AsyncCompletedEventArgs クラス

定義

MethodNameCompleted イベントのデータを提供します。

public ref class AsyncCompletedEventArgs : EventArgs
public class AsyncCompletedEventArgs : EventArgs
type AsyncCompletedEventArgs = class
    inherit EventArgs
Public Class AsyncCompletedEventArgs
Inherits EventArgs
継承
AsyncCompletedEventArgs
派生

次のコード例は、を使用して AsyncOperation 非同期操作の有効期間を追跡する方法を示しています。 このコード例は、System.ComponentModel.AsyncOperationManager クラスのために提供されている大規模な例の一部です。

using System;
using System.Collections;
using System.Collections.Specialized;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Globalization;
using System.Threading;
using System.Windows.Forms;
Imports System.Collections
Imports System.Collections.Specialized
Imports System.ComponentModel
Imports System.Drawing
Imports System.Globalization
Imports System.Threading
Imports System.Windows.Forms
// This event handler updates the ListView control when the
// PrimeNumberCalculator raises the CalculatePrimeCompleted
// event. The ListView item is updated with the appropriate
// outcome of the calculation: Canceled, Error, or result.
private void primeNumberCalculator1_CalculatePrimeCompleted(
    object sender, 
    CalculatePrimeCompletedEventArgs e)
{
    Guid taskId = (Guid)e.UserState;

    if (e.Cancelled)
    {   
        string result = "Canceled";

        ListViewItem lvi = UpdateListViewItem(taskId, result);

        if (lvi != null)
        {
            lvi.BackColor = Color.Pink;
            lvi.Tag = null;
        }
    }
    else if (e.Error != null)
    {
        string result = "Error";

        ListViewItem lvi = UpdateListViewItem(taskId, result);

        if (lvi != null)
        {
            lvi.BackColor = Color.Red;
            lvi.ForeColor = Color.White;
            lvi.Tag = null;
        }
    }
    else
    {   
        bool result = e.IsPrime;

        ListViewItem lvi = UpdateListViewItem(
            taskId, 
            result, 
            e.FirstDivisor);

        if (lvi != null)
        {
            lvi.BackColor = Color.LightGray;
            lvi.Tag = null;
        }
    }
}
' This event handler updates the ListView control when the
' PrimeNumberCalculator raises the CalculatePrimeCompleted
' event. The ListView item is updated with the appropriate
' outcome of the calculation: Canceled, Error, or result.
Private Sub primeNumberCalculator1_CalculatePrimeCompleted( _
    ByVal sender As Object, _
    ByVal e As CalculatePrimeCompletedEventArgs) _
    Handles primeNumberCalculator1.CalculatePrimeCompleted

    Dim taskId As Guid = CType(e.UserState, Guid)

    If e.Cancelled Then
        Dim result As String = "Canceled"

        Dim lvi As ListViewItem = UpdateListViewItem( _
            taskId, _
            result)

        If (lvi IsNot Nothing) Then
            lvi.BackColor = Color.Pink
            lvi.Tag = Nothing
        End If

    ElseIf e.Error IsNot Nothing Then

        Dim result As String = "Error"

        Dim lvi As ListViewItem = UpdateListViewItem( _
            taskId, result)

        If (lvi IsNot Nothing) Then
            lvi.BackColor = Color.Red
            lvi.ForeColor = Color.White
            lvi.Tag = Nothing
        End If
    Else
        Dim result As Boolean = e.IsPrime

        Dim lvi As ListViewItem = UpdateListViewItem( _
            taskId, _
            result, _
            e.FirstDivisor)

        If (lvi IsNot Nothing) Then
            lvi.BackColor = Color.LightGray
            lvi.Tag = Nothing
        End If
    End If

End Sub

注釈

イベントベースの非同期パターンの概要を実装するクラスを使用している場合、クラスは MethodName イベントを提供し Completed ます。 イベントにデリゲートのインスタンスを追加すると System.ComponentModel.AsyncCompletedEventHandlerAsyncCompletedEventArgs 対応するイベントハンドラーメソッドのパラメーターに、非同期操作の結果に関する情報が表示されます。

クライアントアプリケーションのイベントハンドラーデリゲートは、プロパティをチェックして、 Cancelled 非同期タスクがキャンセルされたかどうかを確認できます。

クライアントアプリケーションのイベントハンドラーデリゲートは、プロパティをチェックして、 Error 非同期タスクの実行中に例外が発生したかどうかを確認できます。

クラスが複数の非同期メソッドをサポートしている場合、または同じ非同期メソッドの複数の呼び出しがサポートされている場合は、プロパティの値をチェックすることによって、 MethodName イベントを発生させたタスクを特定でき Completed UserState ます。 コードでは、対応する非同期タスクの開始と完了に応じて、タスク Id と呼ばれるこれらのトークンを追跡する必要があります。

注意 (継承者)

イベントベースの非同期パターンに従うクラスは、保留中の非同期操作の状態についてクライアントに通知するイベントを発生させることができます。 クラスが MethodName イベントを提供する場合は Completed 、を使用して、クライアントに AsyncCompletedEventArgs 非同期操作の結果を通知することができます。

クライアントとの通信には、が対応するよりも、非同期操作の結果に関する詳細情報が必要になる場合があり AsyncCompletedEventArgs ます。 この場合は、クラスから独自のクラスを派生させ、 AsyncCompletedEventArgs 追加のプライベートインスタンス変数および対応する読み取り専用パブリックプロパティを提供できます。 RaiseExceptionIfNecessary()操作が取り消された場合、またはエラーが発生した場合は、プロパティ値を返す前にメソッドを呼び出します。

コンストラクター

AsyncCompletedEventArgs()
互換性のために残されています。

AsyncCompletedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。

AsyncCompletedEventArgs(Exception, Boolean, Object)

AsyncCompletedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Cancelled

非同期操作がキャンセルされたかどうかを示す値を取得します。

Error

非同期操作中に発生したエラーを示す値を取得します。

UserState

非同期タスクの一意の識別子を取得します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
RaiseExceptionIfNecessary()

非同期操作が失敗した場合は、ユーザー指定の例外を発生させます。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください