DbCommand.ExecuteScalarAsync メソッド

定義

ExecuteScalar() の非同期バージョンを実装しますが、スレッドの呼び出しをブロックして、Task を同期的に返します。Implements the asynchronous version of ExecuteScalar(), but returns a Task synchronously, blocking the calling thread.

オーバーロード

ExecuteScalarAsync()

クエリを実行し、クエリで返された結果セットの最初の行の最初の列を返す ExecuteScalar() の非同期バージョン。An asynchronous version of ExecuteScalar(), which executes the query and returns the first column of the first row in the result set returned by the query. 他のすべての列および行は無視されます。All other columns and rows are ignored.

CancellationToken.None を使用して、ExecuteScalarAsync(CancellationToken) を呼び出します。Invokes ExecuteScalarAsync(CancellationToken) with CancellationToken.None.

ExecuteScalarAsync(CancellationToken)

これは ExecuteScalar() の非同期バージョンです。This is the asynchronous version of ExecuteScalar(). プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。Providers should override with an appropriate implementation. オプションで、キャンセル トークンを無視できます。The cancellation token may optionally be ignored.

既定の実装は ExecuteScalar() 同期メソッドを呼び出し、完了したタスクを返します。呼び出し元のスレッドはブロックされます。The default implementation invokes the synchronous ExecuteScalar() method and returns a completed task, blocking the calling thread. 既定の実装は、既に取り消されたキャンセル トークンを渡した場合、取り消されたタスクを返します。The default implementation will return a cancelled task if passed an already cancelled cancellation token. ExecuteScalar によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。Exceptions thrown by ExecuteScalar will be communicated via the returned Task Exception property.

返されたタスクが完了するまで DbCommand オブジェクトの他のメソッドとプロパティを呼び出さないでください。Do not invoke other methods and properties of the DbCommand object until the returned Task is complete.

注釈

非同期プログラミングの詳細については、「 非同期プログラミング」を参照してください。For more information about asynchronous programming, see Asynchronous Programming.

ExecuteScalarAsync()

クエリを実行し、クエリで返された結果セットの最初の行の最初の列を返す ExecuteScalar() の非同期バージョン。An asynchronous version of ExecuteScalar(), which executes the query and returns the first column of the first row in the result set returned by the query. 他のすべての列および行は無視されます。All other columns and rows are ignored.

CancellationToken.None を使用して、ExecuteScalarAsync(CancellationToken) を呼び出します。Invokes ExecuteScalarAsync(CancellationToken) with CancellationToken.None.

public:
 System::Threading::Tasks::Task<System::Object ^> ^ ExecuteScalarAsync();
public System.Threading.Tasks.Task<object> ExecuteScalarAsync ();
public System.Threading.Tasks.Task<object>? ExecuteScalarAsync ();
member this.ExecuteScalarAsync : unit -> System.Threading.Tasks.Task<obj>
Public Function ExecuteScalarAsync () As Task(Of Object)

戻り値

Task<Object>

非同期操作を表すタスク。A task representing the asynchronous operation.

例外

コマンド テキストの実行中にエラーが発生しました。An error occurred while executing the command text.

注釈

非同期プログラミングの詳細については、「 非同期プログラミング」を参照してください。For more information about asynchronous programming, see Asynchronous Programming.

こちらもご覧ください

ExecuteScalarAsync(CancellationToken)

これは ExecuteScalar() の非同期バージョンです。This is the asynchronous version of ExecuteScalar(). プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。Providers should override with an appropriate implementation. オプションで、キャンセル トークンを無視できます。The cancellation token may optionally be ignored.

既定の実装は ExecuteScalar() 同期メソッドを呼び出し、完了したタスクを返します。呼び出し元のスレッドはブロックされます。The default implementation invokes the synchronous ExecuteScalar() method and returns a completed task, blocking the calling thread. 既定の実装は、既に取り消されたキャンセル トークンを渡した場合、取り消されたタスクを返します。The default implementation will return a cancelled task if passed an already cancelled cancellation token. ExecuteScalar によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。Exceptions thrown by ExecuteScalar will be communicated via the returned Task Exception property.

返されたタスクが完了するまで DbCommand オブジェクトの他のメソッドとプロパティを呼び出さないでください。Do not invoke other methods and properties of the DbCommand object until the returned Task is complete.

public:
 virtual System::Threading::Tasks::Task<System::Object ^> ^ ExecuteScalarAsync(System::Threading::CancellationToken cancellationToken);
public virtual System.Threading.Tasks.Task<object> ExecuteScalarAsync (System.Threading.CancellationToken cancellationToken);
public virtual System.Threading.Tasks.Task<object>? ExecuteScalarAsync (System.Threading.CancellationToken cancellationToken);
abstract member ExecuteScalarAsync : System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task<obj>
override this.ExecuteScalarAsync : System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task<obj>
Public Overridable Function ExecuteScalarAsync (cancellationToken As CancellationToken) As Task(Of Object)

パラメーター

cancellationToken
CancellationToken

非同期操作を取り消すトークン。A token to cancel the asynchronous operation.

戻り値

Task<Object>

非同期操作を表すタスク。A task representing the asynchronous operation.

例外

コマンド テキストの実行中にエラーが発生しました。An error occurred while executing the command text.

注釈

非同期プログラミングの詳細については、「 非同期プログラミング」を参照してください。For more information about asynchronous programming, see Asynchronous Programming.

こちらもご覧ください

適用対象