DataRowCollection.Add メソッド

定義

DataRowDataRowCollection に追加します。

オーバーロード

Add(DataRow)

指定した DataRowDataRowCollection オブジェクトに追加します。

Add(Object[])

指定した値を使用して行を作成し、この行を DataRowCollection に追加します。

Add(DataRow)

指定した DataRowDataRowCollection オブジェクトに追加します。

public:
 void Add(System::Data::DataRow ^ row);
public void Add (System.Data.DataRow row);
member this.Add : System.Data.DataRow -> unit
Public Sub Add (row As DataRow)

パラメーター

row
DataRow

追加する DataRow

例外

行が null です。

この行は他のテーブルに属しているか、既にこのテーブルに属しています。

この行を追加すると、制約が無効になります。

この行を追加すると、DataColumn が false である AllowDBNull に null を格納することになります。

次の例では、メソッドを使用して Add 、オブジェクトに新しいを追加し DataRow DataRowCollection ます。

private void ShowRows(DataTable table)
{
    // Print the number of rows in the collection.
    Console.WriteLine(table.Rows.Count);
    // Print the value of columns 1 in each row
    foreach(DataRow row in table.Rows)
    {
        Console.WriteLine(row[1]);
    }
}

private void AddRow(DataTable table)
{
    DataRowCollection rowCollection = table.Rows;
    // Instantiate a new row using the NewRow method.

    DataRow newRow = table.NewRow();
    // Insert code to fill the row with values.

    // Add the row to the DataRowCollection.
    table.Rows.Add(newRow);
}
Private Sub ShowRows(Byval table As DataTable)
    ' Print the number of rows in the collection.
    Console.WriteLine(table.Rows.Count)

    Dim row  As DataRow
    ' Print the value of columns 1 in each row
    For Each row In table.Rows
        Console.WriteLine(row(1))
    Next
End Sub
 
Private Sub AddRow(ByVal table As DataTable)
    ' Instantiate a new row using the NewRow method.
    Dim newRow As DataRow = table.NewRow()
    ' Insert code to fill the row with values.

    ' Add the row to the DataRowCollection.
    table.Rows.Add(newRow)
End Sub

注釈

新しいを作成するには、 DataRow クラスのメソッドを使用する必要があり NewRow DataTable ます。 メソッドを使用すると NewRowDataRow 親のスキーマを使用して新しいオブジェクトが返され DataTable ます。 オブジェクトを作成 DataRow し、各列の値を設定したら、メソッドを使用してオブジェクトを Add コレクションに追加します。

は、ユーザーがイベントで例外を生成した場合に、例外を生成し RowChanging ます。 例外が発生した場合、行はテーブルに追加されません。

こちらもご覧ください

適用対象

Add(Object[])

指定した値を使用して行を作成し、この行を DataRowCollection に追加します。

public:
 System::Data::DataRow ^ Add(... cli::array <System::Object ^> ^ values);
public:
 virtual System::Data::DataRow ^ Add(cli::array <System::Object ^> ^ values);
public System.Data.DataRow Add (params object?[] values);
public System.Data.DataRow Add (params object[] values);
public virtual System.Data.DataRow Add (object[] values);
member this.Add : obj[] -> System.Data.DataRow
abstract member Add : obj[] -> System.Data.DataRow
override this.Add : obj[] -> System.Data.DataRow
Public Function Add (ParamArray values As Object()) As DataRow
Public Overridable Function Add (values As Object()) As DataRow

パラメーター

values
Object[]

新しい行の作成に使用する値の配列。

戻り値

DataRow

新しい行。

例外

配列がテーブルの列数より大きいです。

値が各列の型と一致していません。

この行を追加すると、制約が無効になります。

AllowDBNull が false である列に null を格納しようとしました。

次の例では、メソッドを使用し Add て、新しいオブジェクトを作成し、に追加し DataRow DataRowCollection ます。

private void AddRow(DataTable table)
{
    // Create an array with three elements.
    object[] rowVals = new object[3];
    DataRowCollection rowCollection = table.Rows;
    rowVals[0] = "hello";
    rowVals[1] = "world";
    rowVals[2] = "two";

    // Add and return the new row.
    DataRow row = rowCollection.Add(rowVals);
}
Private Sub AddRow(ByVal table As DataTable)
    ' Create an array with three elements.
    Dim rowVals(2) As Object
    Dim rowCollection As DataRowCollection = table.Rows
    rowVals(0) = "hello"
    rowVals(1) = "world"
    rowVals(2) = "two"

    ' Add and return the new row.
    Dim row As DataRow = rowCollection.Add(rowVals) 
End Sub

注釈

オブジェクトの DataColumnAutoIncrement True に設定されている場合は、その列の既定値を取得するために null を渡す必要があります。

例外は、イベントまたはイベントの実行中に例外を生成した場合にも発生する可能性があり ColumnChanging RowChanging ます。 例外が発生した場合、行はテーブルに追加されません。

こちらもご覧ください

適用対象