IDbDataAdapter IDbDataAdapter IDbDataAdapter IDbDataAdapter Interface

定義

DataSet にデータを格納し、データ ソースを更新するために使用するコマンド関連プロパティのセットを表します。リレーショナル データベースにアクセスする .NET Framework データ プロバイダーによって実装されます。Represents a set of command-related properties that are used to fill the DataSet and update a data source, and is implemented by .NET Framework data providers that access relational databases.

public interface class IDbDataAdapter : System::Data::IDataAdapter
public interface IDbDataAdapter : System.Data.IDataAdapter
type IDbDataAdapter = interface
    interface IDataAdapter
Public Interface IDbDataAdapter
Implements IDataAdapter
派生
実装

次のコードの例では、派生クラスでは、 SqlCommandSqlDataAdapterSqlConnection、データ ソースからレコードを選択します。The following example uses the derived classes, SqlCommand, SqlDataAdapter and SqlConnection, to select records from a data source. 塗りつぶされたDataSetが返されます。The filled DataSet is then returned. これを行うには、メソッドを初期化に渡されるDataSet、接続文字列では、および TRANSACT-SQL SELECT ステートメントであるクエリ文字列。To accomplish this, the method is passed an initialized DataSet, a connection string, and a query string that is a Transact-SQL SELECT statement.

private static DataSet SelectRows(DataSet dataset,
    string connectionString,string queryString) 
{
    using (SqlConnection connection = 
        new SqlConnection(connectionString))
    {
        SqlDataAdapter adapter = new SqlDataAdapter();
        adapter.SelectCommand = new SqlCommand(
            queryString, connection);
        adapter.Fill(dataset);
        return dataset;
    }
}

Public Function SelectRows( _
    ByVal dataSet As DataSet, ByVal connectionString As String, _
    ByVal queryString As String) As DataSet

    Using connection As New SqlConnection(connectionString)
        Dim adapter As New SqlDataAdapter()
        adapter.SelectCommand = New SqlCommand( _
            queryString, connection)
        adapter.Fill(dataSet)
        Return dataSet
    End Using
End Function

注釈

IDbDataAdapterインターフェイスから継承、IDataAdapterインターフェイスと、オブジェクト、リレーショナル データベースで使用するために設計されたデータ アダプターを作成します。The IDbDataAdapter interface inherits from the IDataAdapter interface and allows an object to create a DataAdapter designed for use with a relational database. IDbDataAdapterインターフェイスと、オプションでは、ユーティリティ クラスDbDataAdapter、データ ソース間のブリッジを表す、DataAdapter クラスを実装するために、継承したクラスを許可して、DataSetします。The IDbDataAdapter interface and, optionally, the utility class, DbDataAdapter, allow an inheriting class to implement a DataAdapter class, which represents the bridge between a data source and a DataSet. DataAdapter クラスの詳細については、次を参照してください。 DataAdapter からの Datasetします。For more information about DataAdapter classes, see Populating a DataSet from a DataAdapter. .NET Framework データ プロバイダーの実装の詳細については、次を参照してください。 .NET Framework データ プロバイダーを実装するします。For more information about implementing .NET Framework data providers, see Implementing a .NET Framework Data Provider.

アプリケーションがのインスタンスを作成していない、IDbDataAdapterインターフェイスを直接が継承するクラスのインスタンスを作成しますIDbDataAdapterDbDataAdapterします。An application does not create an instance of the IDbDataAdapter interface directly, but creates an instance of a class that inherits IDbDataAdapter and DbDataAdapter.

クラスを継承するIDbDataAdapter継承されたメンバーを実装し、通常はプロバイダー固有の機能を追加するための追加メンバーを定義する必要があります。Classes that inherit IDbDataAdapter must implement the inherited members, and typically define additional members to add provider-specific functionality. など、IDbDataAdapterインターフェイスを定義、SelectCommandプロパティ、およびDbDataAdapterインターフェイスを定義しますをFillを受け取るメソッドをDataTableをパラメーターとして。For example, the IDbDataAdapter interface defines the SelectCommand property, and the DbDataAdapter interface defines a Fill method that takes a DataTable as a parameter. さらに、OleDbDataAdapterクラスの継承、SelectCommandプロパティとFillメソッドの 2 つの追加オーバー ロードを定義して、 Fill ADO レコード セット オブジェクトをパラメーターとして取るメソッド。In turn, the OleDbDataAdapter class inherits the SelectCommand property and the Fill method, and also defines two additional overloads of the Fill method that take an ADO Recordset object as a parameter.

注意 (実装者)

フォームの継承クラスの名前を .NET Framework データ プロバイダーの間で整合性を高めるPrvDataAdapter 場所Prvは特定の .NET Framework データ プロバイダー名前空間のすべてのクラスに指定された uniform プレフィックスです。To promote consistency among .NET Framework data providers, name the inheriting class in the form Prv DataAdapter where Prv is the uniform prefix given to all classes in a specific .NET Framework data provider namespace. たとえば、Sqlのプレフィックスは、SqlDataAdapterクラス、System.Data.SqlClient名前空間。For example, Sql is the prefix of the SqlDataAdapter class in the System.Data.SqlClient namespace.

継承する場合、IDbDataAdapterインターフェイスでは、次のコンス トラクターを実装する必要があります。When you inherit from the IDbDataAdapter interface, you should implement the following constructors:

アイテムItem 説明Description
PrvDataAdapter()PrvDataAdapter() PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PrvDataAdapter class.

PrvDataAdapter (PrvCommand selectCommand)PrvDataAdapter(PrvCommand selectCommand) 指定した SQL SELECT ステートメントを使用して、PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PrvDataAdapter class with the specified SQL SELECT statement.

PrvDataAdapter(string selectCommandText, string selectConnectionString)PrvDataAdapter(string selectCommandText, string selectConnectionString) SQL SELECT ステートメントと接続文字列を使用して、PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PrvDataAdapter class with an SQL SELECT statement and a connection string.

PrvDataAdapter(string selectCommandText, PrvConnection selectConnection)PrvDataAdapter(string selectCommandText, PrvConnection selectConnection) SQL SELECT ステートメントと PrvConnection オブジェクトを使用して、PrvDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PrvDataAdapter class with an SQL SELECT statement and a PrvConnection object.

プロパティ

DeleteCommand DeleteCommand DeleteCommand DeleteCommand

データ セットからレコードを削除する SQL ステートメントを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement for deleting records from the data set.

InsertCommand InsertCommand InsertCommand InsertCommand

データ ソースに新しいレコードを挿入する SQL ステートメントを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement used to insert new records into the data source.

MissingMappingAction MissingMappingAction MissingMappingAction MissingMappingAction

割り当てられていないソース テーブルまたはソース列をソース名で渡して、フィルター処理するか、エラーを発生させるかどうかを指示または指定します。Indicates or specifies whether unmapped source tables or columns are passed with their source names in order to be filtered or to raise an error.

(Inherited from IDataAdapter)
MissingSchemaAction MissingSchemaAction MissingSchemaAction MissingSchemaAction

存在しないソース テーブル、ソース列、それらのリレーションシップをデータセット スキーマに追加するか、無視するか、またはエラーを発生させるかを表示または指定します。Indicates or specifies whether missing source tables, columns, and their relationships are added to the dataset schema, ignored, or cause an error to be raised.

(Inherited from IDataAdapter)
SelectCommand SelectCommand SelectCommand SelectCommand

データ ソース内のレコードを選択する SQL ステートメントを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement used to select records in the data source.

TableMappings TableMappings TableMappings TableMappings

ソース テーブルをデータセット テーブルに割り当てる方法を示します。Indicates how a source table is mapped to a dataset table.

(Inherited from IDataAdapter)
UpdateCommand UpdateCommand UpdateCommand UpdateCommand

データ ソース内のレコードを更新する SQL ステートメントを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement used to update records in the data source.

メソッド

Fill(DataSet) Fill(DataSet) Fill(DataSet) Fill(DataSet)

DataSet 名を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataSet 内の行を追加または更新します。また、Table という名前の DataTable を作成します。Adds or updates rows in the DataSet to match those in the data source using the DataSet name, and creates a DataTable named "Table".

(Inherited from IDataAdapter)
FillSchema(DataSet, SchemaType) FillSchema(DataSet, SchemaType) FillSchema(DataSet, SchemaType) FillSchema(DataSet, SchemaType)

"Table" という名前の DataTable を指定された DataSet に追加し、指定された SchemaType に基づいて、データ ソースにあるスキーマと一致するようにスキーマを構成します。Adds a DataTable named "Table" to the specified DataSet and configures the schema to match that in the data source based on the specified SchemaType.

(Inherited from IDataAdapter)
GetFillParameters() GetFillParameters() GetFillParameters() GetFillParameters()

SQL SELECT ステートメントの実行時にユーザーが設定したパラメーターを取得します。Gets the parameters set by the user when executing an SQL SELECT statement.

(Inherited from IDataAdapter)
Update(DataSet) Update(DataSet) Update(DataSet) Update(DataSet)

指定された DataSet 内の Table という名前の DataTable に含まれる挿入行、更新行、または削除行に対して、INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に呼び出します。Calls the respective INSERT, UPDATE, or DELETE statements for each inserted, updated, or deleted row in the specified DataSet from a DataTable named "Table".

(Inherited from IDataAdapter)

適用対象