TypeDescriptor.GetEditor メソッド

定義

指定した基本型のエディターを返します。

オーバーロード

GetEditor(Object, Type)

指定した基本型を持ち、指定したコンポーネントで使用されるエディターを取得します。

GetEditor(Type, Type)

指定した基本型を持つ、指定した型に関するエディターを返します。

GetEditor(Object, Type, Boolean)

指定したコンポーネント用のカスタムの型記述子が関連付けられている、指定した基本データ型のエディターを返します。

GetEditor(Object, Type)

指定した基本型を持ち、指定したコンポーネントで使用されるエディターを取得します。

public:
 static System::Object ^ GetEditor(System::Object ^ component, Type ^ editorBaseType);
public static object GetEditor (object component, Type editorBaseType);
public static object? GetEditor (object component, Type editorBaseType);
static member GetEditor : obj * Type -> obj
Public Shared Function GetEditor (component As Object, editorBaseType As Type) As Object

パラメーター

component
Object

取得するエディターの対象のコンポーネント。

editorBaseType
Type

検索するエディターの基本型を表す Type

戻り値

Object

指定したエディターの型にキャストできるエディターのインスタンス。要求された型のエディターが見つからない場合は null

例外

component または editorBaseTypenull です。

component はプロセス間リモート オブジェクトです。

注釈

の型 editorBaseType は通常 ですが UITypeEditor 、他の型 (や など) を使用 ComponentEditor することもできます InstanceCreationEditor

プロパティに対して複数のエディターを定義できます。 この方法を使用して、使用するエディターを選択します。

こちらもご覧ください

適用対象

GetEditor(Type, Type)

指定した基本型を持つ、指定した型に関するエディターを返します。

public:
 static System::Object ^ GetEditor(Type ^ type, Type ^ editorBaseType);
public static object GetEditor (Type type, Type editorBaseType);
public static object? GetEditor (Type type, Type editorBaseType);
static member GetEditor : Type * Type -> obj
Public Shared Function GetEditor (type As Type, editorBaseType As Type) As Object

パラメーター

type
Type

対象コンポーネントの Type

editorBaseType
Type

検索を試みているエディターの基本型を表わす Type

戻り値

Object

指定した基本型にキャストできるエディター オブジェクトのインスタンス。要求された型のエディターが見つからない場合は null

例外

type または editorBaseTypenull です。

注釈

の型は editorBaseType 通常 ですが UITypeEditor 、他の型 (や など) を使用 ComponentEditor することもできます InstanceCreationEditor

1 つの型に対して複数のエディターを定義できます。 この方法を使用して、使用するメソッドを選択します。

オブジェクトのインスタンスがない場合にのみ、このバージョンのこのメソッドを呼び出します。

こちらもご覧ください

適用対象

GetEditor(Object, Type, Boolean)

指定したコンポーネント用のカスタムの型記述子が関連付けられている、指定した基本データ型のエディターを返します。

public:
 static System::Object ^ GetEditor(System::Object ^ component, Type ^ editorBaseType, bool noCustomTypeDesc);
public static object GetEditor (object component, Type editorBaseType, bool noCustomTypeDesc);
public static object? GetEditor (object component, Type editorBaseType, bool noCustomTypeDesc);
static member GetEditor : obj * Type * bool -> obj
Public Shared Function GetEditor (component As Object, editorBaseType As Type, noCustomTypeDesc As Boolean) As Object

パラメーター

component
Object

取得するエディターの対象のコンポーネント。

editorBaseType
Type

検索するエディターの基本型を表す Type

noCustomTypeDesc
Boolean

カスタムの型の記述情報を考慮する必要があるかどうかを示すフラグ。

戻り値

Object

指定したエディターの型にキャストできるエディターのインスタンス。要求された型のエディターが見つからない場合は null

例外

component または editorBaseTypenull です。

component はプロセス間リモート オブジェクトです。

注釈

の型は editorBaseType 通常 ですが UITypeEditor 、他の型 (や など) を使用 ComponentEditor することもできます InstanceCreationEditor

プロパティに対して複数のエディターを定義できます。 この方法を使用して、使用するエディターを選択します。

こちらもご覧ください

適用対象