. この位置では、Current が未定義です。At this position, Current is undefined. そのため、MoveNext の値を読み取る前に、Current を呼び出して列挙子をコレクションの最初の要素に進める必要があります。Therefore, you must call MoveNext to advance the enumerator to the first element of the collection before reading the value of Current.

Current は、MoveNext または Reset が呼び出されるまでは同じオブジェクトを返します。Current returns the same object until either MoveNext or Reset is called. MoveNext は、Current を次の要素に進めます。MoveNext sets Current to the next element.

MoveNext がコレクションの末尾を通過した場合、列挙子がコレクション内の最後の要素の後に配置され、MoveNextfalse を返します。If MoveNext passes the end of the collection, the enumerator is positioned after the last element in the collection and MoveNext returns false. 列挙子がこの位置にある場合、後続の MoveNext 呼び出しも false を返します。When the enumerator is at this position, subsequent calls to MoveNext also return false. の最後の呼び出しが返された場合 MoveNext falseCurrent が未定義になります。If the last call to MoveNext returned false, Current is undefined. コレクションの先頭の要素に再び Current を設定するには、先に Reset を呼び出してから MoveNext を呼び出します。To set Current to the first element of the collection again, you can call Reset followed by MoveNext.

列挙子は、コレクションが変更されない限り有効です。An enumerator remains valid as long as the collection remains unchanged. コレクションに対して変更 (要素の追加、変更、削除など) が行われると、列挙子は回復不可能な無効状態になり、その動作は未定義になります。If changes are made to the collection, such as adding, modifying, or deleting elements, the enumerator is irrecoverably invalidated and its behavior is undefined.

列挙子には、コレクションへの排他アクセスがありません。したがって、コレクションの列挙処理は本質的にスレッド セーフな処理ではありません。The enumerator does not have exclusive access to the collection; therefore, enumerating through a collection is intrinsically not a thread safe procedure. 列挙処理でスレッド セーフを確保するには、列挙処理が終わるまでコレクションをロックできます。To guarantee thread safety during enumeration, you can lock the collection during the entire enumeration. コレクションに対し複数のスレッドがアクセスして読み取りや書き込みを行うことができるようにするには、独自に同期化を実装する必要があります。To allow the collection to be accessed by multiple threads for reading and writing, you must implement your own synchronization.

このメソッドは、O(1) 操作です。This method is an O(1) operation.

適用対象

こちらもご覧ください