Container クラス

定義

0 個以上のコンポーネントをカプセル化します。

public ref class Container : IDisposable, System::ComponentModel::IContainer
public ref class Container : System::ComponentModel::IContainer
public class Container : IDisposable, System.ComponentModel.IContainer
public class Container : System.ComponentModel.IContainer
type Container = class
    interface IContainer
    interface IDisposable
Public Class Container
Implements IContainer, IDisposable
Public Class Container
Implements IContainer
継承
Container
派生
実装

注釈

クラス Container は、 インターフェイスの既定の実装 IContainer です。

コンテナーは、0 個以上のコンポーネントをカプセル化して追跡するオブジェクトです。 このコンテキストでは、格納は視覚的な格納ではなく、論理的な格納を指します。 コンポーネントとコンテナーは、ビジュアルではなく視覚的なシナリオなど、さまざまなシナリオで使用できます。

コンテナー内のコンポーネントは、先入れ先出しリストで追跡されます。このリストでは、コンテナー内のコンポーネントの順序も定義されます。 追加されたコンポーネントがリストの末尾に追加されます。

コンストラクター

Container()

Container クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Components

Container 内のすべてのコンポーネントを取得します。

メソッド

Add(IComponent)

指定した ComponentContainer に追加します。 コンポーネントに名前が付いていません。

Add(IComponent, String)

指定した ComponentContainer に追加し、名前を割り当てます。

CreateSite(IComponent, String)

指定した ISite 用にサイト IComponent を作成し、そのサイトに特定の名前を割り当てます。

Dispose()

Container によって使用されているすべてのリソースを解放します。

Dispose(Boolean)

Container が使用しているアンマネージド リソースを解放します。オプションとして、マネージド リソースを解放することもできます。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Finalize()

Container がガベージ コレクションによってクリアされる前に、アンマネージ リソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetService(Type)

指定した型のサービス オブジェクトがある場合は、そのオブジェクトを取得します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Remove(IComponent)

Container からコンポーネントを削除します。

RemoveWithoutUnsiting(IComponent)

Containernull を設定しないで、Site からコンポーネントを削除します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
ValidateName(IComponent, String)

コンポーネント名がこのコンテナーで一意であるかどうかを判断します。

適用対象

こちらもご覧ください