OdbcConnection.ConnectionString OdbcConnection.ConnectionString OdbcConnection.ConnectionString OdbcConnection.ConnectionString Property

定義

データ ソースを開くために使用する文字列を取得または設定します。Gets or sets the string used to open a data source.

public:
 property System::String ^ ConnectionString { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.SettingsBindable(true)]
public string ConnectionString { get; set; }
member this.ConnectionString : string with get, set
Public Property ConnectionString As String

プロパティ値

データ ソース名など、初期接続を確立するために必要な設定を含む ODBC ドライバー接続文字列。The ODBC driver connection string that includes settings, such as the data source name, needed to establish the initial connection. 既定値は、空の文字列 ("") です。The default value is an empty string (""). 最大長は 1024 文字です。The maximum length is 1024 characters.

注釈

プロパティConnectionStringは、ODBC 接続文字列の形式をできるだけ近づけるように設計されています。The ConnectionString property is designed to match ODBC connection string format as closely as possible. ConnectionString 、接続が閉じられたときにのみ設定できます。また、設定されるとすぐに、ドライバーマネージャーと基になるドライバーに渡されます。The ConnectionString can be set only when the connection is closed, and as soon as it is set it is passed, unchanged, to the Driver Manager and the underlying driver. したがって、の構文ConnectionStringは、ドライバーマネージャーおよび基になるドライバーがサポートする内容と正確に一致する必要があります。Therefore, the syntax for the ConnectionString must exactly match what the Driver Manager and underlying driver support.

プロパティを使用しConnectionStringて、さまざまなデータソースに接続できます。You can use the ConnectionString property to connect to a variety of data sources. これには、ODBC データソース名 (DSN) が含まれます。This includes an ODBC data source name (DSN). いくつかの接続文字列の例を次に示します。The following example illustrates several possible connection strings.

"Driver={SQL Server};Server=(local);Trusted_Connection=Yes;Database=AdventureWorks;"  
  
"Driver={Microsoft ODBC for Oracle};Server=ORACLE8i7;Persist Security Info=False;Trusted_Connection=Yes"  
  
"Driver={Microsoft Access Driver (*.mdb)};DBQ=c:\bin\Northwind.mdb"  
  
"Driver={Microsoft Excel Driver (*.xls)};DBQ=c:\bin\book1.xls"  
  
"Driver={Microsoft Text Driver (*.txt; *.csv)};DBQ=c:\bin"  
  
"DSN=dsnname"  

注意

ODBC の .NET Framework Data Provider では、他のPersist Security Info .NET Framework データプロバイダーでサポートされているキーワードはサポートされていません。The .NET Framework Data Provider for ODBC does not support the Persist Security Info keyword that is supported by other .NET Framework data providers. ただし、プロパティConnectionStringは、がにPersist Security Info設定されfalseているかのように動作します。However, the ConnectionString property behaves as if Persist Security Info were set to false. これは、接続が開かれている場合ConnectionStringに、プロパティからパスワードを取得できないことを意味します。This means that you cannot retrieve the password from the ConnectionString property if the connection has been opened. 開かれたOdbcConnectionオブジェクトからプロパティが読み取られると、パスワードを引いた接続文字列が返されます。ConnectionStringWhen the ConnectionString property is read from an OdbcConnection object that has been opened, the connection string is returned minus the password. この動作を変更することはできません。そのため、アプリケーションにパスワードが必要な場合は、を呼び出すOpen前に、そのパスワードを個別に保存します。You cannot change this behavior; therefore, if the application requires the password, store it separately before calling Open.

文字列に指定された設定の多くには、対応する読み取り専用プロパティがServer=(local)あります (たとえば、 DataSourceプロパティに対応する)。Many of the settings specified in the string have corresponding read-only properties (for example, Server=(local), which corresponds to the DataSource property). これらのプロパティは、接続が開かれた後に更新されます。ただし、エラーが検出された場合は除きます。These properties are updated after the connection is opened, except when an error is detected. この場合、プロパティは更新されません。In this case, none of the properties are updated. OdbcConnectionプロパティ ( Databaseなど) は、 ConnectionString既定の設定またはで指定された設定のみを返します。OdbcConnection properties (such as Database) return only default settings or those settings specified in the ConnectionString.

Microsoft .NET Framework バージョン1.0 では、アプリケーションがメソッドをOpen呼び出すまで、接続文字列の検証は行われません。In the Microsoft .NET Framework version 1.0, validation of the connection string does not occur until an application calls the Open method. 接続文字列を検証するのは、基になる ODBC ドライバーの役割です。It is the responsibility of the underlying ODBC driver to validate the connection string. 接続文字列に無効またはサポートされていないプロパティが含まOdbcExceptionれている場合、ドライバーは実行時にを生成することがあります。If the connection string contains invalid or unsupported properties, the driver may raise an OdbcException at run time.

ただし、.NET Framework バージョン1.1 以降のバージョンでは、 ConnectionStringプロパティを設定するとすぐに、接続文字列のいくつかの基本的な検証が行われます。However, in the .NET Framework version 1.1 and later versions, some basic validation of the connection string occurs as soon as you set the ConnectionString property. その時点で、データプロバイダーは接続文字列が "keyword = value;..." を満たしていることを確認します。形式ですが、キーワードまたは値が有効かどうかは検証されません。At that time, the data provider verifies that the connection string meets the "keyword=value;..." format, but it does not verify whether keywords or values are valid. 残りの検証は、アプリケーションがメソッドをOpen呼び出すときに、基になる ODBC ドライバーによって実行されます。The remaining verification is performed by the underlying ODBC driver when the application calls the Open method.

ODBC 接続文字列には、次の構文があります。An ODBC connection string has the following syntax:

connection-string ::= empty-string[;] | attribute[;] | attribute; connection-string  
empty-string ::=  
attribute ::= attribute-keyword=attribute-value | DRIVER=[{]attribute-value[}]  
attribute-keyword ::= DSN | UID | PWD  
 | driver-defined-attribute-keyword  
attribute-value ::= character-string  
driver-defined-attribute-keyword ::= identifier  

character-stringには0個以上の文字があります。identifierに1つ以上の文字があります。attribute-keyword大文字と小文字は区別されません。attribute-value大文字と小文字が区別されます。また、DSN キーワードの値は、空白のみで構成されていません。where character-string has zero or more characters; identifier has one or more characters; attribute-keyword is not case sensitive; attribute-value can be case sensitive; and the value of the DSN keyword does not consist only of blanks.

接続文字列と初期化ファイルの文法により、キーワードと属性の値は、[]{}(),;? という文字を含むことを避ける必要があります。* =! @ かっこで囲まれていません。Because of connection string and initialization file grammar, keywords and attribute values should be avoided that contain the characters []{}(),;?*=!@ not enclosed with braces. DSN キーワードの値は、空白のみで構成することはできません。また、先頭に空白を含めることはできません。The value of the DSN keyword cannot consist only of blanks and should not contain leading blanks. システム情報の文法により、キーワードとデータソース名に円記号 (\) を含めることはできません。Because of the grammar of the system information, keywords and data source names cannot contain the backslash (\) character.

属性にセミコロン (;) が含まれていない限り、アプリケーションでは、属性値の周囲に中かっこを追加する必要はありません。この場合、中かっこが必要です。Applications do not have to add braces around the attribute value after the Driver keyword unless the attribute contains a semicolon (;), in which case the braces are required. ドライバーが受け取る属性値に中かっこが含まれている場合、ドライバーはそれらを削除せずに、返された接続文字列の一部にする必要があります。If the attribute value that the driver receives includes braces, the driver should not remove them but they should be part of the returned connection string.

[]{}{}()、;? のいずれかの文字を含む、かっこ () で囲まれた DSN または接続文字列値。* =! @ は、そのままドライバーに渡されます。A DSN or connection string value enclosed with braces ({}) that contains any of the characters []{}(),;?*=!@ is passed intact to the driver. ただし、キーワードでこれらの文字を使用すると、ファイル Dsn を使用しているときに、ドライバーマネージャーからエラーが返されますが、通常の接続文字列の場合は接続文字列がドライバーに渡されます。However, when you use these characters in a keyword, the Driver Manager returns an error when you work with file DSNs, but passes the connection string to the driver for regular connection strings. キーワード値には、埋め込みかっこを使用しないようにしてください。Avoid using embedded braces in a keyword value.

接続文字列には、任意の数のドライバー定義キーワードを含めることができます。The connection string may include any number of driver-defined keywords. Driver キーワードはシステムの情報を使用しないため、ドライバーは、接続文字列の情報のみを使用してデータソースに接続できるように、十分なキーワードを定義する必要があります。Because the DRIVER keyword does not use information from the system, the driver must define enough keywords so that a driver can connect to a data source using only the information in the connection string. ドライバーは、データソースに接続するために必要なキーワードを定義します。The driver defines which keywords are required to connect to the data source.

接続文字列でキーワードが繰り返し使用されている場合、どの値が選択されるかは保証されません。If any keywords are repeated in the connection string, there is no guarantee which value will be selected.

注意

ODBC ドライバーで1024文字を超える接続文字列がサポートされている場合は、データソース名 (DSN) を使用して、最大長の制限を超えることができます。If an ODBC driver supports connection strings longer than 1024 characters, you can use a data source name (DSN) to exceed the maximum length limitation.

適用対象

こちらもご覧ください