ReferenceConverter クラス

定義

オブジェクト参照のほかの表現への変換や、その逆の変換を行う型コンバーターを提供します。

public ref class ReferenceConverter : System::ComponentModel::TypeConverter
public class ReferenceConverter : System.ComponentModel.TypeConverter
type ReferenceConverter = class
    inherit TypeConverter
Public Class ReferenceConverter
Inherits TypeConverter
継承
ReferenceConverter
派生

注釈

ReferenceConverter 、通常、サイト化されたコンポーネントまたは設計環境のコンテキスト内で使用されます。 コンポーネント サイトまたは使用できる がない ITypeDescriptorContext 場合、このコンバーターはほとんど使用できません。

このコンバーターは、 インターフェイスを実装する オブジェクトの参照を変換し、 [プロパティ] ウィンドウにプロパティ IComponent表示 します。

型コンバーターの詳細については、「基本クラス」および「方法: 型コンバーターを実装 TypeConverter する」を参照してください

注意

クラスのインスタンスを作成 ReferenceConverter する必要があります。 代わりに、GetConverter クラスの TypeDescriptor メソッドを呼び出します。 詳細については、基本クラスの例を TypeConverter 参照してください。

このクラスは、特定の値を標準値コレクションに追加できるかどうか IsValueAllowed を確認するメソッドを提供します。 コレクションに値を追加しない場合は、このメソッドをオーバーライドします。

注意 (継承者)

標準値 IsValueAllowed(ITypeDescriptorContext, Object) コレクションに値を追加しない場合は、 メソッドをオーバーライドします。

コンストラクター

ReferenceConverter(Type)

ReferenceConverter クラスの新しいインスタンスを初期化します。

メソッド

CanConvertFrom(ITypeDescriptorContext, Type)

このコンバーターが、指定したコンテキストを使用して特定の型のオブジェクトを参照オブジェクトに変換できるかどうかを示す値を取得します。

CanConvertFrom(Type)

コンバーターが特定の型のオブジェクトをコンバーターの型に変換できるかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
CanConvertTo(ITypeDescriptorContext, Type)

このコンバーターが指定のコンテキストを使用して、オブジェクトを指定の型に変換できるかどうかを返します。

(継承元 TypeConverter)
CanConvertTo(Type)

コンバーターがオブジェクトを指定した型に変換できるかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFrom(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, Object)

指定したオブジェクトを参照型に変換します。

ConvertFrom(Object)

指定した値をコンバーターの型に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFromInvariantString(ITypeDescriptorContext, String)

インバリアント カルチャと指定したコンテキストを使用して、指定した文字列をコンバーターの型に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFromInvariantString(String)

インバリアント カルチャを使用して、指定した文字列をコンバーターの型に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFromString(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, String)

指定したコンテキストとカルチャ情報を使用して、指定したテキストをオブジェクトに変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFromString(ITypeDescriptorContext, String)

指定したコンテキストを使用して、指定したテキストをオブジェクトに変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFromString(String)

指定したテキストをオブジェクトに変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertTo(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, Object, Type)

指定したコンテキストと引数を使用して、値オブジェクトを参照型に変換します。

ConvertTo(Object, Type)

引数を使用して、指定した値オブジェクトを、指定した型に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertToInvariantString(ITypeDescriptorContext, Object)

指定したコンテキストを使用して、指定した値をインバリアント カルチャを使用した文字列形式に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertToInvariantString(Object)

指定した値を、インバリアント カルチャを使用した文字列形式に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertToString(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, Object)

指定したコンテキストとカルチャ情報を使用して、指定した値を文字列形式に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertToString(ITypeDescriptorContext, Object)

指定したコンテキストを使用して、指定した値を文字列形式に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertToString(Object)

指定した値を文字列形式に変換します。

(継承元 TypeConverter)
CreateInstance(IDictionary)

Object の一連のプロパティ値を指定して、そのオブジェクトを再作成します。

(継承元 TypeConverter)
CreateInstance(ITypeDescriptorContext, IDictionary)

この TypeConverter を関連付ける型のインスタンスを作成します。指定されたコンテキストと、与えられているオブジェクトのプロパティ値のセットを使用します。

(継承元 TypeConverter)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetConvertFromException(Object)

変換を実行できないときにスローする例外を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetConvertToException(Object, Type)

変換を実行できないときにスローする例外を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetCreateInstanceSupported()

このオブジェクトの値を変更するときに CreateInstance(IDictionary) メソッドを呼び出して、新しい値を作成する必要があるかどうかを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetCreateInstanceSupported(ITypeDescriptorContext)

このオブジェクトの値を変更するときに、指定したコンテキストを使用して CreateInstance(IDictionary) を呼び出して、新しい値を作成する必要があるかどうかを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetProperties(ITypeDescriptorContext, Object)

指定したコンテキストを使用して、value パラメーターで指定された配列型のプロパティのコレクションを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetProperties(ITypeDescriptorContext, Object, Attribute[])

指定されたコンテキストと属性を使用して、値パラメーターで指定された配列型のプロパティのコレクションを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetProperties(Object)

value パラメーターに指定された配列型のプロパティのコレクションを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetPropertiesSupported()

オブジェクトがプロパティをサポートしているかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetPropertiesSupported(ITypeDescriptorContext)

指定したコンテキストを使用して、このオブジェクトがプロパティをサポートするかどうかを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetStandardValues()

型コンバーターがデザインされた対象であるデータ型の既定のコンテキストから、標準値のコレクションを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetStandardValues(ITypeDescriptorContext)

参照データ型の標準値コレクションを取得します。

GetStandardValuesExclusive()

GetStandardValues() から返された標準値のコレクションが、排他的なリストかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetStandardValuesExclusive(ITypeDescriptorContext)

GetStandardValues(ITypeDescriptorContext) から返された標準値のコレクションが、排他的リストかどうかを示す値を取得します。

GetStandardValuesSupported()

リストから選択できる標準値セットをオブジェクトがサポートするかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetStandardValuesSupported(ITypeDescriptorContext)

リストから選択できる標準値セットをこのオブジェクトがサポートしているかどうかを示す値を取得します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsValid(ITypeDescriptorContext, Object)

指定した値オブジェクトが、この型に対して有効か、指定したコンテキストに対して有効かを返します。

(継承元 TypeConverter)
IsValid(Object)

指定した値オブジェクトが型に対して有効かどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
IsValueAllowed(ITypeDescriptorContext, Object)

特定の値を標準値コレクションに追加できるかどうかを示す値を返します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
SortProperties(PropertyDescriptorCollection, String[])

プロパティのコレクションを並べ替えます。

(継承元 TypeConverter)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象