EdmFunctionAttribute クラス

定義

メソッドに適用されて、そのメソッドが概念モデルまたはストレージ モデルにおける関数のプロキシであることを示す属性です。An attribute that, when applied to a method, indicates that the method is a proxy for a function in the conceptual model or storage model.

public ref class EdmFunctionAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Method, AllowMultiple=false, Inherited=false)]
public sealed class EdmFunctionAttribute : Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Method, AllowMultiple=false, Inherited=false)>]
type EdmFunctionAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class EdmFunctionAttribute
Inherits Attribute
継承
EdmFunctionAttribute
属性

注釈

は、 EdmFunctionAttribute 共通言語ランタイム (CLR) メソッドを別の関数にリンクします。An EdmFunctionAttribute links a common language runtime (CLR) method to another function. たとえば、属性を使用して、ストレージプロバイダーによって公開されている関数、データベース内のユーザー定義関数、または概念モデルのユーザー定義関数に CLR メソッドをマップできます。For example, the attribute can be used to map a CLR method to a function that is exposed by the storage provider, to a user-defined function in the database, or to a user-defined function in the conceptual model. この属性を持つメソッドは、LINQ to Entities クエリから呼び出すことができます。Methods that have this attribute can be called from LINQ to Entities queries.

を使用し EdmFunctionAttribute て CLR メソッドを関数にマップするには、次の条件を満たす必要があります。To use an EdmFunctionAttribute to map a CLR method to a function, the following must be true:

  • CLR メソッドの戻り値の型は、マップ先の関数の戻り値の型と互換性がある必要があります。The return type of the CLR method must be compatible with the return type of the mapped-to function.

  • CLR メソッドの引数の型は、マップ先の関数の引数の型と互換性がある必要があります。The argument types of the CLR method must be compatible with the argument types of the mapped-to function.

互換性のある型の詳細については、「 概念モデルの型 (CSDL)」を参照してください。For information about compatible types, see Conceptual Model Types (CSDL).

コンストラクター

EdmFunctionAttribute(String, String)

EdmFunctionAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EdmFunctionAttribute class.

プロパティ

FunctionName

マップ先の関数の名前。The name of the mapped-to function.

NamespaceName

マップ先の関数の名前空間。The namespace of the mapped-to function.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください