OdbcErrorCollection クラス

定義

OdbcDataAdapter によって生成されるすべてのエラーを収集します。 このクラスは継承できません。

public ref class OdbcErrorCollection sealed : System::Collections::ICollection
public sealed class OdbcErrorCollection : System.Collections.ICollection
[System.Serializable]
public sealed class OdbcErrorCollection : System.Collections.ICollection
type OdbcErrorCollection = class
    interface ICollection
    interface IEnumerable
[<System.Serializable>]
type OdbcErrorCollection = class
    interface ICollection
    interface IEnumerable
Public NotInheritable Class OdbcErrorCollection
Implements ICollection
継承
OdbcErrorCollection
属性
実装

次の例では、 内の各 OdbcError を表示します OdbcErrorCollection

public void DisplayOdbcErrorCollection(OdbcException exception)
{
   for (int i=0; i < exception.Errors.Count; i++)
   {
      MessageBox.Show("Index #" + i + "\n" +
             "Message: " + exception.Errors[i].Message + "\n" +
             "Native: " + exception.Errors[i].NativeError.ToString() + "\n" +
             "Source: " + exception.Errors[i].Source + "\n" +
             "SQL: " + exception.Errors[i].SQLState + "\n");
   }
}
Public Sub DisplayOdbcErrorCollection(exception As OdbcException)
    Dim i As Integer

    For i = 0 To exception.Errors.Count - 1
        MessageBox.Show("Index #" + i.ToString() + ControlChars.Cr _
           + "Message: " + exception.Errors(i).Message + ControlChars.Cr _
           + "Native: " + exception.Errors(i).NativeError.ToString() + ControlChars.Cr _
           + "Source: " + exception.Errors(i).Source + ControlChars.Cr _
           + "SQL: " + exception.Errors(i).SQLState + ControlChars.Cr)
    Next i
End Sub

注釈

このクラスは、 クラスの OdbcException インスタンスを収集するために によって作成 OdbcError されます。 OdbcErrorCollection には常に、 クラスのインスタンスが少なくとも 1 つ含 OdbcError まれる必要があります。

プロパティ

Count

コレクション内のエラーの数を取得します。

Item[Int32]

指定したインデックス位置にあるエラーを取得します。

メソッド

CopyTo(Array, Int32)

OdbcErrorCollection の要素を array にコピーします。コピーは、array 内の指定したインデックス位置から開始されます。

CopyTo(OdbcError[], Int32)

指定された OdbcErrorCollection に現在の OdbcErrorCollection のすべての要素をコピーします。その際、指定されたコピー先のインデックス位置からコピーを開始します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetEnumerator()

IEnumerator インターフェイスを実装し、OdbcErrorCollection 内で OdbcErrorCollection オブジェクトを通して反復処理できるオブジェクトを返します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

ICollection.IsSynchronized

このメンバーの詳細については、「IsSynchronized」をご覧ください。

ICollection.SyncRoot

このメンバーの詳細については、「SyncRoot」をご覧ください。

拡張メソッド

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。

適用対象

こちらもご覧ください