StringCollection.IList.Remove(Object) メソッド

定義

特定のオブジェクトが StringCollection 内にあるときに、最初に出現したものを削除します。Removes the first occurrence of a specific object from the StringCollection.

 virtual void System.Collections.IList.Remove(System::Object ^ value) = System::Collections::IList::Remove;
void IList.Remove (object value);
Sub Remove (value As Object) Implements IList.Remove

パラメーター

value
Object

Object から削除する StringCollectionThe Object to remove from the StringCollection. 値として null を指定できます。The value can be null.

実装

例外

StringCollection は読み取り専用です。The StringCollection is read-only.

- または --or- StringCollection は固定サイズです。The StringCollection has a fixed size.

注釈

StringCollection指定したオブジェクトが含まれていStringCollectionない場合、は変更されません。If the StringCollection does not contain the specified object, the StringCollection remains unchanged. 例外をスローすることはありません。No exception is thrown.

リストなどの連続する要素のコレクションでは、空白になった位置を埋めるために、削除された要素の後にある要素の位置が繰り上げられます。In collections of contiguous elements, such as lists, the elements that follow the removed element move up to occupy the vacated spot. コレクションにインデックスがある場合、移動した要素のインデックスも更新されます。If the collection is indexed, the indexes of the elements that are moved are also updated. この動作は、要素が概念的にバケットにグループ化されているハッシュ テーブルなどのコレクションには適用されません。This behavior does not apply to collections where elements are conceptually grouped into buckets, such as a hash table.

このメソッドは、を呼びObject.Equals出すことによって等価性を判断します。This method determines equality by calling Object.Equals.

このメソッドは、線形検索を実行します。したがって、このメソッドは O (n) 演算です。 nここCountで、はです。This method performs a linear search; therefore, this method is an O(n) operation, where n is Count.

適用対象

こちらもご覧ください