ObjectContext クラス

定義

ObjectContext は、CLR とデータベース間の接続をカプセル化する最上位オブジェクトで、作成、読み取り、更新、および削除の各操作のゲートウェイとして機能します。

[System.Diagnostics.CodeAnalysis.SuppressMessage("Microsoft.Maintainability", "CA1506:AvoidExcessiveClassCoupling")]
public class ObjectContext : IDisposable, System.Data.Entity.Infrastructure.IObjectContextAdapter
type ObjectContext = class
    interface IDisposable
    interface IObjectContextAdapter
Public Class ObjectContext
Implements IDisposable, IObjectContextAdapter
継承
ObjectContext
属性
実装

コンストラクター

ObjectContext(EntityConnection)

指定された接続を使用して、ObjectContext クラスの新しいインスタンスを初期化します。 構築時に、メタデータワークスペースが EntityConnection オブジェクト。

ObjectContext(EntityConnection, Boolean)

指定された接続とメタデータワークスペースを使用して ObjectContext を作成します。

ObjectContext(EntityConnection, String)

指定された接続およびエンティティ コンテナー名を使用して、ObjectContext クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ObjectContext(String)

指定された接続文字列および既定のエンティティ コンテナー名を使用して、ObjectContext クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ObjectContext(String, String)

指定された接続文字列およびエンティティ コンテナー名を使用して、ObjectContext クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CommandTimeout

すべてのオブジェクト コンテキスト操作のタイムアウト値の秒数を取得または設定します。 null 値は、基になるプロバイダーの既定値が使用されることを示します。

Connection

オブジェクト コンテキストで使用される接続を取得します。

ContextOptions

ObjectContextOptionsの動作に影響するオプションを格納しているインスタンスを取得します。ObjectContext .

DefaultContainerName

既定のコンテナー名を取得または設定します。

InterceptionContext

DbInterceptionContextこのコンテキストで使用されているを返します。

MetadataWorkspace

オブジェクト コンテキストで使用されるメタデータ ワークスペースを取得します。

ObjectStateManager

オブジェクトの変更を追跡するためにオブジェクト コンテキストで使用されるオブジェクト状態マネージャーを取得します。

QueryProvider

このオブジェクト コンテキストに関連付けられている LINQ クエリ プロバイダーを取得します。

TransactionHandler

このコンテキストで使用されているトランザクションハンドラーを取得します。 トランザクションが開始されていない場合は null を指定できます。

メソッド

AcceptAllChanges()

オブジェクト コンテキストでのオブジェクトに対するすべての変更を受け入れます。

AddObject(String, Object)

オブジェクトをオブジェクト コンテキストに追加します。

ApplyCurrentValues<TEntity>(String, TEntity)

指定されたオブジェクトのスカラー値を、内のオブジェクトにコピーします。 ObjectContext 同じキーを持つ。

ApplyOriginalValues<TEntity>(String, TEntity)

指定されたオブジェクトのスカラー値を、のオブジェクトの元の値のセットにコピーします。 ObjectContext 同じキーを持つ。

ApplyPropertyChanges(String, Object)
互換性のために残されています。

デタッチしたオブジェクトのプロパティの変更を、オブジェクト コンテキストに既にアタッチされているオブジェクトに適用します。

Attach(IEntityWithKey)

オブジェクトがエンティティ キーを持つ場合にオブジェクトまたはオブジェクト グラフをオブジェクト コンテキストにアタッチします。

AttachTo(String, Object)

オブジェクトまたはオブジェクト グラフをオブジェクト コンテキストの特定のエンティティ セットにアタッチします。

CreateDatabase()

現在のデータソース接続とのメタデータを使用して、データベースを作成します。 StoreItemCollection .

CreateDatabaseScript()

のメタデータに対するスキーマオブジェクト (テーブル、主キー、外部キー) を作成するデータ定義言語 (DDL) スクリプトを生成します。 StoreItemCollection . StoreItemCollection ストアスキーマ定義言語 (SSDL) ファイルからメタデータを読み込みます。

CreateEntityKey(String, Object)

特定のオブジェクトのエンティティ キーを作成するか、エンティティ キーが既に存在する場合はそのエンティティ キーを返します。

CreateObject<T>()

要求された型のインスタンスを作成して返します。

CreateObjectSet<TEntity>()

指定したエンティティ型のオブジェクトを照会、作成、変更、および削除するために使用される新しい ObjectSet<TEntity> インスタンスを作成します。

CreateObjectSet<TEntity>(String)

指定したエンティティ セット名を使用して、指定したエンティティ型のオブジェクトを照会、作成、変更、および削除するために使用される新しい ObjectSet<TEntity> インスタンスを作成します。

CreateProxyTypes(IEnumerable<Type>)

列挙体で指定されたそれぞれの型に対して、Entity Framework で使用できる同等の型を生成します。

CreateQuery<T>(String, ObjectParameter[])

指定されたクエリ文字列を使用して、現在のオブジェクト コンテキストで ObjectQuery<T> を作成します。

DatabaseExists()

現在のストア接続でデータベースとして指定されているデータベースがストアに存在するかどうかを確認します。 実際の作業のほとんどは、現在のストア接続の DbProviderServices 実装によって行われます。

DeleteDatabase()

現在のデータ ソース接続でデータベースとして指定されているデータベースを削除します。

DeleteObject(Object)

オブジェクトを削除の対象としてマークします。

Detach(Object)

オブジェクトをオブジェクト コンテキストから削除します。

DetectChanges()

ObjectStateEntry変更が、によって追跡されるすべてのオブジェクトの変更と同期されるようにします。ObjectStateManager .

Dispose()

オブジェクト コンテキストで使用されるリソースを解放します。

Dispose(Boolean)

オブジェクト コンテキストで使用されるリソースを解放します。

ExecuteFunction(String, ObjectParameter[])

データ ソースで定義され、概念モデルで表現されるストアド プロシージャまたは関数を実行します。関数から返される結果は破棄され、実行によって影響を受けた行の数が返されます。

ExecuteFunction<TElement>(String, ExecutionOptions, ObjectParameter[])

指定された関数を既定のコンテナーで実行します。

ExecuteFunction<TElement>(String, MergeOption, ObjectParameter[])

データ ソースで定義され、概念モデルで表現される指定のストアド プロシージャまたは関数を、パラメーターとマージ オプションを指定して実行します。 型指定されたを返します ObjectResult<T> .

ExecuteFunction<TElement>(String, ObjectParameter[])

データ ソースで定義され、概念モデルにマップされたストアド プロシージャまたは関数を、パラメーターを指定して実行します。 型指定されたを返します ObjectResult<T> .

ExecuteStoreCommand(String, Object[])

既存の接続を使用して、データ ソースに対して任意のコマンドを直接実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommand ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommand ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreCommand(TransactionalBehavior, String, Object[])

既存の接続を使用して、データ ソースに対して任意のコマンドを直接実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommand ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommand ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreCommandAsync(String, CancellationToken, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreCommandAsync(String, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreCommandAsync(TransactionalBehavior, String, CancellationToken, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreCommandAsync(TransactionalBehavior, String, Object[])

既存の接続を使用して、データソースに対して任意のコマンドを非同期的に実行します。 コマンドは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreCommandAsync ("UPDATE dbo.Post SET レーティング = 5 WHERE Author = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreQuery<TElement>(String, ExecutionOptions, Object[])

データ ソースに対してクエリを直接実行し、型指定された結果のシーケンスを返します。 クエリは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定されます。 結果はコンテキストによって追跡されません。結果を追跡するには、エンティティセット名を指定するオーバーロードを使用します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreQuery < Post > ("SELECT * FROM dbo" を実行します。投稿者 = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreQuery < Post > ("SELECT * FROM dbo" を実行します。投稿者 = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreQuery<TElement>(String, Object[])

データ ソースに対してクエリを直接実行し、型指定された結果のシーケンスを返します。 クエリは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定されます。 結果はコンテキストによって追跡されません。結果を追跡するには、エンティティセット名を指定するオーバーロードを使用します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreQuery < Post > ("SELECT * FROM dbo" を実行します。投稿者 = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreQuery < Post > ("SELECT * FROM dbo" を実行します。投稿者 = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreQuery<TElement>(String, String, ExecutionOptions, Object[])

データ ソースに対してクエリを直接実行し、型指定された結果のシーケンスを返します。 クエリは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定されます。 エンティティセット名が指定されている場合、結果はコンテキストによって追跡されます。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreQuery < Post > ("SELECT * FROM dbo" を実行します。投稿者 = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreQuery < Post > ("SELECT * FROM dbo" を実行します。投稿者 = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreQuery<TElement>(String, String, MergeOption, Object[])

データ ソースに対してクエリを直接実行し、型指定された結果のシーケンスを返します。 クエリは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定されます。 エンティティセット名が指定されている場合、結果はコンテキストによって追跡されます。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreQuery < Post > ("SELECT * FROM dbo" を実行します。投稿者 = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreQuery < Post > ("SELECT * FROM dbo" を実行します。投稿者 = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreQueryAsync<TElement>(String, CancellationToken, Object[])

データソースに対して直接クエリを実行し、型指定された結果のシーケンスを返します。 クエリは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定されます。 結果はコンテキストによって追跡されません。結果を追跡するには、エンティティセット名を指定するオーバーロードを使用します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreQueryAsync<TElement>(String, ExecutionOptions, CancellationToken, Object[])

データソースに対して直接クエリを実行し、型指定された結果のシーケンスを返します。 クエリは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定されます。 結果はコンテキストによって追跡されません。結果を追跡するには、エンティティセット名を指定するオーバーロードを使用します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreQueryAsync<TElement>(String, ExecutionOptions, Object[])

データソースに対して直接クエリを実行し、型指定された結果のシーケンスを返します。 クエリは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定されます。 結果はコンテキストによって追跡されません。結果を追跡するには、エンティティセット名を指定するオーバーロードを使用します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreQueryAsync<TElement>(String, Object[])

データソースに対して直接クエリを実行し、型指定された結果のシーケンスを返します。 クエリは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定されます。 結果はコンテキストによって追跡されません。結果を追跡するには、エンティティセット名を指定するオーバーロードを使用します。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreQueryAsync<TElement>(String, String, ExecutionOptions, CancellationToken, Object[])

データソースに対して直接クエリを実行し、型指定された結果のシーケンスを返します。 クエリは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定されます。 エンティティセット名が指定されている場合、結果はコンテキストによって追跡されます。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

ExecuteStoreQueryAsync<TElement>(String, String, ExecutionOptions, Object[])

データソースに対して直接クエリを実行し、型指定された結果のシーケンスを返します。 クエリは、サーバーのネイティブクエリ言語 (SQL など) を使用して指定されます。 エンティティセット名が指定されている場合、結果はコンテキストによって追跡されます。

SQL を受け入れる API と同様に、SQL インジェクション攻撃から保護するために、ユーザー入力をパラメーター化することが重要です。 パラメータープレースホルダーを SQL クエリ文字列に含め、パラメーター値を追加の引数として指定できます。 指定したパラメーター値は、自動的に DbParameter に変換されます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @p0 ", userSuppliedAuthor);または、DbParameter を構築して SqlQuery に渡すこともできます。 こうすることで、SQL クエリ文字列に名前付きパラメーターを使用できます。 context.ExecuteStoreQueryAsync < Post > ("SELECT * FROM dbo" を選択します。投稿者 = @author ", New SqlParameter (" @author ", userSuppliedAuthor));

Finalize()

クラスのインスタンスを終了 ObjectContext します。

GetKnownProxyTypes()

既存のプロキシ型をすべて返します。

GetObjectByKey(EntityKey)

指定されたエンティティ キーを持つオブジェクトを返します。

GetObjectType(Type)

指定した型のプロキシ オブジェクトに関連付けられている POCO エンティティのエンティティ型を返します。

LoadProperty(Object, String)

指定したナビゲーション プロパティと既定のマージ オプションを使用して、指定したオブジェクトに関連するオブジェクトを明示的に読み込みます。

LoadProperty(Object, String, MergeOption)

指定したナビゲーション プロパティと指定したマージ オプションを使用して、指定したオブジェクトに関連するオブジェクトを明示的に読み込みます。

LoadProperty<TEntity>(TEntity, Expression<Func<TEntity,Object>>)

指定した LINQ クエリと既定のマージ オプションを使用して、指定したオブジェクトに関連するオブジェクトを明示的に読み込みます。

LoadProperty<TEntity>(TEntity, Expression<Func<TEntity,Object>>, MergeOption)

指定した LINQ クエリと指定したマージ オプションを使用して、指定したオブジェクトに関連するオブジェクトを明示的に読み込みます。

Refresh(RefreshMode, IEnumerable)

オブジェクトコンテキスト内のオブジェクトのコレクションを、データベースのデータで更新します。

Refresh(RefreshMode, Object)

オブジェクトコンテキスト内のオブジェクトを、データベースのデータで更新します。

RefreshAsync(RefreshMode, IEnumerable)

オブジェクトコンテキスト内のオブジェクトのコレクションを、データベースのデータで非同期に更新します。

RefreshAsync(RefreshMode, IEnumerable, CancellationToken)

オブジェクトコンテキスト内のオブジェクトのコレクションを、データベースのデータで非同期に更新します。

RefreshAsync(RefreshMode, Object)

オブジェクトコンテキスト内のオブジェクトを、データベースのデータで非同期に更新します。

RefreshAsync(RefreshMode, Object, CancellationToken)

オブジェクトコンテキスト内のオブジェクトを、データベースのデータで非同期に更新します。

SaveChanges()

すべての更新をデータベースに保存し、オブジェクトコンテキストで変更の追跡をリセットします。

SaveChanges(Boolean)
互換性のために残されています。

すべての更新をデータベースに保存し、必要に応じてオブジェクトコンテキストの変更の追跡をリセットします。

SaveChanges(SaveOptions)

すべての更新をデータベースに保存し、必要に応じてオブジェクトコンテキストの変更の追跡をリセットします。

SaveChangesAsync()

すべての更新をデータベースに非同期に保持し、オブジェクトコンテキストで変更の追跡をリセットします。

SaveChangesAsync(CancellationToken)

すべての更新をデータベースに非同期に保持し、オブジェクトコンテキストで変更の追跡をリセットします。

SaveChangesAsync(SaveOptions)

すべての更新をデータベースに非同期に保持し、必要に応じてオブジェクトコンテキストで変更の追跡をリセットします。

SaveChangesAsync(SaveOptions, CancellationToken)

すべての更新をデータベースに非同期に保持し、必要に応じてオブジェクトコンテキストで変更の追跡をリセットします。

Translate<TElement>(DbDataReader)

エンティティ データの行を含む DbDataReader を、要求されたエンティティ型のオブジェクトに変換します。

Translate<TEntity>(DbDataReader, String, MergeOption)

エンティティ セットとマージ オプションを指定して、エンティティ データの行を含む DbDataReader を、要求されたエンティティ型のオブジェクトに変換します。

TryGetObjectByKey(EntityKey, Object)

指定されたエンティティ キーを持つオブジェクトを返します。

イベント

ObjectMaterialized

クエリまたは読み込み操作の一部として、データ ソース内のデータから新しいエンティティ オブジェクトが作成されたときに発生します。

SavingChanges

変更内容がデータ ソースに保存されるときに発生します。

明示的なインターフェイスの実装

IObjectContextAdapter.ObjectContext

はそれ自体を返します。 ObjectContext を実装 IObjectContextAdapter すると、と objectcontext の共通インターフェイスが提供 DbContext され、その両方が基になる ObjectContext を返します。

適用対象