OleDbConnection.State プロパティ

定義

現在の接続の状態を取得します。

public:
 virtual property System::Data::ConnectionState State { System::Data::ConnectionState get(); };
public:
 property System::Data::ConnectionState State { System::Data::ConnectionState get(); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public override System.Data.ConnectionState State { get; }
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
[System.Data.DataSysDescription("DbConnection_State")]
public System.Data.ConnectionState State { get; }
[<System.ComponentModel.Browsable(false)>]
member this.State : System.Data.ConnectionState
[<System.ComponentModel.Browsable(false)>]
[<System.Data.DataSysDescription("DbConnection_State")>]
member this.State : System.Data.ConnectionState
Public Overrides ReadOnly Property State As ConnectionState
Public ReadOnly Property State As ConnectionState

プロパティ値

ConnectionState

ConnectionState 値のビットごとの組み合わせ。 既定値は Closed です。

実装

属性

注釈

許可される状態の変更を次に示します。

  • オブジェクト ClosedOpen メソッドを使用 Open して から OleDbConnection へ。

  • から Open Closed まで。オブジェクトの メソッド Close または Dispose メソッドを使用 OleDbConnection します。

注意

以前のバージョンの .NET Framework では、各呼び出しによって開いている接続に対して OLE DB DBPROP_CONNECTIONSTATUS プロパティが呼び出されたため、プロパティを呼び出すことによってアプリケーションのオーバーヘッドが State 増加しました。 .NET Framework 2.0 のリリースでは、これは問題ではなくなりました。

適用対象

こちらもご覧ください