DataColumn クラス

定義

DataTable の列のスキーマを表します。Represents the schema of a column in a DataTable.

public ref class DataColumn : System::ComponentModel::MarshalByValueComponent
public class DataColumn : System.ComponentModel.MarshalByValueComponent
type DataColumn = class
    inherit MarshalByValueComponent
Public Class DataColumn
Inherits MarshalByValueComponent
継承

次の例では、 DataTable 複数のオブジェクトを使用してを作成し DataColumn ます。The following example creates a DataTable with several DataColumn objects.

private void MakeTable()
{
    // Create a DataTable.
    DataTable table = new DataTable("Product");

    // Create a DataColumn and set various properties.
    DataColumn column = new DataColumn();
    column.DataType = System.Type.GetType("System.Decimal");
    column.AllowDBNull = false;
    column.Caption = "Price";
    column.ColumnName = "Price";
    column.DefaultValue = 25;

    // Add the column to the table.
    table.Columns.Add(column);

    // Add 10 rows and set values.
    DataRow row;
    for(int i = 0; i < 10; i++)
    {
        row = table.NewRow();
        row["Price"] = i + 1;

        // Be sure to add the new row to the
        // DataRowCollection.
        table.Rows.Add(row);
    }
}
Private Sub MakeTable()
    ' Create a DataTable. 
    Dim table As New DataTable("Product")

    ' Create a DataColumn and set various properties. 
    Dim column As New DataColumn()
    column.DataType = System.Type.GetType("System.Decimal") 
    column.AllowDBNull = False 
    column.Caption = "Price"  
    column.ColumnName = "Price" 
    column.DefaultValue = 25 

    ' Add the column to the table. 
    table.Columns.Add(column) 

    ' Add 10 rows and set values. 
    Dim row As DataRow 
    Dim i As Integer  
    For i = 0 to 9 
        row = table.NewRow() 
        row("Price") = i + 1 

        ' Be sure to add the new row to 
        ' the DataRowCollection. 
        table.Rows.Add(row) 
    Next i 
End Sub

注釈

は、 DataColumn のスキーマを作成するための基本的なビルドブロックです DataTableThe DataColumn is the fundamental building block for creating the schema of a DataTable. スキーマを作成するには、に1つ以上のオブジェクトを追加し DataColumn DataColumnCollection ます。You build the schema by adding one or more DataColumn objects to the DataColumnCollection. 詳細については、「 DataTable への列の追加」を参照してください。For more information, see Adding Columns to a DataTable.

DataColumn には DataType 、に含まれるデータの種類を決定するプロパティがあり DataColumn ます。Each DataColumn has a DataType property that determines the kind of data the DataColumn contains. たとえば、データ型を整数、文字列、または10進数に制限できます。For example, you can restrict the data type to integers, or strings, or decimals. に含まれるデータ DataTable は、通常、元のデータソースにマージされるので、データ型をデータソース内のデータ型と一致させる必要があります。Because data that is contained by the DataTable is typically merged back into its original data source, you must match the data types to those in the data source. 詳細については、「 ADO.NET でのデータ型のマッピング」を参照してください。For more information, see Data Type Mappings in ADO.NET.

、、などのプロパティは、データ AllowDBNull Unique ReadOnly の入力と更新に制限があるため、データの整合性を保証するのに役立ちます。Properties such as AllowDBNull, Unique, and ReadOnly put restrictions on the entry and updating of data, thereby helping to guarantee data integrity. 、、およびの各プロパティを使用して AutoIncrementAutoIncrementSeed AutoIncrementStep 自動データ生成を制御することもできます。You can also use the AutoIncrement, AutoIncrementSeed, and AutoIncrementStep properties to control automatic data generation. 列の詳細について AutoIncrement は、「自動 インクリメント列の作成」を参照してください。For more information about AutoIncrement columns, see Creating AutoIncrement Columns. 詳しくは、「主キーの定義」をご覧ください。For more information, see Defining Primary Keys.

また、を作成して、が属するのに追加することで、の値が一意であることを確認することもでき DataColumn UniqueConstraint ConstraintCollection DataTable DataColumn ます。You can also make sure that values in a DataColumn are unique by creating a UniqueConstraint and adding it to the ConstraintCollection of the DataTable to which the DataColumn belongs. 詳しくは、「DataTable の制約」をご覧ください。For more information, see DataTable Constraints.

オブジェクト間のリレーションシップを作成するには DataColumn 、オブジェクトを作成 DataRelation し、のに追加し DataRelationCollection DataSet ます。To create a relation between DataColumn objects, create a DataRelation object and add it to the DataRelationCollection of a DataSet.

オブジェクトのプロパティを使用して、 Expression DataColumn 列の値を計算したり、集計列を作成したりできます。You can use the Expression property of the DataColumn object to calculate the values in a column, or create an aggregate column. 詳細については、「 式列の作成」を参照してください。For more information, see Creating Expression Columns.

コンストラクター

DataColumn()

DataColumn クラスの新しいインスタンスを文字列型として初期化します。Initializes a new instance of a DataColumn class as type string.

DataColumn(String)

指定した列名を使用して、DataColumn クラスの新しいインスタンスを文字列型として初期化します。Initializes a new instance of the DataColumn class, as type string, using the specified column name.

DataColumn(String, Type)

指定した列名とデータ型を使用して DataColumn クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DataColumn class using the specified column name and data type.

DataColumn(String, Type, String)

指定した名前、データ型、および式を使用して DataColumn クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DataColumn class using the specified name, data type, and expression.

DataColumn(String, Type, String, MappingType)

指定した名前、データ型、式、およびこの列が属性かどうかを決定する値を使用して、DataColumn クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DataColumn class using the specified name, data type, expression, and value that determines whether the column is an attribute.

プロパティ

AllowDBNull

このテーブルに属する行のこの列に null 値を格納できるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether null values are allowed in this column for rows that belong to the table.

AutoIncrement

このテーブルに追加される新しい行でこの列の値を自動的にインクリメントするかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the column automatically increments the value of the column for new rows added to the table.

AutoIncrementSeed

AutoIncrement プロパティが true に設定されている列の開始値を取得または設定します。Gets or sets the starting value for a column that has its AutoIncrement property set to true. 既定値は 0 です。The default is 0.

AutoIncrementStep

AutoIncrement プロパティが true に設定されている列で使用するインクリメント値を取得または設定します。Gets or sets the increment used by a column with its AutoIncrement property set to true.

Caption

列のキャプションを取得または設定します。Gets or sets the caption for the column.

ColumnMapping

列の MappingType を取得または設定します。Gets or sets the MappingType of the column.

ColumnName

DataColumnCollection 内の列名を取得または設定します。Gets or sets the name of the column in the DataColumnCollection.

Container

コンポーネントを格納するコンテナーを取得します。Gets the container for the component.

(継承元 MarshalByValueComponent)
DataType

列に格納されているデータの型を取得または設定します。Gets or sets the type of data stored in the column.

DateTimeMode

列の DateTimeMode を取得または設定します。Gets or sets the DateTimeMode for the column.

DefaultValue

新しい行を作成するときに使用されるこの列の既定値を取得または設定します。Gets or sets the default value for the column when you are creating new rows.

DesignMode

コンポーネントが現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the component is currently in design mode.

(継承元 MarshalByValueComponent)
Events

コンポーネントに結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。Gets the list of event handlers that are attached to this component.

(継承元 MarshalByValueComponent)
Expression

行のフィルター処理、列内の値の計算、または集約列の作成に使用する式を取得または設定します。Gets or sets the expression used to filter rows, calculate the values in a column, or create an aggregate column.

ExtendedProperties

DataColumn に関連付けられているカスタム ユーザー情報のコレクションを取得します。Gets the collection of custom user information associated with a DataColumn.

MaxLength

テキスト列の最大長を取得または設定します。Gets or sets the maximum length of a text column.

Namespace

DataColumn の名前空間を取得または設定します。Gets or sets the namespace of the DataColumn.

Ordinal

DataColumnCollection コレクション内の 0 から始まる列の位置を取得します。Gets the (zero-based) position of the column in the DataColumnCollection collection.

Prefix

DataTable の名前空間に別名を付ける XML プリフィックスを取得または設定します。Gets or sets an XML prefix that aliases the namespace of the DataTable.

ReadOnly

行がテーブルに追加された直後にこの列を変更できるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the column allows for changes as soon as a row has been added to the table.

Site

コンポーネントのサイトを取得します。値の設定も可能です。Gets or sets the site of the component.

(継承元 MarshalByValueComponent)
Table

列が属する DataTable を取得します。Gets the DataTable to which the column belongs to.

Unique

列の各行の値が一意である必要があるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the values in each row of the column must be unique.

メソッド

CheckNotAllowNull()

このメンバーは、.NET インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。This member supports .NET infrastructure and is not intended to be used directly from your code.

CheckUnique()

このメンバーは、.NET インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。This member supports .NET infrastructure and is not intended to be used directly from your code.

Dispose()

MarshalByValueComponent によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the MarshalByValueComponent.

(継承元 MarshalByValueComponent)
Dispose(Boolean)

MarshalByValueComponent によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the MarshalByValueComponent and optionally releases the managed resources.

(継承元 MarshalByValueComponent)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetService(Type)

IServiceProvider を実装しているオブジェクトを取得します。Gets the implementer of the IServiceProvider.

(継承元 MarshalByValueComponent)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnPropertyChanging(PropertyChangedEventArgs)

このメンバーは、.NET インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。This member supports .NET infrastructure and is not intended to be used directly from your code.

RaisePropertyChanging(String)

このメンバーは、.NET インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。This member supports .NET infrastructure and is not intended to be used directly from your code.

SetOrdinal(Int32)

DataColumn の序数または位置を、指定された序数または位置に変更します。Changes the ordinal or position of the DataColumn to the specified ordinal or position.

ToString()

列の Expression がある場合は、その式を取得します。Gets the Expression of the column, if one exists.

イベント

Disposed

コンポーネントの Disposed イベントを待機するイベント ハンドラーを追加します。Adds an event handler to listen to the Disposed event on the component.

(継承元 MarshalByValueComponent)

適用対象

スレッド セーフ

この型は、マルチスレッドの読み取り操作に対して安全です。This type is safe for multithreaded read operations. 書き込み操作はすべて同期する必要があります。You must synchronize any write operations.

こちらもご覧ください