EntityDataReader クラス

定義

データ ソースから、前方参照専用の行のストリームを読み取ります。Reads a forward-only stream of rows from a data source.

public ref class EntityDataReader : System::Data::Common::DbDataReader, System::Data::IExtendedDataRecord
public class EntityDataReader : System.Data.Common.DbDataReader, System.Data.IExtendedDataRecord
type EntityDataReader = class
    inherit DbDataReader
    interface IExtendedDataRecord
    interface IDataRecord
Public Class EntityDataReader
Inherits DbDataReader
Implements IExtendedDataRecord
継承
実装

注釈

DbDataReader クラスと IExtendedDataRecord インターフェイスの機能が組み合わされています。Combines the functionality of the DbDataReader class and the IExtendedDataRecord interface.

EntityDataReader には、バプリック コンストラクターがありません。An EntityDataReader has no public constructor. これは、メソッドのオーバーロードのいずれかによってのみ取得でき EntityCommand.ExecuteReader ます。It can only be obtained through one of the EntityCommand.ExecuteReader method overloads.

SQL Server は、ストアド プロシージャの出力パラメーターを結果ストリームの末尾のすべての結果セットの後に配置します。SQL Server puts output parameters from stored procedures at the end of the result stream, after all the result sets. したがって、出力パラメーター値を取得するには、アプリケーションはすべての結果セットのすべてのレコードを使用する必要があります。Therefore, to get output parameter values, an application must consume all the records in all the result sets. アプリケーションが EntityDataReader を終了する (つまり DbDataReader も終了する) と、出力パラメーターが読み込まれない場合があります。If the application closes the EntityDataReader (which would also close the DbDataReader), output parameters might not be populated.

EntityDataReader では、暗黙的に結果セットを使用して出力パラメーターを使用可能にすることはありません。EntityDataReader does not implicitly consume result sets to make output parameters available. したがって、次の点に注意してください。Therefore, note the following:

コード例については、「 EntityClient の使用」を参照してください。For code examples, see Working with EntityClient.

プロパティ

DataRecordInfo

この DataRecordInfoIExtendedDataRecord を取得します。Gets DataRecordInfo for this IExtendedDataRecord.

Depth

現在の行の入れ子の深さを示す値を取得します。Gets a value indicating the depth of nesting for the current row.

FieldCount

現在の行の列の数を取得します。Gets the number of columns in the current row.

HasRows

この EntityDataReader に 1 つ以上の行が含まれているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this EntityDataReader contains one or more rows.

IsClosed

EntityDataReader が閉じているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the EntityDataReader is closed.

Item[Int32]

指定された列の値を Object のインスタンスとして取得します。Gets the value of the specified column as an instance of Object.

Item[String]

指定された列の値を Object のインスタンスとして取得します。Gets the value of the specified column as an instance of Object.

RecordsAffected

SQL ステートメントの実行によって変更、挿入、または削除された行の数を取得します。Gets the number of rows changed, inserted, or deleted by execution of the SQL statement.

VisibleFieldCount

EntityDataReader 内の表示フィールドの数を取得します。Gets the number of fields in the EntityDataReader that are not hidden.

メソッド

Close()

EntityDataReader オブジェクトを閉じます。Closes the EntityDataReader object.

CloseAsync()

DbDataReader オブジェクトを非同期に閉じます。Asynchronously closes the DbDataReader object.

(継承元 DbDataReader)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

DbDataReader クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the current instance of the DbDataReader class.

(継承元 DbDataReader)
Dispose(Boolean)

この EntityDataReader によって使用されるリソースを解放し、Close() を呼び出します。Releases the resources consumed by this EntityDataReader and calls Close().

DisposeAsync()

DbDataReader クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを非同期で解放します。Asynchronously releases all resources used by the current instance of the DbDataReader class.

(継承元 DbDataReader)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetBoolean(Int32)

指定された列の値を Boolean として取得します。Gets the value of the specified column as a Boolean.

GetByte(Int32)

指定された列の値をバイトとして取得します。Gets the value of the specified column as a byte.

GetBytes(Int32, Int64, Byte[], Int32, Int32)

指定した列の dataIndex で指定された位置から開始されるバイト ストリームを、バッファーの bufferIndex で指定された開始位置に読み込みます。Reads a stream of bytes from the specified column, starting at location indicated by dataIndex, into the buffer, starting at the location indicated by bufferIndex.

GetChar(Int32)

指定した列の値を単一の文字として取得します。Gets the value of the specified column as a single character.

GetChars(Int32, Int64, Char[], Int32, Int32)

指定した列の dataIndex で指定された位置から開始される文字ストリームを、バッファーの bufferIndex で指定された開始位置に読み込みます。Reads a stream of characters from the specified column, starting at location indicated by dataIndex, into the buffer, starting at the location indicated by bufferIndex.

GetColumnSchemaAsync(CancellationToken)

これは GetColumnSchema(DbDataReader) の非同期バージョンです。This is the asynchronous version of GetColumnSchema(DbDataReader). プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。Providers should override with an appropriate implementation. 必要に応じて、cancellationToken を優先できます。The cancellationToken can optionally be honored. 既定の実装は同期 GetColumnSchema(DbDataReader) コールを呼び出し、完了したタスクを返します。The default implementation invokes the synchronous GetColumnSchema(DbDataReader) call and returns a completed task. 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。The default implementation will return a cancelled task if passed an already cancelled cancellationToken. GetColumnSchema(DbDataReader) によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。Exceptions thrown by GetColumnSchema(DbDataReader) will be communicated via the returned Task Exception property.

(継承元 DbDataReader)
GetData(Int32)

要求された列に対して、入れ子になったデータ リーダーを返します。Returns a nested data reader for the requested column.

(継承元 DbDataReader)
GetDataReader(Int32)

入れ子になったリーダーを DbDataReader オブジェクトとして返します。Returns nested readers as DbDataReader objects.

GetDataRecord(Int32)

入れ子になった DbDataRecord を返します。Returns a nested DbDataRecord.

GetDataTypeName(Int32)

指定した列のデータ型の名前を取得します。Gets the name of the data type of the specified column.

GetDateTime(Int32)

指定された列の値を DateTime オブジェクトとして取得します。Gets the value of the specified column as a DateTime object.

GetDbDataReader(Int32)

プロバイダー固有の実装でオーバーライドできる、要求された列序数に対応した DbDataReader オブジェクトを返します。Returns a DbDataReader object for the requested column ordinal that can be overridden with a provider-specific implementation.

GetDecimal(Int32)

指定された列の値を Decimal オブジェクトとして取得します。Gets the value of the specified column as a Decimal object.

GetDouble(Int32)

指定した列の値を倍精度浮動小数点数として取得します。Gets the value of the specified column as a double-precision floating point number.

GetEnumerator()

データ リーダー内の行に対して反復処理を行うために使用できる IEnumerator を返します。Returns an IEnumerator that can be used to iterate through the rows in the data reader.

GetFieldType(Int32)

指定された列のデータ型を取得します。Gets the data type of the specified column.

GetFieldValue<T>(Int32)

要求された型として指定した列の値を取得します。Gets the value of the specified column as the requested type.

(継承元 DbDataReader)
GetFieldValueAsync<T>(Int32)

要求された型として指定された列の値を非同期で取得します。Asynchronously gets the value of the specified column as the requested type.

(継承元 DbDataReader)
GetFieldValueAsync<T>(Int32, CancellationToken)

要求された型として指定された列の値を非同期で取得します。Asynchronously gets the value of the specified column as the requested type.

(継承元 DbDataReader)
GetFloat(Int32)

指定された列の値を単精度浮動小数点値として取得します。Gets the value of the specified column as a single-precision floating point number.

GetGuid(Int32)

指定された列の値をグローバル一意識別子 (GUID) として取得します。Gets the value of the specified column as a globally-unique identifier (GUID).

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetInt16(Int32)

指定した列の値を 16 ビット符号付き整数として取得します。Gets the value of the specified column as a 16-bit signed integer.

GetInt32(Int32)

指定された列の値を 32 ビット符号付き整数として取得します。Gets the value of the specified column as a 32-bit signed integer.

GetInt64(Int32)

指定された列の値を 64 ビット符号付き整数として取得します。Gets the value of the specified column as a 64-bit signed integer.

GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetName(Int32)

0 から始まる列序数で指定された列の値を取得します。Gets the name of the column, given the zero-based column ordinal.

GetOrdinal(String)

名前で指定された列の列序数を取得します。Gets the column ordinal given the name of the column.

GetProviderSpecificFieldType(Int32)

指定された列の、プロバイダー固有のフィールド型を返します。Returns the provider-specific field type of the specified column.

GetProviderSpecificValue(Int32)

指定された列の値を Object のインスタンスとして取得します。Gets the value of the specified column as an instance of Object.

GetProviderSpecificValues(Object[])

現在の行のコレクション内にあるプロバイダー固有の属性列をすべて取得します。Gets all provider-specific attribute columns in the collection for the current row.

GetSchemaTable()

DataTable の列メタデータを記述する DbDataReader を返します。Returns a DataTable that describes the column metadata of the DbDataReader.

GetSchemaTableAsync(CancellationToken)

これは GetSchemaTable() の非同期バージョンです。This is the asynchronous version of GetSchemaTable(). プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。Providers should override with an appropriate implementation. 必要に応じて、cancellationToken を優先できます。The cancellationToken can optionally be honored. 既定の実装は同期 GetSchemaTable() コールを呼び出し、完了したタスクを返します。The default implementation invokes the synchronous GetSchemaTable() call and returns a completed task. 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。The default implementation will return a cancelled task if passed an already cancelled cancellationToken. GetSchemaTable() によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。Exceptions thrown by GetSchemaTable() will be communicated via the returned Task Exception property.

(継承元 DbDataReader)
GetStream(Int32)

指定された列からデータを取得する目的でストリームを取得します。Gets a stream to retrieve data from the specified column.

(継承元 DbDataReader)
GetString(Int32)

指定された列の値を String のインスタンスとして取得します。Gets the value of the specified column as an instance of String.

GetTextReader(Int32)

列からデータを取得する目的でテキスト リーダーを取得します。Gets a text reader to retrieve data from the column.

(継承元 DbDataReader)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetValue(Int32)

指定された列の値を Object のインスタンスとして取得します。Gets the value of the specified column as an instance of Object.

GetValues(Object[])

オブジェクトの配列に現在行の列値を設定します。Populates an array of objects with the column values of the current row.

InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
IsDBNull(Int32)

存在しない値や欠落値が列に含まれているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the column contains nonexistent or missing values.

IsDBNullAsync(Int32)

列に格納されている値が存在しない値または欠損値かどうかを示す値を非同期で取得します。Asynchronously gets a value that indicates whether the column contains non-existent or missing values.

(継承元 DbDataReader)
IsDBNullAsync(Int32, CancellationToken)

列に格納されている値が存在しない値または欠損値かどうかを示す値を非同期で取得します。Asynchronously gets a value that indicates whether the column contains non-existent or missing values.

(継承元 DbDataReader)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
NextResult()

バッチ ステートメントの結果を読み取っているときに、次の結果にリーダーを進めます。Advances the reader to the next result when reading the results of a batch of statements.

NextResultAsync()

バッチ ステートメントの結果を読み取っているときに、次の結果にリーダーを非同期で進めます。Asynchronously advances the reader to the next result when reading the results of a batch of statements.

(継承元 DbDataReader)
NextResultAsync(CancellationToken)

バッチ ステートメントの結果を読み取っているときに、次の結果にリーダーを非同期で進めます。Asynchronously advances the reader to the next result when reading the results of a batch of statements.

(継承元 DbDataReader)
Read()

結果セット内の次のレコードにリーダーを進めます。Advances the reader to the next record in a result set.

ReadAsync()

結果セット内の次のレコードにリーダーを非同期で進めます。Asynchronously advances the reader to the next record in a result set.

(継承元 DbDataReader)
ReadAsync(CancellationToken)

結果セット内の次のレコードにリーダーを非同期で進めます。Asynchronously advances the reader to the next record in a result set.

(継承元 DbDataReader)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

IDataReader.Close()

このメンバーの詳細については、「Close()」をご覧ください。For a description of this member, see Close().

(継承元 DbDataReader)
IDataReader.GetSchemaTable()

このメンバーの詳細については、「GetSchemaTable()」をご覧ください。For a description of this member, see GetSchemaTable().

(継承元 DbDataReader)
IDataRecord.GetData(Int32)

このメンバーの詳細については、「GetData(Int32)」をご覧ください。For a description of this member, see GetData(Int32).

(継承元 DbDataReader)

拡張メソッド

CanGetColumnSchema(DbDataReader)

DbDataReader が列スキーマを取得できるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether a DbDataReader can get a column schema.

GetColumnSchema(DbDataReader)

DbDataReader 用に、列のスキーマ (DbColumn コレクション) を取得します。Gets the column schema (DbColumn collection) for a DbDataReader.

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。Casts the elements of an IEnumerable to the specified type.

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。Filters the elements of an IEnumerable based on a specified type.

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。Enables parallelization of a query.

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。Converts an IEnumerable to an IQueryable.

適用対象