DbCommand.PrepareAsync(CancellationToken) メソッド

定義

準備済み (またはコンパイル済み) バージョンのコマンドをデータ ソース上に非同期に作成します。Asynchronously creates a prepared (or compiled) version of the command on the data source.

public virtual System.Threading.Tasks.Task PrepareAsync (System.Threading.CancellationToken cancellationToken = default);
abstract member PrepareAsync : System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task
override this.PrepareAsync : System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task
Public Overridable Function PrepareAsync (Optional cancellationToken As CancellationToken = null) As Task

パラメーター

cancellationToken
CancellationToken

非同期操作を取り消すオプションのトークン。An optional token to cancel the asynchronous operation. 既定値は None です。The default value is None.

戻り値

非同期操作を表す TaskA Task representing the asynchronous operation.

注釈

この非同期メソッドの既定の実装は、対応する同期メソッドにデリゲートし、完了した Taskを返します。これにより、呼び出し元のスレッドがブロックされる可能性があります。The default implementation of this asynchronous method delegates to its synchronous counterpart and returns a completed Task, potentially blocking the calling thread.

非同期プログラミングをサポートするデータプロバイダーは、非同期 i/o 操作を使用して既定の実装をオーバーライドする必要があります。Data providers that support asynchronous programming should override the default implementation using asynchronous I/O operations.

CommandType プロパティが TableDirectに設定されている場合、PrepareAsync は何も行いません。If the CommandType property is set to TableDirect, PrepareAsync does nothing. CommandTypeStoredProcedureに設定されている場合、PrepareAsync への呼び出しは成功しますが、操作が不要になる可能性があります。If CommandType is set to StoredProcedure, the call to PrepareAsync should succeed, although it may result in a no-op.

適用対象