StringCollection.IList.Item[Int32] プロパティ

定義

指定したインデックスにある要素を取得または設定します。Gets or sets the element at the specified index.

property System::Object ^ System::Collections::IList::Item[int] { System::Object ^ get(int index); void set(int index, System::Object ^ value); };
object System.Collections.IList.Item[int index] { get; set; }
 Property Item(index As Integer) As Object Implements IList.Item

パラメーター

index
Int32

取得または設定する要素の、0 から始まるインデックス番号。The zero-based index of the element to get or set.

プロパティ値

指定したインデックス位置にある要素。The element at the specified index.

実装

例外

index が 0 未満です。index is less than zero.

または-or- indexCount 以上になっています。index is equal to or greater than Count.

注釈

このメソッドは、次の構文myCollection[index]を使用して、コレクション内の特定の要素にアクセスする機能を提供します。This method provides the ability to access a specific element in the collection by using the following syntax: myCollection[index].

このC#言語ではIList.Item[Int32]プロパティを実装する代わりに、this キーワードを使用してインデクサーを定義します。The C# language uses the this keyword to define the indexers instead of implementing the IList.Item[Int32] property. Visual Basic は、IList.Item[Int32] を既定のプロパティとして実装しており、同様のインデックス機能を提供します。Visual Basic implements IList.Item[Int32] as a default property, which provides the same indexing functionality.

StringCollectionnull 、有効な値としてを受け入れ、重複する要素を許可します。StringCollection accepts null as a valid value and allows duplicate elements.

このプロパティの値の取得は O (1) 操作です。プロパティの設定は、O (1) 操作でもあります。Retrieving the value of this property is an O(1) operation; setting the property is also an O(1) operation.

適用対象

こちらもご覧ください