DataTable.Merge メソッド

定義

指定した DataTable を現在の DataTable とマージします。

オーバーロード

Merge(DataTable, Boolean, MissingSchemaAction)

指定した DataTable を現在の DataTable とマージして、現在の DataTable の変更を保持するかどうかを指定し、さらに欠けているスキーマの処理方法を指定します。

Merge(DataTable, Boolean)

指定した DataTable を現在の DataTable とマージし、現在の DataTable の変更を保持するかどうかを指定します。

Merge(DataTable)

指定した DataTable を現在の DataTable とマージします。

次のコンソール アプリケーションは、メソッドのパラメーターの missingSchemaAction 動作を Merge 示しています。 この例では、同じテーブルの 2 つのバージョンを作成し、2 番目のバージョンのスキーマを変更します。 次に、コードは 2 番目のテーブルを最初のテーブルにマージしようとします。

注意

この例では、オーバーロードされたバージョンの Merge の 1 つを使用する方法を示します。 使用可能なその他の例については、個々のオーバーロードに関するトピックを参照してください。

private static void DemonstrateMergeTable()
{
    DataTable table1 = new DataTable("Items");

    // Add columns
    DataColumn idColumn = new DataColumn("id", typeof(System.Int32));
    DataColumn itemColumn = new DataColumn("item", typeof(System.Int32));
    table1.Columns.Add(idColumn);
    table1.Columns.Add(itemColumn);

    // Set the primary key column.
    table1.PrimaryKey = new DataColumn[] { idColumn };

    // Add RowChanged event handler for the table.
    table1.RowChanged += new
        System.Data.DataRowChangeEventHandler(Row_Changed);

    // Add ten rows.
    DataRow row;
    for (int i = 0; i <= 9; i++)
    {
        row = table1.NewRow();
        row["id"] = i;
        row["item"] = i;
        table1.Rows.Add(row);
    }

    // Accept changes.
    table1.AcceptChanges();
    PrintValues(table1, "Original values");

    // Create a second DataTable identical to the first.
    DataTable table2 = table1.Clone();

    // Add column to the second column, so that the
    // schemas no longer match.
    table2.Columns.Add("newColumn", typeof(System.String));

    // Add three rows. Note that the id column can't be the
    // same as existing rows in the original table.
    row = table2.NewRow();
    row["id"] = 14;
    row["item"] = 774;
    row["newColumn"] = "new column 1";
    table2.Rows.Add(row);

    row = table2.NewRow();
    row["id"] = 12;
    row["item"] = 555;
    row["newColumn"] = "new column 2";
    table2.Rows.Add(row);

    row = table2.NewRow();
    row["id"] = 13;
    row["item"] = 665;
    row["newColumn"] = "new column 3";
    table2.Rows.Add(row);

    // Merge table2 into the table1.
    Console.WriteLine("Merging");
    table1.Merge(table2, false, MissingSchemaAction.Add);
    PrintValues(table1, "Merged With table1, schema added");
}

private static void Row_Changed(object sender,
    DataRowChangeEventArgs e)
{
    Console.WriteLine("Row changed {0}\t{1}", e.Action,
        e.Row.ItemArray[0]);
}

private static void PrintValues(DataTable table, string label)
{
    // Display the values in the supplied DataTable:
    Console.WriteLine(label);
    foreach (DataRow row in table.Rows)
    {
        foreach (DataColumn col in table.Columns)
        {
            Console.Write("\t " + row[col].ToString());
        }
        Console.WriteLine();
    }
}
Private Sub DemonstrateMergeTable()
  Dim table1 As New DataTable("Items")

  ' Add columns
  Dim idColumn As New DataColumn("id", GetType(System.Int32))
  Dim itemColumn As New DataColumn("item", GetType(System.Int32))
  table1.Columns.Add(idColumn)
  table1.Columns.Add(itemColumn)

  ' Set the primary key column.
  table1.PrimaryKey = New DataColumn() {idColumn}

  ' Add RowChanged event handler for the table.
  AddHandler table1.RowChanged, AddressOf Row_Changed

  ' Add some rows.
  Dim row As DataRow
  For i As Integer = 0 To 3
    row = table1.NewRow()
    row("id") = i
    row("item") = i
    table1.Rows.Add(row)
  Next i

  ' Accept changes.
  table1.AcceptChanges()
  PrintValues(table1, "Original values")

  ' Create a second DataTable identical to the first.
  Dim table2 As DataTable = table1.Clone()

  ' Add column to the second column, so that the 
  ' schemas no longer match.
  table2.Columns.Add("newColumn", GetType(System.String))

  ' Add three rows. Note that the id column can't be the 
  ' same as existing rows in the original table.
  row = table2.NewRow()
  row("id") = 14
  row("item") = 774
  row("newColumn") = "new column 1"
  table2.Rows.Add(row)

  row = table2.NewRow()
  row("id") = 12
  row("item") = 555
  row("newColumn") = "new column 2"
  table2.Rows.Add(row)

  row = table2.NewRow()
  row("id") = 13
  row("item") = 665
  row("newColumn") = "new column 3"
  table2.Rows.Add(row)

  ' Merge table2 into the table1.
  Console.WriteLine("Merging")
  table1.Merge(table2, False, MissingSchemaAction.Add)
  PrintValues(table1, "Merged With table1, Schema added")
End Sub

Private Sub Row_Changed(ByVal sender As Object, _
      ByVal e As DataRowChangeEventArgs)
  Console.WriteLine("Row changed {0}{1}{2}", _
    e.Action, ControlChars.Tab, e.Row.ItemArray(0))
End Sub

Private Sub PrintValues(ByVal table As DataTable, _
      ByVal label As String)
  ' Display the values in the supplied DataTable:
  Console.WriteLine(label)
  For Each row As DataRow In table.Rows
    For Each col As DataColumn In table.Columns
      Console.Write(ControlChars.Tab + " " + row(col).ToString())
    Next col
    Console.WriteLine()
  Next row
End Sub

注釈

この Merge メソッドは、主に類似したスキーマを持つ 2 つの DataTable オブジェクトをマージするために使用されます。 マージは通常、データ ソースから既存 DataTableの変更に最新の変更を組み込むためにクライアント アプリケーションで使用されます。 これにより、クライアント アプリケーションはデータ ソースの最新のデータで更新 DataTable できます。

マージ操作では、元のテーブルとマージするテーブルのみが考慮されます。 子テーブルは影響を受けたり含めたりしません。 テーブルにリレーションシップの一部として定義された 1 つ以上の子テーブルがある場合は、各子テーブルを個別にマージする必要があります。

Merge(DataTable, Boolean, MissingSchemaAction)

指定した DataTable を現在の DataTable とマージして、現在の DataTable の変更を保持するかどうかを指定し、さらに欠けているスキーマの処理方法を指定します。

public:
 void Merge(System::Data::DataTable ^ table, bool preserveChanges, System::Data::MissingSchemaAction missingSchemaAction);
public void Merge (System.Data.DataTable table, bool preserveChanges, System.Data.MissingSchemaAction missingSchemaAction);
member this.Merge : System.Data.DataTable * bool * System.Data.MissingSchemaAction -> unit
Public Sub Merge (table As DataTable, preserveChanges As Boolean, missingSchemaAction As MissingSchemaAction)

パラメーター

table
DataTable

現在の DataTable とマージする DataTable

preserveChanges
Boolean

現在の true に対して行われた変更を保持するには DataTable。保持しない場合は false

missingSchemaAction
MissingSchemaAction

MissingSchemaAction 値のいずれか 1 つ。

次のコンソール アプリケーションは、メソッドのパラメーターの missingSchemaAction 動作を Merge 示しています。 この例では、同じテーブルの 2 つのバージョンを作成し、2 番目のバージョンのスキーマを変更します。 次に、コードは 2 番目のテーブルを最初のテーブルにマージしようとします。

private static void DemonstrateMergeTable()
{
    DataTable itemsTable = new DataTable("Items");

    // Add columns
    DataColumn idColumn = new DataColumn("id", typeof(System.Int32));
    DataColumn itemColumn = new DataColumn("item", typeof(System.Int32));
    itemsTable.Columns.Add(idColumn);
    itemsTable.Columns.Add(itemColumn);

    // Set the primary key column.
    itemsTable.PrimaryKey = new DataColumn[] { idColumn };

    // Add RowChanged event handler for the table.
    itemsTable.RowChanged +=
        new System.Data.DataRowChangeEventHandler(Row_Changed);

    // Add ten rows.
    DataRow row;
    for (int i = 0; i <= 9; i++)
    {
        row = itemsTable.NewRow();
        row["id"] = i;
        row["item"] = i;
        itemsTable.Rows.Add(row);
    }

    // Accept changes.
    itemsTable.AcceptChanges();
    PrintValues(itemsTable, "Original values");

    // Create a second DataTable identical to the first.
    DataTable itemsClone = itemsTable.Clone();

    // Add column to the second column, so that the
    // schemas no longer match.
    itemsClone.Columns.Add("newColumn", typeof(System.String));

    // Add three rows. Note that the id column can't be the
    // same as existing rows in the original table.
    row = itemsClone.NewRow();
    row["id"] = 14;
    row["item"] = 774;
    row["newColumn"] = "new column 1";
    itemsClone.Rows.Add(row);

    row = itemsClone.NewRow();
    row["id"] = 12;
    row["item"] = 555;
    row["newColumn"] = "new column 2";
    itemsClone.Rows.Add(row);

    row = itemsClone.NewRow();
    row["id"] = 13;
    row["item"] = 665;
    row["newColumn"] = "new column 3";
    itemsClone.Rows.Add(row);

    // Merge itemsClone into the itemsTable.
    Console.WriteLine("Merging");
    itemsTable.Merge(itemsClone, false, MissingSchemaAction.Add);
    PrintValues(itemsTable, "Merged With itemsTable, schema added");
}

private static void Row_Changed(object sender,
    DataRowChangeEventArgs e)
{
    Console.WriteLine("Row changed {0}\t{1}",
        e.Action, e.Row.ItemArray[0]);
}

private static void PrintValues(DataTable table, string label)
{
    // Display the values in the supplied DataTable:
    Console.WriteLine(label);
    foreach (DataRow row in table.Rows)
    {
        foreach (DataColumn col in table.Columns)
        {
            Console.Write("\t " + row[col].ToString());
        }
        Console.WriteLine();
    }
}
Private Sub DemonstrateMergeTable()
  Dim itemsTable As New DataTable("Items")

  ' Add columns
  Dim idColumn As New DataColumn("id", GetType(System.Int32))
  Dim itemColumn As New DataColumn("item", GetType(System.Int32))
  itemsTable.Columns.Add(idColumn)
  itemsTable.Columns.Add(itemColumn)

  ' Set the primary key column.
  itemsTable.PrimaryKey = New DataColumn() {idColumn}

  ' Add RowChanged event handler for the table.
  AddHandler itemsTable.RowChanged, AddressOf Row_Changed

  ' Add some rows.
  Dim row As DataRow
  For i As Integer = 0 To 3
    row = itemsTable.NewRow()
    row("id") = i
    row("item") = i
    itemsTable.Rows.Add(row)
  Next i

  ' Accept changes.
  itemsTable.AcceptChanges()
  PrintValues(itemsTable, "Original values")

  ' Create a second DataTable identical to the first.
  Dim itemsClone As DataTable = itemsTable.Clone()

  ' Add column to the second column, so that the 
  ' schemas no longer match.
  itemsClone.Columns.Add("newColumn", GetType(System.String))

  ' Add three rows. Note that the id column can't be the 
  ' same as existing rows in the original table.
  row = itemsClone.NewRow()
  row("id") = 14
  row("item") = 774
  row("newColumn") = "new column 1"
  itemsClone.Rows.Add(row)

  row = itemsClone.NewRow()
  row("id") = 12
  row("item") = 555
  row("newColumn") = "new column 2"
  itemsClone.Rows.Add(row)

  row = itemsClone.NewRow()
  row("id") = 13
  row("item") = 665
  row("newColumn") = "new column 3"
  itemsClone.Rows.Add(row)

  ' Merge itemsClone into the itemsTable.
  Console.WriteLine("Merging")
  itemsTable.Merge(itemsClone, False, MissingSchemaAction.Add)
  PrintValues(itemsTable, "Merged With itemsTable, Schema added")
End Sub

Private Sub Row_Changed(ByVal sender As Object, _
  ByVal e As DataRowChangeEventArgs)
  Console.WriteLine("Row changed {0}{1}{2}", _
    e.Action, ControlChars.Tab, e.Row.ItemArray(0))
End Sub

Private Sub PrintValues(ByVal table As DataTable, ByVal label As String)
  ' Display the values in the supplied DataTable:
  Console.WriteLine(label)
  For Each row As DataRow In table.Rows
    For Each col As DataColumn In table.Columns
      Console.Write(ControlChars.Tab + " " + row(col).ToString())
    Next col
    Console.WriteLine()
  Next row
End Sub

注釈

この Merge メソッドは、主に類似したスキーマを持つ 2 つの DataTable オブジェクトをマージするために使用されます。 マージは通常、データ ソースから既存 DataTableの変更に最新の変更を組み込むためにクライアント アプリケーションで使用されます。 これにより、クライアント アプリケーションはデータ ソースの最新のデータで更新 DataTable できます。

マージ操作では、元のテーブルとマージするテーブルのみが考慮されます。 子テーブルは影響を受けたり含めたりしません。 テーブルにリレーションシップの一部として定義された 1 つ以上の子テーブルがある場合は、各子テーブルを個別にマージする必要があります。

通常、この Merge メソッドは、変更の検証、エラーの調整、変更によるデータ ソースの更新、最後に既存 DataTableの更新を含む一連のプロシージャの最後に呼び出されます。

マージを実行する場合、開発者がパラメーターに false を指定しない限り、マージ操作中にマージ前に既存のデータに加えられた変更は preserveChanges 保持されます。 パラメーターが preserveChanges 設定 trueされている場合、受信値は既存の行の現在の行バージョンの既存の値を上書きしません。 パラメーターが preserveChanges 設定 falseされている場合、受信値は既存の行の現在の行バージョンの既存の値を上書きします。 行バージョンについて詳しくは、「行の状態とバージョン」をご覧ください。

クライアント アプリケーションでは、通常、変更されたデータを収集し、中間層コンポーネントに送信する前に検証するボタンをユーザーがクリックできる 1 つのボタンが必要です。 このシナリオでは、メソッドが最初に GetChanges 呼び出されます。 このメソッドは、検証とマージ用に最適化された 2 つ目 DataTable のメソッドを返します。 この 2 番目 DataTableDataTable オブジェクトには、変更されたオブジェクトのみが DataRow 含まれており、その結果、元 DataTableのオブジェクトのサブセットになります。 このサブセットは一般に小さいため、このサブセットはより効率的に中間層コンポーネントに渡されます。 その後、中間層コンポーネントは、ストアド プロシージャを通じて元のデータ ソースを変更して更新します。 その後、中間層は、元のデータとデータ ソースからの最新のデータを含む新しい DataTable データを (元のクエリをもう一度実行して) 送り返すか、データ ソースから行われた変更を含むサブセットを返すことができます。 (たとえば、データ ソースが一意の主キー値を自動的に作成する場合、これらの値をクライアント アプリケーションに反映できます)。どちらの場合も、返された DataTable メソッドを使用して、クライアント アプリケーションの元 DataTable のアプリケーションに Merge マージできます。

メソッドが Merge 呼び出されると、スキーマが変更された可能性があるため、2 つの DataTable オブジェクトのスキーマが比較されます。 たとえば、企業間のシナリオでは、自動化されたプロセスによって新しい列が XML スキーマに追加されている可能性があります。 ソースDataTableに、ターゲットに存在しないスキーマ要素 (追加されたDataColumnオブジェクト) が含まれている場合は、引数を > に設定することで、スキーマ要素をターゲットにMissingSchemaAction.Add``missingSchemaAction追加できます。 その場合、マージには追加された DataTable スキーマとデータが含まれます。

スキーマをマージすると、データがマージされます。

When merging a new source DataTable into the target, any source rows with a DataRowState value of Unchanged, Modified, or Deleted are matched to target rows with the same primary key values. 値が DataRowState 1 の Added ソース行は、新しいソース行と同じ主キー値を持つ新しいターゲット行と照合されます。

こちらもご覧ください

適用対象

Merge(DataTable, Boolean)

指定した DataTable を現在の DataTable とマージし、現在の DataTable の変更を保持するかどうかを指定します。

public:
 void Merge(System::Data::DataTable ^ table, bool preserveChanges);
public void Merge (System.Data.DataTable table, bool preserveChanges);
member this.Merge : System.Data.DataTable * bool -> unit
Public Sub Merge (table As DataTable, preserveChanges As Boolean)

パラメーター

table
DataTable

現在の DataTable とマージする DataTable

preserveChanges
Boolean

現在の true に対して行われた変更を保持するには DataTable。保持しない場合は false

次のコンソール アプリケーションは、含まれる行を作成 DataTable し、それらの行のデータの一部を変更し、別 DataTableの行からデータをマージしようとします。 この例では、パラメーターのさまざまな動作を preserveChanges 示します。


private static void DemonstrateMergeTable()
{
    // Demonstrate merging, within and without
    // preserving changes.

    // In this example, take these actions:
    // 1. Create a DataTable (table1) and fill the table with data.
    // 2. Create a copy of table1, and modify its data (modifiedTable).
    // 3. Modify data in table1.
    // 4. Make a copy of table1 (table1Copy).
    // 5. Merge the data from modifiedTable into table1 and table1Copy,
    //    showing the difference between setting the preserveChanges
    //    parameter to true and false.

    // Create a new DataTable.
    DataTable table1 = new DataTable("Items");

    // Add two columns to the table:
    DataColumn column = new DataColumn("id", typeof(System.Int32));
    column.AutoIncrement = true;
    table1.Columns.Add(column);

    column = new DataColumn("item", typeof(System.String));
    table1.Columns.Add(column);

    // Set primary key column.
    table1.PrimaryKey = new DataColumn[] { table1.Columns[0] };

    // Add some rows.
    DataRow row;
    for (int i = 0; i <= 3; i++)
    {
        row = table1.NewRow();
        row["item"] = "Item " + i;
        table1.Rows.Add(row);
    }

    // Accept changes.
    table1.AcceptChanges();
    PrintValues(table1, "Original values");

    // Using the same schema as the original table,
    // modify the data for later merge.
    DataTable modifiedTable = table1.Copy();
    foreach (DataRow rowModified in modifiedTable.Rows)
    {
        rowModified["item"] = rowModified["item"].ToString()
            + " modified";
    }
    modifiedTable.AcceptChanges();

    // Change row values, and add a new row:
    table1.Rows[0]["item"] = "new Item 0";
    table1.Rows[1]["item"] = "new Item 1";

    row = table1.NewRow();
    row["id"] = 4;
    row["item"] = "Item 4";
    table1.Rows.Add(row);

    // Get a copy of the modified data:
    DataTable table1Copy = table1.Copy();
    PrintValues(table1, "Modified and new Values");
    PrintValues(modifiedTable, "Data to be merged into table1");

    // Merge new data into the modified data.
    table1.Merge(modifiedTable, true);
    PrintValues(table1, "Merged data (preserve changes)");

    table1Copy.Merge(modifiedTable, false);
    PrintValues(table1Copy, "Merged data (don't preserve changes)");
}

private static void PrintValues(DataTable table, string label)
{
    // Display the values in the supplied DataTable:
    Console.WriteLine(label);
    foreach (DataRow row in table.Rows)
    {
        foreach (DataColumn column in table.Columns)
        {
            Console.Write("\t{0}", row[column, DataRowVersion.Current]);
        }
        Console.WriteLine();
    }
}
Private Sub DemonstrateMergeTable()
  ' Demonstrate merging, within and without
  ' preserving changes.

  ' In this example, take these actions:
  ' 1. Create a DataTable (table1) and fill the table with data.
  ' 2. Create a copy of table1, and modify its data (modifiedTable).
  ' 3. Modify data in table1.
  ' 4. Make a copy of table1 (table1Copy).
  ' 5. Merge the data from modifiedTable into table1 and table1Copy, 
  '    showing the difference between setting the preserveChanges 
  '    parameter to true and false.

  ' Create a new DataTable.
  Dim table1 As New DataTable("Items")

  ' Add two columns to the table:
  Dim column As New DataColumn("id", GetType(System.Int32))
  column.AutoIncrement = True
  table1.Columns.Add(column)

  column = New DataColumn("item", GetType(System.String))
  table1.Columns.Add(column)

  ' Set primary key column.
  table1.PrimaryKey = New DataColumn() {table1.Columns(0)}

  ' Add some rows.
  Dim row As DataRow
  For i As Integer = 0 To 3
    row = table1.NewRow()
    row("item") = "Item " & i
    table1.Rows.Add(row)
  Next i

  ' Accept changes.
  table1.AcceptChanges()
  PrintValues(table1, "Original values")

  ' Using the same schema as the original table, 
  ' modify the data for later merge.
  Dim modifiedTable As DataTable = table1.Copy()
  For Each row In modifiedTable.Rows
    row("item") = row("item").ToString() & " modified"
  Next
  modifiedTable.AcceptChanges()

  ' Change row values, and add a new row:
  table1.Rows(0)("item") = "New Item 0"
  table1.Rows(1)("item") = "New Item 1"

  row = table1.NewRow()
  row("id") = 4
  row("item") = "Item 4"
  table1.Rows.Add(row)

  ' Get a copy of the modified data:
  Dim table1Copy As DataTable = table1.Copy()
  PrintValues(table1, "Modified and New Values")
  PrintValues(modifiedTable, "Data to be merged into table1")


  ' Merge new data into the modified data.
  table1.Merge(modifiedTable, True)
  PrintValues(table1, "Merged data (preserve changes)")

  table1Copy.Merge(modifiedTable, False)
  PrintValues(table1Copy, "Merged data (don't preserve changes)")

End Sub

Private Sub PrintValues(ByVal table As DataTable, _
  ByVal label As String)

  ' Display the values in the supplied DataTable:
  Console.WriteLine(label)
  For Each row As DataRow In table.Rows
    For Each column As DataColumn In table.Columns
      Console.Write("{0}{1}", ControlChars.Tab, row(column, _
          DataRowVersion.Current))
    Next column
    Console.WriteLine()
  Next row
End Sub

注釈

Merge メソッドは、スキーマがほぼ似ている 2 つの DataTable オブジェクトをマージするために使用されます。 マージは通常、データ ソースから既存 DataTableの変更に最新の変更を組み込むためにクライアント アプリケーションで使用されます。 これにより、クライアント アプリケーションはデータ ソースの最新のデータで更新 DataTable できます。

マージ操作では、元のテーブルとマージするテーブルのみが考慮されます。 子テーブルは影響を受けたり含めたりしません。 テーブルにリレーションシップの一部として定義された 1 つ以上の子テーブルがある場合は、各子テーブルを個別にマージする必要があります。

通常、この Merge メソッドは、変更の検証、エラーの調整、変更によるデータ ソースの更新、最後に既存 DataTableの更新を含む一連のプロシージャの最後に呼び出されます。

マージを実行する場合、開発者がパラメーターに false を指定しない限り、マージ操作中にマージ前に既存のデータに加えられた変更は preserveChanges 保持されます。 パラメーターが preserveChanges 設定 trueされている場合、受信値は既存の行の現在の行バージョンの既存の値を上書きしません。 パラメーターが preserveChanges 設定 falseされている場合、受信値は既存の行の現在の行バージョンの既存の値を上書きします。 行バージョンについて詳しくは、「行の状態とバージョン」をご覧ください。

クライアント アプリケーションでは、通常、変更されたデータを収集し、中間層コンポーネントに送信する前に検証するボタンをユーザーがクリックできる 1 つのボタンが必要です。 このシナリオでは、メソッドが最初に GetChanges 呼び出されます。 このメソッドは、検証とマージ用に最適化された 2 つ目 DataTable のメソッドを返します。 この 2 番目 DataTableDataTable オブジェクトには、変更されたオブジェクトのみが DataRow 含まれており、その結果、元 DataTableのオブジェクトのサブセットになります。 このサブセットは一般に小さいため、このサブセットはより効率的に中間層コンポーネントに渡されます。 その後、中間層コンポーネントは、ストアド プロシージャを通じて元のデータ ソースを変更して更新します。 その後、中間層は、元のデータとデータ ソースからの最新のデータを含む新しい DataTable データを (元のクエリをもう一度実行して) 送り返すか、データ ソースから行われた変更を含むサブセットを返すことができます。 (たとえば、データ ソースが一意の主キー値を自動的に作成する場合、これらの値をクライアント アプリケーションに反映できます)。どちらの場合も、返された DataTable メソッドを使用して、クライアント アプリケーションの元 DataTable のアプリケーションに Merge マージできます。

When merging a new source DataTable into the target, any source rows with a DataRowState value of Unchanged, Modified, or Deleted are matched to target rows with the same primary key values. 値が DataRowState 1 の Added ソース行は、新しいソース行と同じ主キー値を持つ新しいターゲット行と照合されます。

こちらもご覧ください

適用対象

Merge(DataTable)

指定した DataTable を現在の DataTable とマージします。

public:
 void Merge(System::Data::DataTable ^ table);
public void Merge (System.Data.DataTable table);
member this.Merge : System.Data.DataTable -> unit
Public Sub Merge (table As DataTable)

パラメーター

table
DataTable

現在の DataTable とマージする DataTable

次のコンソール アプリケーションは、単純な DataTable コードを作成し、テーブルにデータを追加します。 次に、テーブルのコピーを作成し、コピーに行を追加します。 最後に、メソッドを Merge 呼び出して、2 番目のテーブルのデータと最初のテーブルのデータをマージします。

private static void DemonstrateMergeTable()
{
    DataTable table1 = new DataTable("Items");

    // Add columns
    DataColumn column1 = new DataColumn("id", typeof(System.Int32));
    DataColumn column2 = new DataColumn("item", typeof(System.Int32));
    table1.Columns.Add(column1);
    table1.Columns.Add(column2);

    // Set the primary key column.
    table1.PrimaryKey = new DataColumn[] { column1 };

    // Add RowChanged event handler for the table.
    table1.RowChanged +=
        new System.Data.DataRowChangeEventHandler(Row_Changed);

    // Add some rows.
    DataRow row;
    for (int i = 0; i <= 3; i++)
    {
        row = table1.NewRow();
        row["id"] = i;
        row["item"] = i;
        table1.Rows.Add(row);
    }

    // Accept changes.
    table1.AcceptChanges();
    PrintValues(table1, "Original values");

    // Create a second DataTable identical to the first.
    DataTable table2 = table1.Clone();

    // Add three rows. Note that the id column can't be the
    // same as existing rows in the original table.
    row = table2.NewRow();
    row["id"] = 14;
    row["item"] = 774;
    table2.Rows.Add(row);

    row = table2.NewRow();
    row["id"] = 12;
    row["item"] = 555;
    table2.Rows.Add(row);

    row = table2.NewRow();
    row["id"] = 13;
    row["item"] = 665;
    table2.Rows.Add(row);

    // Merge table2 into the table1.
    Console.WriteLine("Merging");
    table1.Merge(table2);
    PrintValues(table1, "Merged With table1");
}

private static void Row_Changed(object sender,
    DataRowChangeEventArgs e)
{
    Console.WriteLine("Row changed {0}\t{1}",
        e.Action, e.Row.ItemArray[0]);
}

private static void PrintValues(DataTable table, string label)
{
    // Display the values in the supplied DataTable:
    Console.WriteLine(label);
    foreach (DataRow row in table.Rows)
    {
        foreach (DataColumn col in table.Columns)
        {
            Console.Write("\t " + row[col].ToString());
        }
        Console.WriteLine();
    }
}
Private Sub DemonstrateMergeTable()
  Dim table1 As New DataTable("Items")

  ' Add columns
  Dim column1 As New DataColumn("id", GetType(System.Int32))
  Dim column2 As New DataColumn("item", GetType(System.Int32))
  table1.Columns.Add(column1)
  table1.Columns.Add(column2)

  ' Set the primary key column.
  table1.PrimaryKey = New DataColumn() {column1}

  ' Add RowChanged event handler for the table.
  AddHandler table1.RowChanged, AddressOf Row_Changed

  ' Add some rows.
  Dim row As DataRow
  For i As Integer = 0 To 3
    row = table1.NewRow()
    row("id") = i
    row("item") = i
    table1.Rows.Add(row)
  Next i

  ' Accept changes.
  table1.AcceptChanges()
  PrintValues(table1, "Original values")

  ' Create a second DataTable identical to the first.
  Dim table2 As DataTable = table1.Clone()

  ' Add three rows. Note that the id column can't be the 
  ' same as existing rows in the original table.
  row = table2.NewRow()
  row("id") = 14
  row("item") = 774
  table2.Rows.Add(row)

  row = table2.NewRow()
  row("id") = 12
  row("item") = 555
  table2.Rows.Add(row)

  row = table2.NewRow()
  row("id") = 13
  row("item") = 665
  table2.Rows.Add(row)

  ' Merge table2 into the table1.
  Console.WriteLine("Merging")
  table1.Merge(table2)
  PrintValues(table1, "Merged With table1")

End Sub

Private Sub Row_Changed(ByVal sender As Object, _
  ByVal e As DataRowChangeEventArgs)
  Console.WriteLine("Row changed {0}{1}{2}", _
    e.Action, ControlChars.Tab, e.Row.ItemArray(0))
End Sub

Private Sub PrintValues(ByVal table As DataTable, _
  ByVal label As String)
  ' Display the values in the supplied DataTable:
  Console.WriteLine(label)
  For Each row As DataRow In table.Rows
    For Each col As DataColumn In table.Columns
      Console.Write(ControlChars.Tab + " " + row(col).ToString())
    Next col
    Console.WriteLine()
  Next row
End Sub

注釈

Merge メソッドは、スキーマがほぼ似ている 2 つの DataTable オブジェクトをマージするために使用されます。 マージは通常、データ ソースから既存 DataTableの変更に最新の変更を組み込むためにクライアント アプリケーションで使用されます。 これにより、クライアント アプリケーションはデータ ソースの最新のデータで更新 DataTable できます。

マージ操作では、元のテーブルとマージするテーブルのみが考慮されます。 子テーブルは影響を受けたり含めたりしません。 テーブルにリレーションシップの一部として定義された 1 つ以上の子テーブルがある場合は、各子テーブルを個別にマージする必要があります。

通常、この Merge メソッドは、変更の検証、エラーの調整、変更によるデータ ソースの更新、最後に既存 DataTableの更新を含む一連のプロシージャの最後に呼び出されます。

マージを実行すると、マージ操作中に、マージ前に既存のデータに加えられた変更が既定で保持されます。 開発者は、このメソッドの他の 2 つのオーバーロードのいずれかを呼び出し、パラメーターに false 値を指定することで、この動作を preserveChanges 変更できます。

クライアント アプリケーションでは、通常、変更されたデータを収集し、中間層コンポーネントに送信する前に検証するボタンをユーザーがクリックできる 1 つのボタンが必要です。 このシナリオでは、メソッドが最初に GetChanges 呼び出されます。 このメソッドは、検証とマージ用に最適化された 2 つ目 DataTable のメソッドを返します。 この 2 番目 DataTableDataRow オブジェクトには、変更されたオブジェクトのみが含まれるため、元 DataTableのオブジェクトのサブセットになります。 このサブセットは一般に小さく、中間層コンポーネントにより効率的に返されます。 その後、中間層コンポーネントは、ストアド プロシージャを通じて元のデータ ソースを変更して更新します。 その後、中間層は、元のデータとデータ ソースからの最新のデータを含む新しい DataTable データを (元のクエリをもう一度実行して) 送り返すか、データ ソースから行われた変更を含むサブセットを返すことができます。 (たとえば、データ ソースが一意の主キー値を自動的に作成する場合、これらの値をクライアント アプリケーションに反映できます)。どちらの場合も、返された DataTable メソッドを使用して、クライアント アプリケーションの元 DataTable のアプリケーションに Merge マージできます。

新しいソースDataTableをターゲットにマージすると、値が (Modifiedまたは Deleted) のUnchangedソース行DataRowStateは、同じ主キー値を持つターゲット行と照合されます。 値が DataRowState 1 の Added ソース行は、新しいソース行と同じ主キー値を持つ新しいターゲット行と照合されます。

こちらもご覧ください

適用対象