DbDataReader DbDataReader DbDataReader DbDataReader Class

定義

データ ソースから行の前方向ストリームを読み取ります。

public ref class DbDataReader abstract : MarshalByRefObject, IDisposable, System::Collections::IEnumerable, System::Data::IDataReader
public abstract class DbDataReader : MarshalByRefObject, IDisposable, System.Collections.IEnumerable, System.Data.IDataReader
type DbDataReader = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IDataReader
    interface IEnumerable
    interface IDisposable
    interface IDataRecord
Public MustInherit Class DbDataReader
Inherits MarshalByRefObject
Implements IDataReader, IDisposable, IEnumerable
継承
派生
実装

コンストラクター

DbDataReader() DbDataReader() DbDataReader() DbDataReader()

DbDataReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Depth Depth Depth Depth

現在の行の入れ子の深さを示す値を取得します。

FieldCount FieldCount FieldCount FieldCount

現在の行の列数を取得します。

HasRows HasRows HasRows HasRows

この DbDataReader に 1 行以上の行が格納されているかどうかを示す値を取得します。

IsClosed IsClosed IsClosed IsClosed

DbDataReader が閉じているかどうかを示す値を取得します。

Item[Int32] Item[Int32] Item[Int32] Item[Int32]

指定した列の値を Object のインスタンスとして取得します。

Item[String] Item[String] Item[String] Item[String]

指定した列の値を Object のインスタンスとして取得します。

RecordsAffected RecordsAffected RecordsAffected RecordsAffected

SQL ステートメントの実行によって変更、挿入、または削除された行の数を取得します。

VisibleFieldCount VisibleFieldCount VisibleFieldCount VisibleFieldCount

DbDataReader の非表示ではないフィールドの数を取得します。

メソッド

Close() Close() Close() Close()

DbDataReader オブジェクトを閉じます。

CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(Inherited from MarshalByRefObject)
Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

DbDataReader クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

DbDataReader によって使用されているマネージド リソースを解放し、オプションでアンマネージド リソースも解放します。

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(Inherited from Object)
GetBoolean(Int32) GetBoolean(Int32) GetBoolean(Int32) GetBoolean(Int32)

指定した列の値をブール値として取得します。

GetByte(Int32) GetByte(Int32) GetByte(Int32) GetByte(Int32)

指定した列の値をバイトとして取得します。

GetBytes(Int32, Int64, Byte[], Int32, Int32) GetBytes(Int32, Int64, Byte[], Int32, Int32) GetBytes(Int32, Int64, Byte[], Int32, Int32) GetBytes(Int32, Int64, Byte[], Int32, Int32)

指定した列の dataOffset で指定された位置から開始されるバイト ストリームを、バッファーの bufferOffset で指定された開始位置に読み込みます。

GetChar(Int32) GetChar(Int32) GetChar(Int32) GetChar(Int32)

指定された列の値を単一の文字として取得します。

GetChars(Int32, Int64, Char[], Int32, Int32) GetChars(Int32, Int64, Char[], Int32, Int32) GetChars(Int32, Int64, Char[], Int32, Int32) GetChars(Int32, Int64, Char[], Int32, Int32)

指定した列の dataOffset で指定された位置から開始される文字ストリームを、バッファーの bufferOffset で指定された開始位置に読み込みます。

GetData(Int32) GetData(Int32) GetData(Int32) GetData(Int32)

要求された列の序数の DbDataReader オブジェクトを返します。

GetDataTypeName(Int32) GetDataTypeName(Int32) GetDataTypeName(Int32) GetDataTypeName(Int32)

指定した列のデータ型の名前を取得します。

GetDateTime(Int32) GetDateTime(Int32) GetDateTime(Int32) GetDateTime(Int32)

指定された列の値を DateTime オブジェクトとして取得します。

GetDbDataReader(Int32) GetDbDataReader(Int32) GetDbDataReader(Int32) GetDbDataReader(Int32)

プロバイダー固有の実装でオーバーライドできる、要求された列の序数の DbDataReader オブジェクトを返します。

GetDecimal(Int32) GetDecimal(Int32) GetDecimal(Int32) GetDecimal(Int32)

指定された列の値を Decimal オブジェクトとして取得します。

GetDouble(Int32) GetDouble(Int32) GetDouble(Int32) GetDouble(Int32)

指定された列の値を倍精度浮動小数点値として取得します。

GetEnumerator() GetEnumerator() GetEnumerator() GetEnumerator()

データ リーダー内の行を反復処理するために使用できる IEnumerator を返します。

GetFieldType(Int32) GetFieldType(Int32) GetFieldType(Int32) GetFieldType(Int32)

指定した列のデータ型を取得します。

GetFieldValue<T>(Int32) GetFieldValue<T>(Int32) GetFieldValue<T>(Int32) GetFieldValue<T>(Int32)

指定された列の値を型として同期的に取得します。

GetFieldValueAsync<T>(Int32) GetFieldValueAsync<T>(Int32) GetFieldValueAsync<T>(Int32) GetFieldValueAsync<T>(Int32)

指定された列の値を型として非同期的に取得します。

GetFieldValueAsync<T>(Int32, CancellationToken) GetFieldValueAsync<T>(Int32, CancellationToken) GetFieldValueAsync<T>(Int32, CancellationToken) GetFieldValueAsync<T>(Int32, CancellationToken)

指定された列の値を型として非同期的に取得します。

GetFloat(Int32) GetFloat(Int32) GetFloat(Int32) GetFloat(Int32)

指定された列の値を単精度浮動小数点値として取得します。

GetGuid(Int32) GetGuid(Int32) GetGuid(Int32) GetGuid(Int32)

指定した列の値をグローバル一意識別子 (GUID) として取得します。

GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(Inherited from Object)
GetInt16(Int32) GetInt16(Int32) GetInt16(Int32) GetInt16(Int32)

指定した列の値を 16 ビット符号付き整数として取得します。

GetInt32(Int32) GetInt32(Int32) GetInt32(Int32) GetInt32(Int32)

指定された列の値を 32 ビット符号付き整数として取得します。

GetInt64(Int32) GetInt64(Int32) GetInt64(Int32) GetInt64(Int32)

指定された列の値を 64 ビット符号付き整数として取得します。

GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(Inherited from MarshalByRefObject)
GetName(Int32) GetName(Int32) GetName(Int32) GetName(Int32)

0 から始まる列の序数を指定して、列の名前を取得します。

GetOrdinal(String) GetOrdinal(String) GetOrdinal(String) GetOrdinal(String)

列の名前を指定して、列の序数を取得します。

GetProviderSpecificFieldType(Int32) GetProviderSpecificFieldType(Int32) GetProviderSpecificFieldType(Int32) GetProviderSpecificFieldType(Int32)

指定した列のプロバイダー固有のフィールドの型を返します。

GetProviderSpecificValue(Int32) GetProviderSpecificValue(Int32) GetProviderSpecificValue(Int32) GetProviderSpecificValue(Int32)

指定した列の値を Object のインスタンスとして取得します。

GetProviderSpecificValues(Object[]) GetProviderSpecificValues(Object[]) GetProviderSpecificValues(Object[]) GetProviderSpecificValues(Object[])

現在の行のコレクション内にあるすべてのプロバイダー固有の属性列を取得します。

GetSchemaTable() GetSchemaTable() GetSchemaTable() GetSchemaTable()

DataTable の列メタデータを記述する DbDataReader を返します。

GetStream(Int32) GetStream(Int32) GetStream(Int32) GetStream(Int32)

Stream としてデータを取得します。

GetString(Int32) GetString(Int32) GetString(Int32) GetString(Int32)

指定した列の値を String のインスタンスとして取得します。

GetTextReader(Int32) GetTextReader(Int32) GetTextReader(Int32) GetTextReader(Int32)

TextReader としてデータを取得します。

GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(Inherited from Object)
GetValue(Int32) GetValue(Int32) GetValue(Int32) GetValue(Int32)

指定した列の値を Object のインスタンスとして取得します。

GetValues(Object[]) GetValues(Object[]) GetValues(Object[]) GetValues(Object[])

オブジェクトの配列に現在行の列値を設定します。

InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(Inherited from MarshalByRefObject)
IsDBNull(Int32) IsDBNull(Int32) IsDBNull(Int32) IsDBNull(Int32)

列に格納されている値が存在しない値または欠損値かどうかを示す値を取得します。

IsDBNullAsync(Int32) IsDBNullAsync(Int32) IsDBNullAsync(Int32) IsDBNullAsync(Int32)

列に格納されている値が存在しない値または欠損値かどうかを示す値を取得する IsDBNull(Int32) の非同期バージョン。

IsDBNullAsync(Int32, CancellationToken) IsDBNullAsync(Int32, CancellationToken) IsDBNullAsync(Int32, CancellationToken) IsDBNullAsync(Int32, CancellationToken)

列に格納されている値が存在しない値または欠損値かどうかを示す値を取得する IsDBNull(Int32) の非同期バージョン。 必要に応じて、操作を取り消す必要があるという通知を送信します。

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(Inherited from Object)
MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(Inherited from MarshalByRefObject)
NextResult() NextResult() NextResult() NextResult()

バッチ ステートメントの結果を読み込むときに、リーダーを次の結果に進めます。

NextResultAsync() NextResultAsync() NextResultAsync() NextResultAsync()

バッチ ステートメントの結果を読み込むときに、リーダーを次の結果に進める NextResult() の非同期バージョン。

CancellationToken.None を使用して、NextResultAsync(CancellationToken) を呼び出します。

NextResultAsync(CancellationToken) NextResultAsync(CancellationToken) NextResultAsync(CancellationToken) NextResultAsync(CancellationToken)

これは NextResult() の非同期バージョンです。 プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。 オプションで cancellationToken を無視できます。

既定の実装は NextResult() 同期メソッドを呼び出し、完了したタスクを返します。呼び出し元のスレッドはブロックされます。 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。 NextResult() によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。

返されたタスクが完了していないうちは、DbDataReader のオブジェクトの他のメソッドとプロパティを呼び出さないでください。

Read() Read() Read() Read()

リーダーを結果セットの次のレコードに進めます。

ReadAsync() ReadAsync() ReadAsync() ReadAsync()

結果セットの次のレコードにリーダーを進める Read() の非同期バージョン。 このメソッドは、CancellationToken.None で ReadAsync(CancellationToken) を呼び出します。

ReadAsync(CancellationToken) ReadAsync(CancellationToken) ReadAsync(CancellationToken) ReadAsync(CancellationToken)

これは Read() の非同期バージョンです。 プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。 オプションで cancellationToken を無視できます。

既定の実装は Read() 同期メソッドを呼び出し、完了したタスクを返します。呼び出し元のスレッドはブロックされます。 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。 Read によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。

返されたタスクが完了するまで DbDataReader オブジェクトの他のメソッドとプロパティを呼び出さないでください。

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(Inherited from Object)

明示的なインターフェイスの実装

IDataReader.Close() IDataReader.Close() IDataReader.Close() IDataReader.Close()
IDataReader.GetSchemaTable() IDataReader.GetSchemaTable() IDataReader.GetSchemaTable() IDataReader.GetSchemaTable()
IDataRecord.GetData(Int32) IDataRecord.GetData(Int32) IDataRecord.GetData(Int32) IDataRecord.GetData(Int32)

このメンバーの説明については、GetData(Int32) のトピックを参照してください。

Extension Methods

CanGetColumnSchema(DbDataReader) CanGetColumnSchema(DbDataReader) CanGetColumnSchema(DbDataReader) CanGetColumnSchema(DbDataReader)

DbDataReader が列スキーマを取得できるかどうかを示す値を取得します。

GetColumnSchema(DbDataReader) GetColumnSchema(DbDataReader) GetColumnSchema(DbDataReader) GetColumnSchema(DbDataReader)

DbDataReader 用に、列のスキーマ (DbColumn コレクション) を取得します。

Cast<TResult>(IEnumerable) Cast<TResult>(IEnumerable) Cast<TResult>(IEnumerable) Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。

OfType<TResult>(IEnumerable) OfType<TResult>(IEnumerable) OfType<TResult>(IEnumerable) OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。

AsParallel(IEnumerable) AsParallel(IEnumerable) AsParallel(IEnumerable) AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。

AsQueryable(IEnumerable) AsQueryable(IEnumerable) AsQueryable(IEnumerable) AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。

適用対象

こちらもご覧ください