DbParameter クラス

定義

DbCommand のパラメーターと、オプションで DataSet 列に対するマップを表します。Represents a parameter to a DbCommand and optionally, its mapping to a DataSet column. パラメーターの詳細については、「パラメーターおよびパラメーター データ型の構成」を参照してください。For more information on parameters, see Configuring Parameters and Parameter Data Types.

public ref class DbParameter abstract : MarshalByRefObject, System::Data::IDbDataParameter
public abstract class DbParameter : MarshalByRefObject, System.Data.IDbDataParameter
type DbParameter = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IDbDataParameter
    interface IDataParameter
Public MustInherit Class DbParameter
Inherits MarshalByRefObject
Implements IDbDataParameter
継承
派生
実装

コンストラクター

DbParameter()

DbParameter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DbParameter class.

プロパティ

DbType

パラメーターの DbType を取得または設定します。Gets or sets the DbType of the parameter.

Direction

パラメーターが入力専用、出力専用、双方向、またはストアド プロシージャの戻り値パラメーターのいずれであるかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the parameter is input-only, output-only, bidirectional, or a stored procedure return value parameter.

IsNullable

パラメーターが null 値を受け取るかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the parameter accepts null values.

ParameterName

DbParameter の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the DbParameter.

Precision

Value プロパティを表すために使用する最大桁数を取得または設定します。Gets or sets the maximum number of digits used to represent the Value property.

Scale

Value が解決される、小数点以下の桁数を取得または設定します。Gets or sets the number of decimal places to which Value is resolved.

Size

列内のデータの最大サイズをバイト単位で取得または設定します。Gets or sets the maximum size, in bytes, of the data within the column.

SourceColumn

DataSet に割り当てられ、Value の読み込みまたは戻しに使用されるソース列の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the source column mapped to the DataSet and used for loading or returning the Value.

SourceColumnNullMapping

ソース列が null 許容かどうかを示す値を設定または取得します。Sets or gets a value which indicates whether the source column is nullable. これにより、 DbCommandBuilder で null 許容列の Update ステートメントを正しく生成できます。This allows DbCommandBuilder to correctly generate Update statements for nullable columns.

SourceVersion

DataRowVersion の読み込み時に使用する Value を取得または設定します。Gets or sets the DataRowVersion to use when you load Value.

Value

パラメーターの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the parameter.

メソッド

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ResetDbType()

DbType プロパティを元の設定にリセットします。Resets the DbType property to its original settings.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

IDataParameter.SourceVersion
IDbDataParameter.Precision

数値パラメーターの精度を示します。Indicates the precision of numeric parameters.

IDbDataParameter.Scale

このメンバーの詳細については、「Scale」をご覧ください。For a description of this member, see Scale.

適用対象

こちらもご覧ください