ReferenceConverter.ConvertTo(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, Object, Type) メソッド

定義

指定したコンテキストと引数を使用して、値オブジェクトを参照型に変換します。

public:
 override System::Object ^ ConvertTo(System::ComponentModel::ITypeDescriptorContext ^ context, System::Globalization::CultureInfo ^ culture, System::Object ^ value, Type ^ destinationType);
public override object ConvertTo (System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext context, System.Globalization.CultureInfo culture, object value, Type destinationType);
public override object? ConvertTo (System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext? context, System.Globalization.CultureInfo? culture, object? value, Type destinationType);
override this.ConvertTo : System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext * System.Globalization.CultureInfo * obj * Type -> obj
Public Overrides Function ConvertTo (context As ITypeDescriptorContext, culture As CultureInfo, value As Object, destinationType As Type) As Object

パラメーター

context
ITypeDescriptorContext

書式指定コンテキストを提供する ITypeDescriptorContext

culture
CultureInfo

フォントを表すときに使用するカルチャを指定する CultureInfo

value
Object

変換対象の Object

destinationType
Type

オブジェクトの変換後の型。

戻り値

Object

変換後のオブジェクト。

例外

destinationTypenullです。

変換を実行できません。

注釈

このメソッドは、最も一般的に、文字列オブジェクトに対して型を変換します。

context パラメーターを使用すると、このコンバーターが呼び出されている環境についての追加情報を抽出できます。 これは null の場合があるため、常に確認してください。 また、コンテキスト オブジェクトのプロパティも null を返す場合があります。

適用対象