DataRowCollection クラス

定義

DataTable の行のコレクションを表します。

public ref class DataRowCollection sealed : System::Data::InternalDataCollectionBase
public ref class DataRowCollection : System::Data::InternalDataCollectionBase
public sealed class DataRowCollection : System.Data.InternalDataCollectionBase
[System.Serializable]
public class DataRowCollection : System.Data.InternalDataCollectionBase
type DataRowCollection = class
    inherit InternalDataCollectionBase
[<System.Serializable>]
type DataRowCollection = class
    inherit InternalDataCollectionBase
Public NotInheritable Class DataRowCollection
Inherits InternalDataCollectionBase
Public Class DataRowCollection
Inherits InternalDataCollectionBase
継承
属性

このセクションの最初の例では、のすべての行の列1の値を出力 DataRowCollection します。 2番目の例では、メソッドを使用して作成された新しい行をに追加し NewRow DataRowCollection ます。

private void ShowRows(DataTable table)
{
    // Print the number of rows in the collection.
    Console.WriteLine(table.Rows.Count);
    // Print the value of columns 1 in each row
    foreach(DataRow row in table.Rows)
    {
        Console.WriteLine(row[1]);
    }
}

private void AddRow(DataTable table)
{
    DataRowCollection rowCollection = table.Rows;
    // Instantiate a new row using the NewRow method.

    DataRow newRow = table.NewRow();
    // Insert code to fill the row with values.

    // Add the row to the DataRowCollection.
    table.Rows.Add(newRow);
}
Private Sub ShowRows(Byval table As DataTable)
    ' Print the number of rows in the collection.
    Console.WriteLine(table.Rows.Count)

    Dim row  As DataRow
    ' Print the value of columns 1 in each row
    For Each row In table.Rows
        Console.WriteLine(row(1))
    Next
End Sub
 
Private Sub AddRow(ByVal table As DataTable)
    ' Instantiate a new row using the NewRow method.
    Dim newRow As DataRow = table.NewRow()
    ' Insert code to fill the row with values.

    ' Add the row to the DataRowCollection.
    table.Rows.Add(newRow)
End Sub

注釈

DataRowCollection 、の主要なコンポーネントです DataTable 。 はテーブルのスキーマを定義しますが、には DataColumnCollection DataRowCollection テーブルの実際のデータが含まれています。ここで、の各は DataRow 単一行 DataRowCollection を表します。

メソッドとメソッドを呼び出すと Add Remove 、からオブジェクトを挿入したり削除したりでき DataRow DataRowCollection ます。 また、メソッドを呼び出して、 Find DataRow 主キー列の特定の値を含むオブジェクトを検索したり、 Contains 1 つの単語または語句の文字ベースのデータを検索するメソッドを呼び出したりすることもできます。

の並べ替えやフィルター処理などの他の操作については、 DataRowCollection 関連付けられているに対してメソッドを使用し DataRowCollection DataTable ます。

プロパティ

Count

このコレクション内の DataRow オブジェクトの合計数を取得します。

Count

コレクション内の要素の合計数を取得します。

(継承元 InternalDataCollectionBase)
IsReadOnly

InternalDataCollectionBase が読み取り専用かどうかを示す値を取得します。

(継承元 InternalDataCollectionBase)
IsSynchronized

InternalDataCollectionBase が同期されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 InternalDataCollectionBase)
Item[Int32]

指定したインデックス位置にある行を取得します。

List
List

コレクションの項目をリストとして取得します。

(継承元 InternalDataCollectionBase)
SyncRoot

コレクションの同期をとるために使用できるオブジェクトを取得します。

(継承元 InternalDataCollectionBase)

メソッド

Add(DataRow)

指定した DataRowDataRowCollection オブジェクトに追加します。

Add(Object[])

指定した値を使用して行を作成し、この行を DataRowCollection に追加します。

Clear()

すべての行のコレクションを消去します。

Contains(Object)

このコレクション内のいずれかの行の主キーに指定した値が格納されているかどうかを示す値を取得します。

Contains(Object[])

このコレクション内のいずれかの行の主キー列に、オブジェクト配列内で指定した値が格納されているかどうかを示す値を取得します。

CopyTo(Array, Int32)

このコレクション内のすべての DataRow オブジェクトを、指定したコピー先配列インデックスから始まる指定した配列にコピーします。

CopyTo(Array, Int32)

現在の InternalDataCollectionBase のすべての要素を 1 次元の Array にコピーします。コピー操作は、指定した InternalDataCollectionBase インデックスから始まります。

(継承元 InternalDataCollectionBase)
CopyTo(DataRow[], Int32)

このコレクション内のすべての DataRow オブジェクトを、指定したコピー先配列インデックスから始まる指定した配列にコピーします。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Find(Object)

主キー値で指定した行を取得します。

Find(Object[])

指定した主キー値が格納されている行を取得します。

GetEnumerator()

このコレクションの IEnumerator を取得します。

GetEnumerator()

コレクションの IEnumerator を取得します。

(継承元 InternalDataCollectionBase)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IndexOf(DataRow)

指定した DataRow オブジェクトのインデックスを取得します。

InsertAt(DataRow, Int32)

コレクション内の指定した位置に新しい行を挿入します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Remove(DataRow)

指定された DataRow をコレクションから削除します。

RemoveAt(Int32)

指定したインデックス位置にある行をコレクションから削除します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

拡張メソッド

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。

適用対象

スレッド セーフ

この型は、マルチスレッドの読み取り操作に対して安全です。 書き込み操作はすべて同期する必要があります。

こちらもご覧ください