ContextBoundObject クラス

定義

すべてのコンテキスト バインド クラスの基本クラスを定義します。Defines the base class for all context-bound classes.

public ref class ContextBoundObject abstract : MarshalByRefObject
public abstract class ContextBoundObject : MarshalByRefObject
[System.Serializable]
public abstract class ContextBoundObject : MarshalByRefObject
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public abstract class ContextBoundObject : MarshalByRefObject
type ContextBoundObject = class
    inherit MarshalByRefObject
Public MustInherit Class ContextBoundObject
Inherits MarshalByRefObject
継承
ContextBoundObject
派生
属性

注釈

コンテキスト内に存在し、コンテキストルールにバインドされているオブジェクトは、コンテキストバインドオブジェクトと呼ばれます。Objects that reside in a context and are bound to the context rules are called context-bound objects. コンテキストとは、オブジェクトのコレクションが存在する環境を定義する、一連のプロパティまたは使用規則のことです。A context is a set of properties or usage rules that define an environment where a collection of objects resides. 規則は、オブジェクトがコンテキストに出入りするときに適用されます。The rules are enforced when the objects are entering or leaving a context. コンテキストにバインドされていないオブジェクトは、アジャイルオブジェクトと呼ばれます。Objects that are not context-bound are called agile objects.

コンテキストは、オブジェクトのアクティブ化時に作成されます。Contexts are created during object activation. 新しいオブジェクトは、既存のコンテキストに配置されるか、またはその型のメタデータに含まれる属性を使用して作成された新しいコンテキストに配置されます。A new object is placed into an existing context or into a new context created using the attributes included in the metadata of the type. コンテキストバインドクラスは、使用規則を提供する ContextAttribute でマークされます。Context-bound classes are marked with a ContextAttribute that provides the usage rules. 追加できるコンテキストプロパティには、同期とトランザクションに関するポリシーが含まれます。The context properties that can be added include policies regarding synchronization and transactions.

注意 (実装者)

現在のバージョンの共通言語ランタイムは、ジェネリックメソッドを持つジェネリック ContextBoundObject 型または非ジェネリック ContextBoundObject 型をサポートしていません。The current version of the common language runtime does not support generic ContextBoundObject types or nongeneric ContextBoundObject types that have generic methods. このような型のインスタンスを作成しようとすると、TypeLoadExceptionが発生します。Attempting to create an instance of such a type causes a TypeLoadException.

コンストラクター

ContextBoundObject()

ContextBoundObject クラスのインスタンスをインスタンス化します。Instantiates an instance of the ContextBoundObject class.

メソッド

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください