AssemblyHashAlgorithm AssemblyHashAlgorithm AssemblyHashAlgorithm AssemblyHashAlgorithm Enum

定義

ファイルのハッシュ処理および厳密な名前の生成に使用されるすべてのハッシュ アルゴリズムを指定します。Specifies all the hash algorithms used for hashing files and for generating the strong name.

public enum class AssemblyHashAlgorithm
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public enum AssemblyHashAlgorithm
type AssemblyHashAlgorithm = 
Public Enum AssemblyHashAlgorithm
継承
AssemblyHashAlgorithmAssemblyHashAlgorithmAssemblyHashAlgorithmAssemblyHashAlgorithm
属性

フィールド

MD5 MD5 MD5 MD5 32771

MD5 メッセージ ダイジェスト アルゴリズムを取得します。Retrieves the MD5 message-digest algorithm. 1991 年に Rivest 氏によって開発された MD5 は、MD5 was developed by Rivest in 1991. 基本的には MD4 の安全機構を強化したアルゴリズムです。MD4 より多少処理に時間がかかりますが、セキュリティは向上しています。It is basically MD4 with safety-belts and while it is slightly slower than MD4, it helps provide more security. MD5 のアルゴリズムは、4 つの処理工程から構成されています。これは MD4 のアルゴリズムとは多少異なります。The algorithm consists of four distinct rounds, which has a slightly different design from that of MD4. メッセージ ダイジェストのサイズと埋め込みの要件は変更されていません。Message-digest size, as well as padding requirements, remain the same.

None None None None 0

ハッシュ アルゴリズムがないことを示すマスク。A mask indicating that there is no hash algorithm. 複数モジュールのアセンブリではハッシュを生成する必要があるため、複数モジュールのアセンブリに対して None を指定すると、共通言語ランタイムは既定値の SHA1 アルゴリズムに設定されます。If you specify None for a multi-module assembly, the common language runtime defaults to the SHA1 algorithm, since multi-module assemblies need to generate a hash.

SHA1 SHA1 SHA1 SHA1 32772

SHA (Secure Hash Algorithm) における未公開の欠陥を修正した SHA のリビジョンを取得するために使用されるマスク。A mask used to retrieve a revision of the Secure Hash Algorithm that corrects an unpublished flaw in SHA.

SHA256 SHA256 SHA256 SHA256 32780

ハッシュ サイズが 256 ビットの SHA (Secure Hash Algorithm) のバージョンを取得するために使用されるマスク。A mask used to retrieve a version of the Secure Hash Algorithm with a hash size of 256 bits.

SHA384 SHA384 SHA384 SHA384 32781

ハッシュ サイズが 384 ビットの SHA (Secure Hash Algorithm) のバージョンを取得するために使用されるマスク。A mask used to retrieve a version of the Secure Hash Algorithm with a hash size of 384 bits.

SHA512 SHA512 SHA512 SHA512 32782

ハッシュ サイズが 512 ビットの SHA (Secure Hash Algorithm) のバージョンを取得するために使用されるマスク。A mask used to retrieve a version of the Secure Hash Algorithm with a hash size of 512 bits.

注釈

Ahash function``Hは変換の入力をmハッシュ値と呼ばれる固定サイズの文字列を返しますh(つまり、 h = H (m))。A hash function``H is a transformation that takes an input m and returns a fixed-size string, which is called the hash value h (that is, h = H (m)). さまざまな一般的なコンピューティングの使用、ハッシュ関数がこのプロパティだけが、ハッシュ関数をいくつかのプロパティを追加する選択通常暗号化で使用されている場合、。Hash functions with just this property have a variety of general computational uses, but when employed in cryptography, the hash functions are usually chosen to have some additional properties.

暗号ハッシュ関数の基本的な要件は次のとおりです。The basic requirements for a cryptographic hash function are:

  • 任意の長さの入力ができます。The input can be of any length.

  • 出力は、固定長を持ちます。The output has a fixed length.

  • H (x)は比較的簡単に、指定された x を計算します。H (x) is relatively easy to compute for any given x.

  • H (x) が一方向です。H (x) is one-way.

  • H (x) の競合がないです。H (x) is collision-free.

ハッシュ値を表す簡潔長いメッセージまたは元に計算された; ドキュメントこの値は、メッセージ ダイジェストと呼ばれます。The hash value represents concisely the longer message or document from which it was computed; this value is called the message digest. メッセージ ダイジェストは、大きなドキュメントのデジタル フィンガー プリントとして考えることができます。You can think of a message digest as a digital fingerprint of the larger document. よく知られているハッシュ関数には、MD2 および SHA があります。Examples of well-known hash functions are MD2 and SHA.

適用対象