Console.OutputEncoding プロパティ

定義

コンソールが出力内容の書き込み時に使用するエンコーディングを取得または設定します。

public:
 static property System::Text::Encoding ^ OutputEncoding { System::Text::Encoding ^ get(); void set(System::Text::Encoding ^ value); };
public static System.Text.Encoding OutputEncoding { get; set; }
public static System.Text.Encoding OutputEncoding { get; [System.Runtime.Versioning.UnsupportedOSPlatform("android")] [System.Runtime.Versioning.UnsupportedOSPlatform("ios")] [System.Runtime.Versioning.UnsupportedOSPlatform("tvos")] set; }
member this.OutputEncoding : System.Text.Encoding with get, set
[<set: System.Runtime.Versioning.UnsupportedOSPlatform("android")>]
[<set: System.Runtime.Versioning.UnsupportedOSPlatform("ios")>]
[<set: System.Runtime.Versioning.UnsupportedOSPlatform("tvos")>]
member this.OutputEncoding : System.Text.Encoding with get, set
Public Shared Property OutputEncoding As Encoding

プロパティ値

Encoding

コンソールが出力内容の書き込みに使用するエンコーディング。

属性

例外

設定操作でのプロパティ値は null です。

この操作の実行中にエラーが発生しました。

アプリケーションに、この操作を実行するための権限がありません。

注釈

コンソールは、出力エンコードを使用して、アプリケーションによって書き込まれた文字を対応するコンソール表示文字に変換します。 コンソールで使用される既定のコード ページは、システム ロケールによって決まります。

.NET Framework 4 より、プロパティの取得操作は、コンソールの現在の出力エンコードではなく、キャッシュされた値を返す場合があります。 これは、プロパティの値が、プロパティへの割り当て以外の何らかの方法 (関数の呼び出しなど) によって変更 OutputEncoding OutputEncoding Windows SetConsoleOutputCP があります。

注意 (呼び出し元)

Unicode エンコーディングの クラスでは、 クラスで UTF-8 エンコードがサポートされ、.NET Framework 4.5 から、クラスを使用した Console UTF8Encoding UTF-16 エンコードがサポートされます。 UnicodeEncoding クラスを使用した UTF-32 UTF32Encoding エンコードはサポートされていません。 出力エンコードを UTF-32 に設定しようとすると、 がスローされます IOException

コンソールに Unicode 文字を正常に表示するには、次が必要です。

  • 文字を表示するには、コンソールで TrueType フォント (Lucida Console や Consolas など) を使用する必要があります。

  • コンソールで使用されるフォントは、表示する特定のグリフまたはグリフを定義する必要があります。 基本フォントにそのグリフの定義が含まれている場合は、コンソールでフォント リンクを利用して、リンクされたフォントのグリフを表示できます。

コンソールによる Unicode エンコードのサポートの詳細については、 クラスの「Unicode Support for the Console」セクションを参照 Console してください。

適用対象