IColumnMapping インターフェイス

定義

データ ソース列に DataSet 列を関連付けます。この関連付けは、.NET データ プロバイダーによって共通に使用される DataColumnMapping クラスによって実装されます。Associates a data source column with a DataSet column, and is implemented by the DataColumnMapping class, which is used in common by .NET data providers.

public interface class IColumnMapping
public interface IColumnMapping
type IColumnMapping = interface
Public Interface IColumnMapping
派生

次の例では、派生クラスのインスタンスを作成 DataColumnMapping し、それをコレクションに追加し DataColumnMappingCollection ます。The following example creates an instance of the derived class, DataColumnMapping, and adds it to a DataColumnMappingCollection collection. 次に、マッピングがコレクションに追加されたことをユーザーに通知し、マッピングの親を表示します。It then tells the user that the mapping was added to the collection and shows the parent for the mapping.


public void AddDataColumnMapping() {
   // ...
   // create columnMappings
   // ...
   DataColumnMapping mapping =
      new DataColumnMapping("Description","DataDescription");
   columnMappings.Add((Object) mapping);
   Console.WriteLine("Column {0} added to column mapping collection {1}.",
       mapping.ToString(), columnMappings.ToString());
}
Public Sub AddDataColumnMapping()
    ' ...
    ' create columnMappings
    ' ...
    Dim mapping As New DataColumnMapping( _
       "Description", "DataDescription")
    columnMappings.Add(CType(mapping, Object))
    Console.WriteLine("Column {0} added to column mapping collection {1}.", _
       mapping.ToString(), columnMappings.ToString())
End Sub

注釈

IColumnMappingインターフェイスを使用すると、継承クラスで列マッピングクラスを実装できます。これにより、データソース列と列が関連付けら DataSet れます。The IColumnMapping interface enables an inheriting class to implement a Column Mapping class, which associates a data source column with a DataSet column. 詳細については、「 DataAdapter DataTable」と「DataColumn Mappings」を参照してください。For more information, see DataAdapter DataTable and DataColumn Mappings.

アプリケーションは、インターフェイスのインスタンスを直接作成するのではなく IColumnMapping 、を継承するクラスのインスタンスを作成し IColumnMapping ます。An application does not create an instance of the IColumnMapping interface directly, but creates an instance of a class that inherits IColumnMapping.

を継承するクラスは IColumnMapping 、継承されたすべてのメンバーを実装する必要があり、通常は、プロバイダー固有の機能を追加するための追加メンバーを定義します。Classes that inherit IColumnMapping must implement all inherited members, and typically define additional members to add provider-specific functionality. たとえば、インターフェイスは IColumnMapping プロパティを定義し DataSetColumn ます。For example, the IColumnMapping interface defines the DataSetColumn property. 次に、 DataColumnMapping クラスはこのプロパティを継承し、メソッドも定義し GetDataColumnBySchemaAction ます。In turn, the DataColumnMapping class inherits this property, and also defines the GetDataColumnBySchemaAction method.

注意 (実装者)

インターフェイスから継承する場合は、 IColumnMapping 次のコンストラクターを実装する必要があります。When you inherit from the IColumnMapping interface, you should implement the following constructors:

アイテムItem 説明Description
ColumnMapping ()ColumnMapping() ColumnMapping クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ColumnMapping class.
ColumnMapping (文字列 sourceColumn、文字列 dataSetColumn)ColumnMapping(string sourceColumn, string dataSetColumn) 指定したソース列名と列名を持つソースを使用して、ColumnMapping クラスの新しいインスタンスを初期化し DataSet ます。Initializes a new instance of the ColumnMapping class with a source with the specified source column name and DataSet column name.

プロパティ

DataSetColumn

割り当て先の DataSet 内の列の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the column within the DataSet to map to.

SourceColumn

割り当て元のデータ ソース内の列の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the column within the data source to map from. 名前の大文字と小文字は区別されます。The name is case-sensitive.

適用対象