InstallException クラス

定義

インストールのコミット、ロールバック、またはアンインストールの各フェーズでエラーが発生したときにスローされる例外。

public ref class InstallException : SystemException
[System.Serializable]
public class InstallException : SystemException
[<System.Serializable>]
type InstallException = class
    inherit SystemException
Public Class InstallException
Inherits SystemException
継承
InstallException
属性

次の例に加えて、コンストラクターの InstallException 例を組み合わせて、独自のインストーラーを持つアセンブリを示す例を作成します。 インストーラーの名前 MyInstallerは属性 RunInstallerAttributeを持ち、このインストーラーが Installutil.exe (インストーラー ツール) によって呼び出されることを示します。 Installutil.exe (インストーラー ツール) は、メソッド CommitRollbackInstallおよび Uninstall. コードは、アセンブリの Commit インストールをコミットする前に、名前付きの FileDoesNotExist.txt ファイルが存在することを前提とします。 ファイル FileDoesNotExist.txt が存在しない場合は、 Commit InstallException. アンインストールは、名前付きのUninstallFileDoesNotExist.txtファイルが存在する場合にのみ発生する場合も同じです。 それ以外の場合は、 InstallException. では Rollback、コード フラグメントが実行され、例外が発生する可能性があります。 例外が発生した場合は、その例外がキャッチされ、 InstallException その例外が渡された状態で発生します。

注意

Installutil.exeの助けを借りて、この例を実行します。 コマンド プロンプトで次のように入力します。

Installutil InstallException.exe

  • または -

Installutil /u InstallException.exe

#using <System.dll>
#using <System.Configuration.Install.dll>

using namespace System;
using namespace System::ComponentModel;
using namespace System::Collections;
using namespace System::Configuration::Install;
using namespace System::IO;

[RunInstaller(true)]
ref class MyInstaller: public Installer
{
public:
   virtual void Install( IDictionary^ savedState ) override
   {
      Installer::Install( savedState );
      Console::WriteLine( "Install ..." );
      
      // Commit is called when install goes through successfully.
      // Rollback is called if there is any error during Install.
      // Uncommenting the code below will lead to 'RollBack' being called,
      // currently 'Commit' shall be called.
      // throw new IOException();
   }


   virtual void Commit( IDictionary^ savedState ) override
   {
      Installer::Commit( savedState );
      Console::WriteLine( "Commit ..." );
      
      // Throw an error if a particular file doesn't exist.
      if (  !File::Exists( "FileDoesNotExist.txt" ) )
            throw gcnew InstallException;

      
      // Perform the final installation if the file exists.
   }


   virtual void Rollback( IDictionary^ savedState ) override
   {
      Installer::Rollback( savedState );
      Console::WriteLine( "RollBack ..." );
      try
      {
         
         // Performing some activity during rollback that raises an 'IOException*'.
         throw gcnew IOException;
      }
      catch ( Exception^ e ) 
      {
         throw gcnew InstallException( "IOException* raised",e );
      }

      
      // Perform the remaining rollback activites if no exception raised.
   }


   virtual void Uninstall( IDictionary^ savedState ) override
   {
      Installer::Uninstall( savedState );
      Console::WriteLine( "UnInstall ..." );
      
      // Throw an error if a particular file doesn't exist.
      if (  !File::Exists( "FileDoesNotExist.txt" ) )
            throw gcnew InstallException( "The file 'FileDoesNotExist'  does not exist" );

      
      // Perform the uninstall activites if the file exists.
   }

};

int main()
{
   Console::WriteLine( "This assembly is just an example for the Installer" );
}
using System;
using System.ComponentModel;
using System.Collections;
using System.Configuration.Install;
using System.IO;

[RunInstaller(true)]
public class MyInstaller : Installer
{
   public override void Install(IDictionary savedState)
   {
      base.Install(savedState);
      Console.WriteLine("Install ...");

      // Commit is called when install goes through successfully.
      // Rollback is called if there is any error during Install.

      // Uncommenting the code below will lead to 'RollBack' being called,
      // currently 'Commit' shall be called.

      // throw new IOException();
   }

   public override void Commit(IDictionary savedState)
   {
      base.Commit(savedState);
      Console.WriteLine("Commit ...");
      // Throw an error if a particular file doesn't exist.
      if(!File.Exists("FileDoesNotExist.txt"))
         throw new InstallException();
      // Perform the final installation if the file exists.
   }

   public override void Rollback(IDictionary savedState)
   {
      base.Rollback(savedState);
      Console.WriteLine("RollBack ...");
      try
      {
         // Performing some activity during rollback that raises an 'IOException'.
         throw new IOException();
      }
      catch(Exception e)
      {
         throw new InstallException("IOException raised", e);
      }
      // Perform the remaining rollback activites if no exception raised.
   }

   public override void Uninstall(IDictionary savedState)
   {
      base.Uninstall(savedState);
      Console.WriteLine("UnInstall ...");
      // Throw an error if a particular file doesn't exist.
      if(!File.Exists("FileDoesNotExist.txt"))
         throw new InstallException("The file 'FileDoesNotExist'" +
            " does not exist");
      // Perform the uninstall activites if the file exists.
   }
}

// An Assembly that has its own installer.
public class MyAssembly1
{
   public static void Main()
   {
      Console.WriteLine("This assembly is just an example for the Installer");
   }
}
Imports System.ComponentModel
Imports System.Collections
Imports System.Configuration.Install
Imports System.IO

<RunInstaller(True)> Public Class MyInstaller
   Inherits Installer

   Public Overrides Sub Install(savedState As IDictionary)
      MyBase.Install(savedState)
      Console.WriteLine("Install ...")

     ' Commit is called when install goes through successfully.
     ' Rollback is called if there is any error during Install.
     ' Uncommenting the code below will lead to 'RollBack' being called,
     ' currently 'Commit' shall be called.
     ' throw new IOException();

   End Sub

   Public Overrides Sub Commit(savedState As IDictionary)
      MyBase.Commit(savedState)
      Console.WriteLine("Commit ...")
      ' Throw an error if a particular file doesn't exist.
      If Not File.Exists("FileDoesNotExist.txt") Then
         Throw New InstallException()
      End If
      ' Perform the final installation if the file exists.
   End Sub

   Public Overrides Sub Rollback(savedState As IDictionary)
      MyBase.Rollback(savedState)
      Console.WriteLine("RollBack ...")
      Try
         ' Performing some activity during rollback that raises an 'IOException'.
         Throw New IOException()
      Catch e As Exception
         Throw New InstallException("IOException raised", e)
      End Try
   End Sub
    ' Perform the remaining rollback activites if no exception raised.

   Public Overrides Sub Uninstall(savedState As IDictionary)
      MyBase.Uninstall(savedState)
      Console.WriteLine("UnInstall ...")
      ' Throw an error if a particular file doesn't exist.
      If Not File.Exists("FileDoesNotExist.txt") Then
         Throw New InstallException("The file 'FileDoesNotExist'" + " does not exist")
      End If
      ' Perform the uninstall activites if the file exists.
   End Sub

End Class

' An Assembly that has its own installer.
Public Class MyAssembly1
   Public Shared Sub Main()
      Console.WriteLine("This assembly is just an example for the Installer")
   End Sub
End Class

コンストラクター

InstallException()

InstallException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

InstallException(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化したデータを使用して、InstallException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

InstallException(String)

InstallException クラスの新しいインスタンスを初期化し、ユーザーに表示するメッセージを指定します。

InstallException(String, Exception)

InstallException クラスの新しいインスタンスを初期化します。ユーザーに表示するメッセージ、およびこの例外の原因である内部例外への参照を指定します。

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キーと値のペアのコレクションを取得します。

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。

(継承元 Exception)
Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の根本原因である Exception を返します。

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。

(継承元 Exception)
GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState
互換性のために残されています。

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。

(継承元 Exception)

適用対象

こちらもご覧ください