DbCommandBuilder.GetDeleteCommand メソッド

定義

データ ソースで削除処理を実行するための、自動生成された DbCommand オブジェクトを取得します。Gets the automatically generated DbCommand object required to perform deletions at the data source.

オーバーロード

GetDeleteCommand()

データ ソースで削除処理を実行するための、自動生成された DbCommand オブジェクトを取得します。Gets the automatically generated DbCommand object required to perform deletions at the data source.

GetDeleteCommand(Boolean)

オプションでパラメーター名に列を使用し、データ ソースで削除処理を実行するための、自動生成された DbCommand オブジェクトを取得します。Gets the automatically generated DbCommand object required to perform deletions at the data source, optionally using columns for parameter names.

注釈

アプリケーションでは、 GetDeleteCommand 実行するオブジェクトを返すため、情報提供またはトラブルシューティングの目的でメソッドを使用でき DbCommand ます。An application can use the GetDeleteCommand method for informational or troubleshooting purposes because it returns the DbCommand object to be executed.

また、を変更した GetDeleteCommand コマンドのベースとして使用することもできます。You can also use GetDeleteCommand as the basis of a modified command. たとえば、 GetDeleteCommand 関連するコマンドテキストを呼び出して変更し、で明示的に設定することができ DbDataAdapter ます。For example, you might call GetDeleteCommand and modify the associated command text, and then explicitly set that on the DbDataAdapter.

SQL ステートメントが最初に生成された後、アプリケーションは RefreshSchema ステートメントを何らかの方法で変更した場合は、明示的にを呼び出す必要があります。After the SQL statement is first generated, the application must explicitly call RefreshSchema if it changes the statement in any way. それ以外の場合、は、 GetDeleteCommand 前のステートメントの情報を使用しますが、正しくない可能性があります。Otherwise, the GetDeleteCommand will still be using information from the previous statement, which might not be correct. SQL ステートメントは、アプリケーションがまたはを呼び出すと、最初に生成され Update GetDeleteCommand ます。The SQL statements are first generated either when the application calls Update or GetDeleteCommand.

パラメーター名を生成するときの既定の動作では @p1@p2 さまざまなパラメーターに対して、、などを使用します。The default behavior, when generating parameter names, is to use @p1, @p2, and so on for the various parameters. のオーバーロードされたバージョンで、 GetDeleteCommand ブール値を指定してこの動作を指定できる場合は、を渡すのではなく、によって DbCommandBuilder 列名に基づいてパラメーターが生成され True ます。If the overloaded version of GetDeleteCommand allows you to specify this behavior by supplying a Boolean value, you can cause the DbCommandBuilder to generate parameters based on the column names instead by passing True.

GetDeleteCommand()

データ ソースで削除処理を実行するための、自動生成された DbCommand オブジェクトを取得します。Gets the automatically generated DbCommand object required to perform deletions at the data source.

public:
 System::Data::Common::DbCommand ^ GetDeleteCommand();
public System.Data.Common.DbCommand GetDeleteCommand ();
member this.GetDeleteCommand : unit -> System.Data.Common.DbCommand
Public Function GetDeleteCommand () As DbCommand

戻り値

DbCommand

削除を実行するための自動生成された DbCommand オブジェクト。The automatically generated DbCommand object required to perform deletions.

注釈

アプリケーションでは、 GetDeleteCommand 実行するオブジェクトを返すため、情報提供またはトラブルシューティングの目的でメソッドを使用でき DbCommand ます。An application can use the GetDeleteCommand method for informational or troubleshooting purposes because it returns the DbCommand object to be executed.

また、を変更した GetDeleteCommand コマンドのベースとして使用することもできます。You can also use GetDeleteCommand as the basis of a modified command. たとえば、 GetDeleteCommand コマンドテキストを呼び出して変更し、で明示的に設定することができ DbDataAdapter ます。For example, you might call GetDeleteCommand and modify the command text, and then explicitly set that on the DbDataAdapter.

SQL ステートメントが最初に生成された後、アプリケーションは RefreshSchema ステートメントを何らかの方法で変更した場合は、明示的にを呼び出す必要があります。After the SQL statement is first generated, the application must explicitly call RefreshSchema if it changes the statement in any way. それ以外の場合、は、 GetDeleteCommand 前のステートメントの情報を使用しますが、正しくない可能性があります。Otherwise, the GetDeleteCommand will still be using information from the previous statement, which might not be correct. SQL ステートメントは、アプリケーションがまたはを呼び出すと、最初に生成され Update GetDeleteCommand ます。The SQL statements are first generated either when the application calls Update or GetDeleteCommand.

適用対象

GetDeleteCommand(Boolean)

オプションでパラメーター名に列を使用し、データ ソースで削除処理を実行するための、自動生成された DbCommand オブジェクトを取得します。Gets the automatically generated DbCommand object required to perform deletions at the data source, optionally using columns for parameter names.

public:
 System::Data::Common::DbCommand ^ GetDeleteCommand(bool useColumnsForParameterNames);
public System.Data.Common.DbCommand GetDeleteCommand (bool useColumnsForParameterNames);
member this.GetDeleteCommand : bool -> System.Data.Common.DbCommand
Public Function GetDeleteCommand (useColumnsForParameterNames As Boolean) As DbCommand

パラメーター

useColumnsForParameterNames
Boolean

可能であれば、列名に一致するパラメーター名を生成する場合は trueIf true, generate parameter names matching column names, if possible. false の場合、@p1@p2 のように生成します。If false, generate @p1, @p2, and so on.

戻り値

DbCommand

削除を実行するための自動生成された DbCommand オブジェクト。The automatically generated DbCommand object required to perform deletions.

注釈

アプリケーションでは、 GetDeleteCommand 実行するオブジェクトを返すため、情報提供またはトラブルシューティングの目的でメソッドを使用でき DbCommand ます。An application can use the GetDeleteCommand method for informational or troubleshooting purposes because it returns the DbCommand object to be executed.

また、を変更した GetDeleteCommand コマンドのベースとして使用することもできます。You can also use GetDeleteCommand as the basis of a modified command. たとえば、 GetDeleteCommand コマンドテキストを呼び出して変更し、で明示的に設定することができ DbDataAdapter ます。For example, you might call GetDeleteCommand and modify the command text, and then explicitly set that on the DbDataAdapter.

SQL ステートメントが最初に生成された後、アプリケーションは RefreshSchema ステートメントを何らかの方法で変更した場合は、明示的にを呼び出す必要があります。After the SQL statement is first generated, the application must explicitly call RefreshSchema if it changes the statement in any way. それ以外の場合、は、 GetDeleteCommand 前のステートメントの情報を使用しますが、正しくない可能性があります。Otherwise, the GetDeleteCommand will still be using information from the previous statement, which might not be correct. SQL ステートメントは、アプリケーションがまたはを呼び出すと、最初に生成され Update GetDeleteCommand ます。The SQL statements are first generated either when the application calls Update or GetDeleteCommand.

パラメーター名を生成するときの既定の動作では @p1@p2 さまざまなパラメーターに対して、、などを使用します。The default behavior, when generating parameter names, is to use @p1, @p2, and so on for the various parameters. trueパラメーターにを渡す useColumnsForParameterNames と、では DbCommandBuilder なく列名に基づいてパラメーターを生成するように強制できます。Passing true for the useColumnsForParameterNames parameter allows you to force the DbCommandBuilder to generate parameters based on the column names instead. これは、次の条件が満たされた場合にのみ成功します。This succeeds only if the following conditions are met:

適用対象