OdbcConnection.ReleaseObjectPool メソッド

定義

基になる最後の接続が解放されたら ODBC ドライバー マネージャーの環境ハンドルを解放できることを示します。Indicates that the ODBC Driver Manager environment handle can be released when the last underlying connection is released.

public:
 static void ReleaseObjectPool();
public static void ReleaseObjectPool ();
static member ReleaseObjectPool : unit -> unit
Public Shared Sub ReleaseObjectPool ()

注釈

ReleaseObjectPool を呼び出して、ODBC 環境ハンドルを解放できます。ReleaseObjectPool can be called to release the ODBC environment handle. たとえば、接続オブジェクトが再び使用されない場合は、このメソッドを呼び出すことができます。You might want to call this method if, for example, the connection object will not be used again. 環境内のすべての接続が閉じられると、環境が破棄される可能性があります。When all connections in the environment are closed, the environment can be disposed. メソッドだけを呼び出すと、環境内に存在するアクティブな接続が実際に解放されるわけではないことに注意してください。Note that calling the method alone does not actually release the active connections that exist in the environment.

環境が最終的に破棄される前に、次のことを行う必要があります。The following must occur before the environment is finally disposed:

  1. を呼び出して、 Close OdbcConnection 環境からオブジェクトを解放します。Call Close to release the OdbcConnection object from the environment.

  2. 各接続オブジェクトのタイムアウトを許可します。Allow each connection object to time out.

  3. ReleaseObjectPool を呼び出します。Call ReleaseObjectPool.

  4. ガベージコレクションを呼び出します。Invoke garbage collection.

逆に、 Close すべてのアクティブな接続でを呼び出し、ガベージコレクションを呼び出しても、を呼び出さない場合、 ReleaseObjectPool 環境用に予約されたリソースは引き続き使用できます。Conversely, if you call Close on all active connections, and invoke garbage collection, but do not call ReleaseObjectPool, the resources reserved for the environment remain available.

環境ハンドルが解放されると、新しいの要求に OdbcConnection よって新しい環境が作成されます。After an environment handle is released, a request for a new OdbcConnection creates a new environment.

適用対象