DataSetDateTime DataSetDateTime DataSetDateTime DataSetDateTime Enum

定義

DateTime 内の DataSet 列のシリアル化形式を記述します。Describes the serialization format for DateTime columns in a DataSet.

public enum class DataSetDateTime
public enum DataSetDateTime
type DataSetDateTime = 
Public Enum DataSetDateTime
継承
DataSetDateTimeDataSetDateTimeDataSetDateTimeDataSetDateTime

フィールド

Local Local Local Local 1

DateTime は常に Local として格納されます。DateTime is always stored in Local. このモードの列に Utc または Unspecified が割り当てられている場合、最初に Local に変換されます。If Utc or Unspecified is assigned to a column in this mode, it is first converted into Local. このモードのシリアル化は常に Local として実行されます。Serialization in this mode is always performed in Local. シリアル化の際にはオフセットが発生します。There is an offset during serialization.

Unspecified Unspecified Unspecified Unspecified 2

DateTime は常に Unspecified として格納されます。DateTime is always stored in Unspecified. このモードの列に Local または Utc が割り当てられている場合、最初に Unspecified に変換されます。If Local or Utc is assigned to a column in this mode, it is first converted into Unspecified. このモードのシリアル化では、オフセットは発生しません。Serialization in this mode does not cause an offset.

UnspecifiedLocal UnspecifiedLocal UnspecifiedLocal UnspecifiedLocal 3

DateTime は Unspecified として格納されます。DateTime is stored in Unspecified. このモードの列に Local または Utc が割り当てられている場合、最初に Unspecified に変換されます。If Local or Utc is assigned to a column in this mode, it is first converted into Unspecified. このモードのシリアル化では、オフセットが発生します。Serialization in this mode causes offset. これは既定の動作であり、下位互換性があります。This is the default behavior and is backward compatible. このオプションはストレージにおける Unspecified であると考えられますが、シリアル化の際には Local に似たオフセットが適用されます。This option should be thought of as being Unspecified in storage but applying an offset that is similar to Local during serialization.

Utc Utc Utc Utc 4

DateTime は世界協定時刻 (UTC) で格納されます。DateTime is stored in Universal Coordinated Time (UTC). このモードの列に Local または Unspecified が割り当てられている場合、最初に Utc 形式に変換されます。If Local or Unspecified is assigned to a column in this mode, it is first converted into Utc format. このモードのシリアル化は常に Utc として実行されます。Serialization in this mode is always performed in Utc. シリアル化の際にオフセットは発生しません。There is no offset during serialization.

注釈

DataSetDateTime以外DateTimeの列では設定できません。DataSetDateTime cannot be set on non-DateTime columns. 列以外で既定値が指定されているプロパティを設定するDateTimeModeことはできます。DateTimeSetting the DateTimeMode property with the default value UnspecifiedLocal on non-DateTime columns is permitted. 列のデータ型をからDateTime他の型に変更するDateTimeModeと、が既定値であるローカルにリセットされます。Modifying the column data type from DateTime to any other type resets the DateTimeMode to the default value UnspecifiedLocal.

マージ、リレーション、および ForeignKeyConstraints のスキーマのチェックは、プロパティDateTimeが一致するDateTimeMode列間で実行できます。Checking schema for merging, Relations, and ForeignKeyConstraints can be performed between DateTime columns with matching DateTimeMode properties. それ以外の場合、列はスキーマで一致しないと見なされます。Otherwise the columns should be considered as non-matching on schema. 唯一の例外は、指定されていないローカルと未指定のローカルの間です。The only exception is between Unspecified and UnspecifiedLocal. Unspecifiedとでは、2 DateTimeつのUnspecifiedLocal列のForeignKeyConstraint間にリレーションシップまたはがあることが許可されます。DateTimeModeIt is permitted to have a relation or a ForeignKeyConstraint between two DateTime columns with one in Unspecified and other in UnspecifiedLocalDateTimeMode.

適用対象