RangeAttribute クラス

定義

データ フィールドの値について数値範囲の制約を指定します。Specifies the numeric range constraints for the value of a data field.

public ref class RangeAttribute : System::ComponentModel::DataAnnotations::ValidationAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Parameter | System.AttributeTargets.Property, AllowMultiple=false)]
[System.AttributeUsage]
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Property, AllowMultiple=false)]
public class RangeAttribute : System.ComponentModel.DataAnnotations.ValidationAttribute
type RangeAttribute = class
    inherit ValidationAttribute
Public Class RangeAttribute
Inherits ValidationAttribute
継承
属性

次の例では、RangeAttribute を使用して、データフィールドの書式をカスタマイズする方法を示します。The following example shows how to use the RangeAttribute to customize formatting for a data field. この例では、次の手順を実行します。The example performs the following steps:

  • メタデータ部分クラスと関連付けられたメタデータクラスを実装します。Implements a metadata partial class and the associated metadata class.

  • 関連付けられたメタデータクラスでは、RangeAttribute 属性を適用して、次の結果を取得します。In the associated metadata class, it applies the RangeAttribute attribute to obtain the following results:

    • Integer 型のデータフィールドに属性を適用します。Apply the attribute to a data field of type integer.

    • 属性を整数データフィールドに適用し、カスタム検証エラーメッセージを定義します。Apply the attribute to an integer data field and define a custom validation error message.

    • 属性を DateTime のデータフィールドに適用し、カスタムの検証エラーメッセージを定義します。Apply the attribute to a DateTime data field and define a custom validation error message.

using System;
using System.Web.DynamicData;
using System.ComponentModel.DataAnnotations;
using System.ComponentModel;

[MetadataType(typeof(ProductMetaData))]
public partial class Product
{

}

public class ProductMetaData
{
    
    [Range(10, 1000, 
        ErrorMessage = "Value for {0} must be between {1} and {2}.")]
    public object Weight;

    [Range(300, 3000)]
    public object ListPrice;

    [Range(typeof(DateTime), "1/2/2004", "3/4/2004",
        ErrorMessage = "Value for {0} must be between {1} and {2}")]
    public object SellEndDate;

}
 
Imports System.Web.DynamicData
Imports System.ComponentModel.DataAnnotations
Imports System.ComponentModel

<MetadataType(GetType(ProductMetaData))> _
Partial Public Class Product

End Class


Public Class ProductMetaData
    
    <Range(10, 1000, _
           ErrorMessage:="Value for {0} must be between {1} and {2}.")> _
    Public Weight As Object

    <Range(300, 3000)> _
    Public ListPrice As Object

    <Range(GetType(DateTime), "1/2/2004", "3/4/2004", _
           ErrorMessage:="Value for {0} must be between {1} and {2}")> _
    Public SellEndDate As Object

End Class

この例をコンパイルするには、次のものが必要です。To compile the example, you need the following:

  • Service Pack 1 または Visual Web Developer 2008 Express EditionVisual Web Developer 2008 Express Edition SP1 Microsoft Visual Studio 2008Microsoft Visual Studio 2008 ます。Microsoft Visual Studio 2008Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1 or Visual Web Developer 2008 Express EditionVisual Web Developer 2008 Express Edition SP1.

  • データドリブンの Web サイト。A data-driven Web site. これにより、データベースのデータコンテキストと、カスタマイズするデータフィールドを含むクラスを作成できます。This enables you to create a data context for the database and the class that contains the data field to customize. 詳細については、「 Walkthrough: Creating a New Dynamic Data Web Site using Scaffolding」を参照してください。For more information, see Walkthrough: Creating a New Dynamic Data Web Site using Scaffolding.

注釈

この属性をデータフィールドに適用する場合は、検証属性の使用方法に関するガイドラインに従う必要があります。When you apply this attribute to a data field, you must follow the guidelines for how to use validation attributes. 詳細については、「 ASP.NET 動的データのガイドライン」を参照してください。For more information, see ASP.NET Dynamic Data Guidelines.

コンストラクター

RangeAttribute(Double, Double)

指定した最小値と最大値を使用して、RangeAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RangeAttribute class by using the specified minimum and maximum values.

RangeAttribute(Int32, Int32)

指定した最小値と最大値を使用して、RangeAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RangeAttribute class by using the specified minimum and maximum values.

RangeAttribute(Type, String, String)

指定した最小値と最大値および特定の型を使用して、RangeAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RangeAttribute class by using the specified minimum and maximum values and the specific type.

プロパティ

ConvertValueInInvariantCulture

OperandType コンストラクターののパラメーターによって設定されているように、RangeAttribute(Type, String, String) に対して検証されている値の変換がすべて、インバリアント カルチャを使用するか、現在のカルチャを使用するかを判断する値を取得または設定します。Gets or sets a value that determines whether any conversions of the value being validated to OperandType as set by the type parameter of the RangeAttribute(Type, String, String) constructor use the invariant culture or the current culture.

ErrorMessage

検証が失敗した場合に検証コントロールに関連付けるエラー メッセージを取得または設定します。Gets or sets an error message to associate with a validation control if validation fails.

(継承元 ValidationAttribute)
ErrorMessageResourceName

検証が失敗した場合に ErrorMessageResourceType プロパティ値の検索に使用するエラー メッセージ リソース名を取得または設定します。Gets or sets the error message resource name to use in order to look up the ErrorMessageResourceType property value if validation fails.

(継承元 ValidationAttribute)
ErrorMessageResourceType

検証が失敗した場合にエラー メッセージの検索に使用するリソースの種類を取得または設定します。Gets or sets the resource type to use for error-message lookup if validation fails.

(継承元 ValidationAttribute)
ErrorMessageString

ローカライズされた検証エラー メッセージを取得します。Gets the localized validation error message.

(継承元 ValidationAttribute)
Maximum

最大許容フィールド値を取得します。Gets the maximum allowed field value.

Minimum

最小許容フィールド値を取得します。Gets the minimum allowed field value.

OperandType

値を検証する必要があるデータ フィールドの型を取得します。Gets the type of the data field whose value must be validated.

ParseLimitsInInvariantCulture

MinimumMaximum に対する文字列値が、現在のカルチャではなく、インバリアント カルチャを使用して解析されるかどうかを判断する値を取得または設定します。Gets or sets a value that determines whether string values for Minimum and Maximum are parsed using the invariant culture rather than the current culture.

RequiresValidationContext

属性で検証コンテキストが必要かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the attribute requires validation context.

(継承元 ValidationAttribute)
TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
FormatErrorMessage(String)

範囲の検証が失敗したときに表示するエラー メッセージの書式を設定します。Formats the error message that is displayed when range validation fails.

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetValidationResult(Object, ValidationContext)

現在の検証属性に対して、指定した値が有効かどうかを確認します。Checks whether the specified value is valid with respect to the current validation attribute.

(継承元 ValidationAttribute)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
IsValid(Object)

データ フィールドの値が指定範囲に入っていることをチェックします。Checks that the value of the data field is in the specified range.

IsValid(Object, ValidationContext)

現在の検証属性に対して、指定した値を検証します。Validates the specified value with respect to the current validation attribute.

(継承元 ValidationAttribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
Validate(Object, String)

指定されたオブジェクトを検証します。Validates the specified object.

(継承元 ValidationAttribute)
Validate(Object, ValidationContext)

指定されたオブジェクトを検証します。Validates the specified object.

(継承元 ValidationAttribute)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象