Configuration.TargetFramework Configuration.TargetFramework Configuration.TargetFramework Configuration.TargetFramework Property

定義

バージョンを以前よりも現在は対象となる場合は、.NET Framework の対象となるバージョンを指定します。Specifies the targeted version of the .NET Framework when a version earlier than the current one is targeted.

public:
 property System::Runtime::Versioning::FrameworkName ^ TargetFramework { System::Runtime::Versioning::FrameworkName ^ get(); void set(System::Runtime::Versioning::FrameworkName ^ value); };
public System.Runtime.Versioning.FrameworkName TargetFramework { get; set; }
member this.TargetFramework : System.Runtime.Versioning.FrameworkName with get, set
Public Property TargetFramework As FrameworkName

プロパティ値

対象のバージョンの .NET Framework の名前。The name of the targeted version of the .NET Framework. 既定値はnull、現在のバージョンが対象になっていることを示します。The default value is null, which indicates that the current version is targeted.

注釈

構成システムは、XML 構成オブジェクトの階層をシリアル化、ときに、このプロパティの値を確認します。When the configuration system serializes a hierarchy of configuration objects to XML, it checks the value of this property. プロパティがない場合null、構成システムは、各構成セクション グループと構成セクションのバージョン チェックを実行します。If the property is not null, the configuration system performs version checks for each configuration section group and configuration section. 構成システムには、バージョン間で変更されたものとしてマークされている個々 の構成プロパティのバージョン チェックも実行します。The configuration system also performs version checks for individual configuration properties that are marked as having changed across versions. (詳細については、「ConfigurationPropertyOptions」を参照してください)。構成システムには、構成セクションの構成要素のバージョン チェックも実行します。(For more information, see ConfigurationPropertyOptions.) The configuration system also performs version checks for configuration elements in configuration sections.

このプロパティの値が場合null、構成システムには、シリアル化中に任意のバージョン チェックは実行されません。If the value of this property is null, the configuration system does not perform any version checks during serialization.

適用対象

こちらもご覧ください