OdbcCommand.ExecuteNonQuery メソッド

定義

Connection に対して SQL ステートメントを実行し、影響を受けた行数を返します。Executes an SQL statement against the Connection and returns the number of rows affected.

public:
 override int ExecuteNonQuery();
public:
 virtual int ExecuteNonQuery();
public override int ExecuteNonQuery ();
public int ExecuteNonQuery ();
override this.ExecuteNonQuery : unit -> int
abstract member ExecuteNonQuery : unit -> int
override this.ExecuteNonQuery : unit -> int
Public Overrides Function ExecuteNonQuery () As Integer
Public Function ExecuteNonQuery () As Integer

戻り値

Int32

UPDATE、INSERT、DELETE の各ステートメントで、戻り値はそのコマンドの影響を受ける行の数です。For UPDATE, INSERT, and DELETE statements, the return value is the number of rows affected by the command. その他のすべての種類のステートメントでは、戻り値は -1 です。For all other types of statements, the return value is -1.

実装

例外

接続が存在しません。The connection does not exist.

または-or-

接続が開かれていません。The connection is not open.

注釈

を使用すると、 ExecuteNonQuery DataSet UPDATE、INSERT、または DELETE ステートメントを実行して、カタログの操作 (データベースの構造の照会、テーブルなどのデータベースオブジェクトの作成など) を実行したり、を使用せずにデータベース内のデータを変更したりすることができます。You can use ExecuteNonQuery to perform catalog operations (for example, querying the structure of a database or creating database objects such as tables); or to change the data in a database, without using a DataSet, by executing UPDATE, INSERT, or DELETE statements.

また ExecuteNonQuery 、基になる ODBC ドライバーがこの機能をサポートしている場合は、を使用して複数の SQL ステートメントを実行することもできます。You can also use ExecuteNonQuery to execute multiple SQL statements if the underlying ODBC driver supports this functionality. この場合、戻り値は、コマンド内のすべてのステートメントの影響を受ける行の数です。In this case, the return value is the number of rows affected by all statements in the command.

ExecuteNonQuery 行を返しませんが、パラメーターにマップされた出力パラメーターまたは戻り値にはデータが設定されます。Although ExecuteNonQuery returns no rows, any output parameters or return values mapped to parameters are populated with data.

UPDATE、INSERT、DELETE の各ステートメントで、戻り値はそのコマンドの影響を受ける行の数です。For UPDATE, INSERT, and DELETE statements, the return value is the number of rows affected by the command. その他のすべての種類のステートメントでは、戻り値は -1 です。For all other types of statements, the return value is -1. ロールバックが発生した場合、戻り値も-1 になります。If a rollback occurs, the return value is also -1.

テーブルにトリガーが存在し、テーブルにデータが追加または変更されている場合、戻り値には、挿入操作または更新操作の影響を受ける行の数と、トリガーまたはトリガーの影響を受ける行数が含まれます。When a trigger exists on a table and data is being added or changed in the table, the return value includes the number of rows affected by both the insert or update operation and the number of rows affected by the trigger or triggers.

適用対象