OdbcConnection.GetSchema メソッド

定義

この OdbcConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。Returns schema information for the data source of this OdbcConnection.

オーバーロード

GetSchema()

この OdbcConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。Returns schema information for the data source of this OdbcConnection.

GetSchema(String)

スキーマ名として指定した名前を使用して、この OdbcConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。Returns schema information for the data source of this OdbcConnection using the specified name for the schema name.

GetSchema(String, String[])

スキーマ名に指定した文字列と制限値に指定した文字列配列を使用して、この OdbcConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。Returns schema information for the data source of this OdbcConnection using the specified string for the schema name and the specified string array for the restriction values.

GetSchema()

この OdbcConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。Returns schema information for the data source of this OdbcConnection.

public:
 override System::Data::DataTable ^ GetSchema();
public override System.Data.DataTable GetSchema ();
override this.GetSchema : unit -> System.Data.DataTable
Public Overrides Function GetSchema () As DataTable

戻り値

DataTable

スキーマ情報を格納する DataTableA DataTable that contains schema information.

こちらもご覧ください

適用対象

GetSchema(String)

スキーマ名として指定した名前を使用して、この OdbcConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。Returns schema information for the data source of this OdbcConnection using the specified name for the schema name.

public:
 override System::Data::DataTable ^ GetSchema(System::String ^ collectionName);
public override System.Data.DataTable GetSchema (string collectionName);
override this.GetSchema : string -> System.Data.DataTable
Public Overrides Function GetSchema (collectionName As String) As DataTable

パラメーター

collectionName
String

返すスキーマの名前を指定します。Specifies the name of the schema to return.

戻り値

DataTable

スキーマ情報を格納する DataTableA DataTable that contains schema information.

注釈

collectionNameが null の場合、には、 DataTable すべての使用可能なメタデータと制限に関する情報が含まれます。When collectionName is null, the DataTable contains information about all available metadata and any restrictions.

注意

メソッドに適用されるすべての制限 SQLStatistics は、コレクションにも適用さ ODBCConnection.GetSchema("indexes") れます。All restrictions that apply to the SQLStatistics method also apply to the ODBCConnection.GetSchema("indexes") collection.

こちらもご覧ください

適用対象

GetSchema(String, String[])

スキーマ名に指定した文字列と制限値に指定した文字列配列を使用して、この OdbcConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。Returns schema information for the data source of this OdbcConnection using the specified string for the schema name and the specified string array for the restriction values.

public:
 override System::Data::DataTable ^ GetSchema(System::String ^ collectionName, cli::array <System::String ^> ^ restrictionValues);
public override System.Data.DataTable GetSchema (string collectionName, string[]? restrictionValues);
public override System.Data.DataTable GetSchema (string collectionName, string[] restrictionValues);
override this.GetSchema : string * string[] -> System.Data.DataTable
Public Overrides Function GetSchema (collectionName As String, restrictionValues As String()) As DataTable

パラメーター

collectionName
String

返すスキーマの名前を指定します。Specifies the name of the schema to return.

restrictionValues
String[]

要求したスキーマの制限値のセットを指定します。Specifies a set of restriction values for the requested schema.

戻り値

DataTable

スキーマ情報を格納する DataTableA DataTable that contains schema information.

注釈

を null として指定した場合、には、 collectionName DataTable 使用可能なすべてのメタデータとその制限に関する情報が含まれます。When collectionName is specified as null, the DataTable contains information about all the metadata that is available, and its restrictions.

パラメーターは、 restrictionValues 特定のコレクションの制限コレクションによって指定される値の n の深さを指定できます。The restrictionValues parameter can supply n depth of values which are specified by the restrictions collection for a specific collection. 特定の制限に対して値を設定し、他の制限値を設定しないようにするには、上記の制限を null に設定してから、に値を指定する制限の適切な値を指定する必要があります。In order to set values on a given restriction, and not set the values of other restrictions, you must set the preceding restrictions to null and then put the appropriate value in for the restriction that you would like to specify a value for.

この例として、"Tables" コレクションがあります。An example of this is the "Tables" collection. "Tables" コレクションに3つの制限 (データベース、所有者、およびテーブル名) があり、所有者 "Carl" に関連付けられているテーブルのみを取得する場合は、少なくとも次の値を渡す必要があります: null、"Carl"。If the "Tables" collection has three restrictions (database, owner, and table name), and you want to get back only the tables associated with the owner "Carl," then you would need to pass in at least the following values: null, "Carl". 制限値が渡されない場合は、その制限に既定値が使用されます。If a restriction value is not passed in, the default values are used for that restriction. これは、null を渡す場合と同じマッピングです。これは、パラメーター値として空の文字列を渡すこととは異なります。This is the same mapping as passing in null, which is different from passing in an empty string for the parameter value. その場合、空の文字列 ("") は、指定されたパラメーターの値と見なされます。In that case, the empty string ("") is considered to be the value for the specified parameter.

注意

SQLStatistics メソッドに適用されるすべての制限は、ODBCConnection ("indexes") コレクションに適用されます。All restrictions that apply to SQLStatistics method will apply to the ODBCConnection.GetSchema("indexes") collection.

こちらもご覧ください

適用対象