IDataAdapter.Update(DataSet) IDataAdapter.Update(DataSet) IDataAdapter.Update(DataSet) Method

定義

指定された DataSet 内の Table という名前の DataTable に含まれる挿入行、更新行、または削除行に対して、INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に呼び出します。Calls the respective INSERT, UPDATE, or DELETE statements for each inserted, updated, or deleted row in the specified DataSet from a DataTable named "Table".

public:
 int Update(System::Data::DataSet ^ dataSet);
public int Update (System.Data.DataSet dataSet);
abstract member Update : System.Data.DataSet -> int

パラメーター

dataSet
DataSet DataSet DataSet

データ ソースの更新に使用した DataSetThe DataSet used to update the data source.

戻り値

DataSet 内で正常に更新された行の数。The number of rows successfully updated from the DataSet.

例外

INSERT、UPDATE、DELETE の各ステートメントを実行しようとしましたが、影響を受けたレコードはありませんでした。An attempt to execute an INSERT, UPDATE, or DELETE statement resulted in zero records affected.

次の例では、派生クラスOleDbDataAdapterをデータUpdateソースに使用します。The following example uses the derived class, OleDbDataAdapter, to Update the data source. この例では、 OleDbDataAdapter DataSetとが作成されていることを前提としています。This example assumes that you have created an OleDbDataAdapter and a DataSet.

static private DataSet CreateCommandAndUpdate(
    string connectionString,
    string queryString)
{
    DataSet dataSet = new DataSet();

    using (OleDbConnection connection =
               new OleDbConnection(connectionString))
    {
        connection.Open();
        OleDbDataAdapter adapter =
            new OleDbDataAdapter();
        adapter.SelectCommand =
            new OleDbCommand(queryString, connection);
        OleDbCommandBuilder builder =
            new OleDbCommandBuilder(adapter);

        adapter.Fill(dataSet);

        // Code to modify data in the DataSet here.

        // Without the OleDbCommandBuilder, this line would fail.
        adapter.UpdateCommand = builder.GetUpdateCommand();
        adapter.Update(dataSet);
    }
    return dataSet;
}
Public Function CreateCommandAndUpdate( _
    ByVal connectionString As String, _
    ByVal queryString As String) As DataSet

    Dim dataSet As New DataSet()

    Using connection As New OleDbConnection(connectionString)
        connection.Open()
        Dim adapter As New OleDbDataAdapter()

        adapter.SelectCommand = New OleDbCommand( _
            queryString, connection)

        Dim builder As OleDbCommandBuilder = _
            New OleDbCommandBuilder(adapter)

        adapter.Fill(dataSet)

        ' Code to modify the data in the DataSet here. 

        ' Without the OleDbCommandBuilder this line would fail.
        builder.GetUpdateCommand()
        adapter.Update(dataSet)
    End Using
    Return dataSet
End Function

注釈

アプリケーションがUpdateメソッドを呼び出すと、 IDataAdapterRowStateプロパティを調べ、必要な INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを各行に対してDataSet繰り返し実行します。.When an application calls the Update method, the IDataAdapter examines the RowState property, and executes the required INSERT, UPDATE, or DELETE statements iteratively for each row, based on the order of the indexes configured in the DataSet. たとえばUpdate 、ではDataTable、の行が順序付けられているので、delete ステートメントを実行した後に INSERT ステートメントを実行してから、別の delete ステートメントを実行できます。For example, Update might execute a DELETE statement, followed by an INSERT statement, and then another DELETE statement, because of the ordering of the rows in the DataTable.

これらのステートメントはバッチ処理として実行されないことに注意してください。各行は個別に更新されます。Be aware that these statements are not performed as a batch process; each row is updated individually. ステートメントの種類 (更新GetChanges前の挿入など) のシーケンスを制御する必要がある場合は、アプリケーションでメソッドを呼び出すことができます。An application can call the GetChanges method if you must control the sequence of statement types (for example, INSERTs before UPDATEs). 詳細については、「 dataadapter を使用したデータソースの更新」を参照してください。For more information, see Updating Data Sources with DataAdapters.

INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントが指定されていUpdateない場合、メソッドは例外を生成します。If INSERT, UPDATE, or DELETE statements have not been specified, the Update method generates an exception. ただし、.NET Framework データプロバイダーのSqlCommandBuilder SelectCommandプロパティOleDbCommandBuilderを設定した場合は、単一テーブルの更新の SQL ステートメントを自動的に生成するオブジェクトまたはオブジェクトを作成できます。However, you can create a SqlCommandBuilder or OleDbCommandBuilder object to automatically generate SQL statements for single-table updates if you set the SelectCommand property of a .NET Framework data provider. その後、設定していない追加の SQL ステートメントは、CommandBuilder によって生成されます。Then, any additional SQL statements that you do not set are generated by the CommandBuilder. この生成ロジックでは、にキー列情報が存在DataSetしている必要があります。This generation logic requires key column information to be present in the DataSet. 詳細については、「 CommandBuilders を使用したコマンドの生成」を参照してください。For more information see Generating Commands with CommandBuilders.

メソッドUpdateは、更新を実行する前に、最初のマッピングに記載されているテーブルから行を取得します。The Update method retrieves rows from the table listed in the first mapping before performing an update. Updateに、は、 UpdatedRowSourceプロパティの値を使用して行を更新します。The Update then updates the row using the value of the UpdatedRowSource property. 返されたその他の行は無視されます。Any additional rows returned are ignored.

データがに読み込まDataSet OnRowUpdatedれると、イベントが発生します。これにより、 DataSetユーザーは、一致した行とコマンドによって返された出力パラメーターを調べることができます。After any data is loaded back into the DataSet, the OnRowUpdated event is raised, allowing the user to inspect the reconciled DataSet row and any output parameters returned by the command. 行が正常に更新されると、その行に対する変更が受け入れられます。After a row updates successfully, the changes to that row are accepted.

を使用Updateする場合、実行の順序は次のようになります。When using Update, the order of execution is as follows:

  1. DataRow値は、パラメーター値に移動されます。The values in the DataRow are moved to the parameter values.

  2. OnRowUpdating イベントが発生します。The OnRowUpdating event is raised.

  3. コマンドが実行されます。The command executes.

  4. コマンドがにFirstReturnedRecord設定されている場合、最初に返された結果DataRowがに格納されます。If the command is set to FirstReturnedRecord, then the first returned result is put in the DataRow.

  5. 出力パラメーターがある場合は、 DataRowに格納されます。If there are output parameters, they are put in the DataRow.

  6. OnRowUpdated イベントが発生します。The OnRowUpdated event is raised.

  7. AcceptChanges が呼び出されます。AcceptChanges is called.

に関連付けられIDataAdapterた各コマンドには、通常、パラメーターコレクションが関連付けられています。Each command associated with the IDataAdapter usually has a parameter collection associated with it. パラメーターは、.NET Framework データプロバイダーのSourceColumn ParameterクラスのプロパティSourceVersionとプロパティを使用して、現在の行にマップされます。Parameters are mapped to the current row through the SourceColumn and SourceVersion properties of a .NET Framework data provider's Parameter class. SourceColumn現在の行DataTableのパラメーター値IDataAdapterを取得するためにが参照する列を参照します。SourceColumn refers to a DataTable column that the IDataAdapter references to obtain parameter values for the current row.

SourceColumnテーブルマッピングが適用される前に、マップされていない列名を参照します。SourceColumn refers to the unmapped column name before any table mappings have been applied. SourceColumn存在しない列を参照している場合、実行されるアクションMissingMappingActionは次のいずれかの値に依存します。If SourceColumn refers to a nonexistent column, the action taken depends on one of the following MissingMappingAction values.

列挙値Enumeration Value 実行されたアクションAction Taken
MissingMappingAction.Passthrough マッピングが存在しない場合は、 DataSetでソース列の名前とテーブル名を使用します。Use the source column names and table names in the DataSet if no mapping is present.
MissingMappingAction.Ignore SystemExceptionが生成されます。A SystemException is generated. マッピングが明示的に設定されている場合、入力パラメーターのマッピングが不足していると、通常はエラーが発生します。When the mappings are explicitly set, a missing mapping for an input parameter is usually caused by an error.
MissingMappingAction.Error SystemExceptionが生成されます。A SystemException is generated.

プロパティは、 DataSet出力パラメーターまたは入出力パラメーターの値をにマップするためにも使用されます。 SourceColumnThe SourceColumn property is also used to map the value for output or input/output parameters back to the DataSet. 存在しない列を参照している場合は、例外が生成されます。An exception is generated if it refers to a nonexistent column.

.NET Framework SourceVersionデータプロバイダーのParameterクラスのプロパティはOriginal、列の値の、 Current、またはProposedバージョンを使用するかどうかを決定します。The SourceVersion property of a .NET Framework data provider's Parameter class determines whether to use the Original, Current, or Proposed version of the column value. この機能は、オプティミスティック同時実行制御違反を確認するために、UPDATE ステートメントの WHERE 句に元の値を含めるために頻繁に使用されます。This capability is frequently used to include original values in the WHERE clause of an UPDATE statement to check for optimistic concurrency violations.

注意

行の更新中にエラーが発生した場合は、例外がスローされ、更新の実行が中止されます。If an error occurs while updating a row, an exception is thrown and execution of the update is discontinued. エラーが発生したときに例外を生成せずに更新操作をContinueUpdateOnError続行するtrueにはUpdate、を呼び出す前にプロパティをに設定します。To continue the update operation without generating exceptions when an error is encountered, set the ContinueUpdateOnError property to true before calling Update. また、DataAdapter のRowUpdatedイベント内で、行ごとにエラーに対応することもできます。You may also respond to errors on a per-row basis within the RowUpdated event of a DataAdapter. RowUpdatedイベント内で例外を生成せずに更新操作を続行するにStatusRowUpdatedEventArgs 、のプロパティContinueをに設定します。To continue the update operation without generating an exception within the RowUpdated event, set the Status property of the RowUpdatedEventArgs to Continue.

適用対象