DbParameter.SourceColumn プロパティ

定義

DataSet に割り当てられ、Value の読み込みまたは戻しに使用されるソース列の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the source column mapped to the DataSet and used for loading or returning the Value.

public:
 abstract property System::String ^ SourceColumn { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public abstract string SourceColumn { get; set; }
member this.SourceColumn : string with get, set
Public MustOverride Property SourceColumn As String

プロパティ値

DataSet にマップされるソース列の名前。The name of the source column mapped to the DataSet. 既定値は空の文字列です。The default is an empty string.

実装

注釈

SourceColumn空の文字列以外に設定されている場合、パラメーターの値は、というSourceColumn名前の列から取得されます。When SourceColumn is set to anything other than an empty string, the value of the parameter is retrieved from the column with the SourceColumn name. DirectionInput設定されている場合、 DataSet値はから取得されます。If Direction is set to Input, the value is taken from the DataSet. DirectionOutput設定されている場合、値はデータソースから取得されます。If Direction is set to Output, the value is taken from the data source. DirectionInputOutputは、両方の組み合わせです。A Direction of InputOutput is a combination of both.

プロパティのSourceColumn使用方法の詳細については、「 DataAdapter Parameters 」および「dataadapter を使用したデータソースの更新」を参照してください。For more information about how to use the SourceColumn property, see DataAdapter Parameters and Updating Data Sources with DataAdapters.

適用対象

こちらもご覧ください