OracleCommand クラス

定義

注意事項

OracleCommand has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260

データベースに対して実行する SQL ステートメントまたはストアド プロシージャを表します。Represents an SQL statement or stored procedure to execute against a database. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class OracleCommand sealed : System::ComponentModel::Component, ICloneable, IDisposable, System::Data::IDbCommand
public ref class OracleCommand sealed : System::Data::Common::DbCommand, ICloneable
public sealed class OracleCommand : System.ComponentModel.Component, ICloneable, IDisposable, System.Data.IDbCommand
public sealed class OracleCommand : System.Data.Common.DbCommand, ICloneable
[System.Obsolete("OracleCommand has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260", false)]
public sealed class OracleCommand : System.Data.Common.DbCommand, ICloneable
type OracleCommand = class
    inherit Component
    interface ICloneable
    interface IDbCommand
    interface IDisposable
type OracleCommand = class
    inherit DbCommand
    interface ICloneable
[<System.Obsolete("OracleCommand has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260", false)>]
type OracleCommand = class
    inherit DbCommand
    interface ICloneable
Public NotInheritable Class OracleCommand
Inherits Component
Implements ICloneable, IDbCommand, IDisposable
Public NotInheritable Class OracleCommand
Inherits DbCommand
Implements ICloneable
継承
継承
属性
実装

次の例では、およびと共にのメソッドを使用して、 ExecuteReader OracleCommand OracleDataReader OracleConnection テーブルから行を選択します。The following example uses the ExecuteReader method of OracleCommand, along with OracleDataReader and OracleConnection, to select rows from a table.

public void ReadMyData(string connectionString)
{
    string queryString = "SELECT EmpNo, DeptNo FROM Scott.Emp";
    using (OracleConnection connection = new OracleConnection(connectionString))
    {
        OracleCommand command = new OracleCommand(queryString, connection);
        connection.Open();
        OracleDataReader reader = command.ExecuteReader();
        try
        {
            while (reader.Read())
            {
                Console.WriteLine(reader.GetInt32(0) + ", " + reader.GetInt32(1));
            }
        }
        finally
        {
            // always call Close when done reading.
            reader.Close();
        }
    }
}
Public Sub ReadMyData(ByVal connectionString As String)
    Dim queryString As String = "SELECT EmpNo, DeptNo FROM Scott.Emp"
    Using connection As New OracleConnection(connectionString)
        Dim command As New OracleCommand(queryString, connection)
        connection.Open()
        Dim reader As OracleDataReader = command.ExecuteReader()
        Try
            While reader.Read()
                Console.WriteLine(reader.GetInt32(0) & ", " _
                   & reader.GetInt32(1))
            End While
        Finally
            ' always call Close when done reading.
            reader.Close()
        End Try
    End Using
End Sub

注釈

この型は非推奨です。今後のバージョンの .NET Framework では削除されます。This type is deprecated and will be removed in a future version of the .NET Framework. 詳細については、「 Oracle と ADO.NET」を参照してください。For more information, see Oracle and ADO.NET.

クラスには、 OracleCommand データソースに対してコマンドを実行するための次のメソッドが用意されています。The OracleCommand class provides the following methods for executing commands against a data source:

アイテムItem 説明Description
ExecuteReader 行を返すコマンドを実行します。Executes commands that return rows.
ExecuteOracleNonQuery Connection に対して SQL ステートメントを実行し、影響を受けた行数を返します。Executes an SQL statement against the Connection and returns the number of rows affected.
ExecuteNonQuery SQL の INSERT、DELETE、UPDATE、SET ステートメントなどのコマンドを実行します。Executes commands such as SQL INSERT, DELETE, UPDATE, and SET statements.
ExecuteScalar データベースから1つの値 (たとえば、集計値) を .NET Framework データ型として取得します。Retrieves a single value (for example, an aggregate value) from a database as a .NET Framework data type.
ExecuteOracleScalar Oracle 固有のデータ型として、データベースから単一の値 (たとえば、集計値) を取得します。Retrieves a single value (for example, an aggregate value) from a database as an Oracle-specific data type.

プロパティをリセット CommandText し、オブジェクトを再利用することができ OracleCommand ます。You can reset the CommandText property and reuse the OracleCommand object.

コマンドの実行によって致命的な結果が返された場合は OracleException 、が OracleConnection 閉じられることがあります。If execution of the command results in a fatal OracleException, the OracleConnection may close. ただし、ユーザーは接続を再び開き、続行できます。However, the user can reopen the connection and continue.

注意

他の .NET Framework データプロバイダー (SQL Server、OLE DB、および ODBC) の Command オブジェクトとは異なり、 OracleCommand オブジェクトはプロパティをサポートしていません CommandTimeoutUnlike the Command object in the other .NET Framework data providers (SQL Server, OLE DB, and ODBC), the OracleCommand object does not support a CommandTimeout property. コマンドタイムアウトを設定しても効果はなく、返される値は常に0です。Setting a command timeout has no effect and the value returned is always zero.

コンストラクター

OracleCommand()

OracleCommandの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OracleCommand.

OracleCommand(String)

クエリ テキストを指定して、OracleCommand クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OracleCommand class with the text of the query.

OracleCommand(String, OracleConnection)

クエリ テキストと OracleCommand オブジェクトを使用して、OracleConnection クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OracleCommand class with the text of the query and an OracleConnection object.

OracleCommand(String, OracleConnection, OracleTransaction)

クエリ テキスト、OracleCommand オブジェクト、および OracleConnection を使用して、OracleTransaction クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OracleCommand class with the text of the query, an OracleConnection object, and an OracleTransaction.

プロパティ

CanRaiseEvents

コンポーネントがイベントを発生させることがきるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the component can raise an event.

(継承元 Component)
CommandText

データベースに対して実行する SQL ステートメントまたはストアド プロシージャを取得または設定します。Gets or sets the SQL statement or stored procedure to execute against the database.

CommandTimeout

コマンド実行の試行を終了してエラーを生成するまでの待機時間 (秒単位) を取得または設定します。Gets or sets the wait time (in seconds) before terminating the attempt to execute a command and generating an error.

CommandType

CommandText プロパティの解釈方法を示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating how the CommandText property is interpreted.

Connection

この OracleCommand のインスタンスで使用する OracleConnection を取得または設定します。Gets or sets the OracleConnection used by this instance of the OracleCommand.

Container

IContainer を含む Component を取得します。Gets the IContainer that contains the Component.

(継承元 Component)
DbConnection

派生クラス内でオーバーライドされた場合、この DbCommand によって使用される DbConnection を取得または設定します。When overridden in a derived class, gets or sets the DbConnection used by this DbCommand.

(継承元 DbCommand)
DbParameterCollection

派生クラス内でオーバーライドされた場合、DbParameter オブジェクトのコレクションを取得します。When overridden in a derived class, gets the collection of DbParameter objects.

(継承元 DbCommand)
DbTransaction

派生クラス内でオーバーライドされた場合、この DbCommand オブジェクトが実行される DbTransaction を取得または設定します。When overridden in a derived class, gets or sets the DbTransaction within which this DbCommand object executes.

(継承元 DbCommand)
DesignMode

Component が現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the Component is currently in design mode.

(継承元 Component)
DesignTimeVisible

カスタマイズしたインターフェイス コントロールにコマンド オブジェクトを表示する必要があるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the command object should be visible in a customized interface control.

Events

Component に結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。Gets the list of event handlers that are attached to this Component.

(継承元 Component)
Parameters

OracleParameterCollection を取得します。Gets the OracleParameterCollection.

Site

ComponentISite を取得または設定します。Gets or sets the ISite of the Component.

(継承元 Component)
Transaction

OracleTransaction が実行される OracleCommand を取得または設定します。Gets or sets the OracleTransaction within which the OracleCommand executes.

UpdatedRowSource

Update メソッドがコマンドの結果を DataRow に適用する方法を示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that specifies how the Update method should apply command results to the DataRow.

メソッド

Cancel()

OracleCommand の実行のキャンセルを試行します。Attempts to cancel the execution of an OracleCommand.

Clone()

この OracleCommand オブジェクトのコピーを作成します。Creates a copy of this OracleCommand object.

CreateDbParameter()

派生クラス内でオーバーライドされた場合、DbParameter オブジェクトの新しいインスタンスを作成します。When overridden in a derived class, creates a new instance of a DbParameter object.

(継承元 DbCommand)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
CreateParameter()

OracleParameter オブジェクトの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of an OracleParameter object.

Dispose()

Component によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Component.

(継承元 Component)
Dispose()

アンマネージ リソースの解放またはリセットに関連付けられているアプリケーション定義のタスクを実行します。Performs application-defined tasks associated with freeing, releasing, or resetting unmanaged resources.

(継承元 DbCommand)
Dispose(Boolean)

Component によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the Component and optionally releases the managed resources.

(継承元 Component)
Dispose(Boolean)

DbCommand によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the DbCommand and optionally releases the managed resources.

(継承元 DbCommand)
DisposeAsync()

コマンド オブジェクトを非同期に破棄します。Asynchronously diposes the command object.

(継承元 DbCommand)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
ExecuteDbDataReader(CommandBehavior)

派生クラス内でオーバーライドされた場合、接続に対してコマンド テキストを実行します。When overridden in a derived class, executes the command text against the connection.

(継承元 DbCommand)
ExecuteDbDataReaderAsync(CommandBehavior, CancellationToken)

プロバイダーは、ExecuteReader のオーバーロードに既定以外の実装を提供するには、このメソッドを実装する必要があります。Providers should implement this method to provide a non-default implementation for ExecuteReader overloads.

既定の実装は ExecuteReader() 同期メソッドを呼び出し、完了したタスクを返します。呼び出し元のスレッドはブロックされます。The default implementation invokes the synchronous ExecuteReader() method and returns a completed task, blocking the calling thread. 既定の実装は、既に取り消されたキャンセル トークンを渡した場合、取り消されたタスクを返します。The default implementation will return a cancelled task if passed an already cancelled cancellation token. ExecuteReader によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。Exceptions thrown by ExecuteReader will be communicated via the returned Task Exception property.

このメソッドは、早期に操作をキャンセルすることを要求するために使用できるキャンセル トークンを受け取ります。This method accepts a cancellation token that can be used to request the operation to be cancelled early. 実装は、この要求を無視する場合があります。Implementations may ignore this request.

(継承元 DbCommand)
ExecuteNonQuery()

Connection に対して SQL ステートメントを実行し、影響を受けた行数を返します。Executes an SQL statement against the Connection and returns the number of rows affected.

ExecuteNonQueryAsync()

接続オブジェクトに対して SQL ステートメントを実行する ExecuteNonQuery() の非同期バージョン。An asynchronous version of ExecuteNonQuery(), which executes a SQL statement against a connection object.

CancellationToken.None を使用して、ExecuteNonQueryAsync(CancellationToken) を呼び出します。Invokes ExecuteNonQueryAsync(CancellationToken) with CancellationToken.None.

(継承元 DbCommand)
ExecuteNonQueryAsync(CancellationToken)

これは ExecuteNonQuery() の非同期バージョンです。This is the asynchronous version of ExecuteNonQuery(). プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。Providers should override with an appropriate implementation. オプションで、キャンセル トークンを無視できます。The cancellation token may optionally be ignored.

既定の実装は ExecuteNonQuery() 同期メソッドを呼び出し、完了したタスクを返します。呼び出し元のスレッドはブロックされます。The default implementation invokes the synchronous ExecuteNonQuery() method and returns a completed task, blocking the calling thread. 既定の実装は、既に取り消されたキャンセル トークンを渡した場合、取り消されたタスクを返します。The default implementation will return a cancelled task if passed an already cancelled cancellation token. ExecuteNonQuery() によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。Exceptions thrown by ExecuteNonQuery() will be communicated via the returned Task Exception property.

返されたタスクが完了するまで DbCommand オブジェクトの他のメソッドとプロパティを呼び出さないでください。Do not invoke other methods and properties of the DbCommand object until the returned Task is complete.

(継承元 DbCommand)
ExecuteOracleNonQuery(OracleString)

Connection に対して SQL ステートメントを実行し、影響を受けた行数を返します。Executes an SQL statement against the Connection and returns the number of rows affected.

ExecuteOracleScalar()

クエリを実行し、そのクエリが Oracle 固有のデータ型で返す結果セットの最初の行にある最初の列を返します。Executes the query, and returns the first column of the first row in the result set returned by the query as an Oracle-specific data type. 追加の列または行は無視されます。Extra columns or rows are ignored.

ExecuteReader()

CommandTextConnection に送信し、OracleDataReader を構築します。Sends the CommandText to the Connection and builds an OracleDataReader.

ExecuteReader(CommandBehavior)

CommandTextConnection に送信し、CommandBehavior 値のいずれかを使用して OracleDataReader を構築します。Sends the CommandText to the Connection, and builds an OracleDataReader using one of the CommandBehavior values.

ExecuteReaderAsync()

ExecuteReader に対して CommandText を実行し、Connection を返す DbDataReader の非同期バージョン。An asynchronous version of ExecuteReader, which executes the CommandText against the Connection and returns a DbDataReader.

CancellationToken.None を使用して、ExecuteDbDataReaderAsync(CommandBehavior, CancellationToken) を呼び出します。Invokes ExecuteDbDataReaderAsync(CommandBehavior, CancellationToken) with CancellationToken.None.

(継承元 DbCommand)
ExecuteReaderAsync(CancellationToken)

ExecuteReader に対して CommandText を実行し、Connection を返す DbDataReader の非同期バージョン。An asynchronous version of ExecuteReader, which executes the CommandText against the Connection and returns a DbDataReader. このメソッドは操作を取り消す通知を配信します。This method propagates a notification that operations should be canceled.

ExecuteDbDataReaderAsync(CommandBehavior, CancellationToken) を呼び出します。Invokes ExecuteDbDataReaderAsync(CommandBehavior, CancellationToken).

(継承元 DbCommand)
ExecuteReaderAsync(CommandBehavior)

ExecuteReader に対して CommandText を実行し、Connection を返す DbDataReader の非同期バージョン。An asynchronous version of ExecuteReader, which executes the CommandText against the Connection and returns a DbDataReader.

ExecuteDbDataReaderAsync(CommandBehavior, CancellationToken) を呼び出します。Invokes ExecuteDbDataReaderAsync(CommandBehavior, CancellationToken).

(継承元 DbCommand)
ExecuteReaderAsync(CommandBehavior, CancellationToken)

ExecuteDbDataReaderAsync(CommandBehavior, CancellationToken) を呼び出します。Invokes ExecuteDbDataReaderAsync(CommandBehavior, CancellationToken).

(継承元 DbCommand)
ExecuteScalar()

クエリを実行し、そのクエリから .NET データ型として返される結果セットの最初の行の最初の列を返します。Executes the query, and returns the first column of the first row in the result set returned by the query as a .NET data type. 追加の列または行は無視されます。Extra columns or rows are ignored.

ExecuteScalarAsync()

クエリを実行し、クエリで返された結果セットの最初の行の最初の列を返す ExecuteScalar() の非同期バージョン。An asynchronous version of ExecuteScalar(), which executes the query and returns the first column of the first row in the result set returned by the query. 他のすべての列および行は無視されます。All other columns and rows are ignored.

CancellationToken.None を使用して、ExecuteScalarAsync(CancellationToken) を呼び出します。Invokes ExecuteScalarAsync(CancellationToken) with CancellationToken.None.

(継承元 DbCommand)
ExecuteScalarAsync(CancellationToken)

これは ExecuteScalar() の非同期バージョンです。This is the asynchronous version of ExecuteScalar(). プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。Providers should override with an appropriate implementation. オプションで、キャンセル トークンを無視できます。The cancellation token may optionally be ignored.

既定の実装は ExecuteScalar() 同期メソッドを呼び出し、完了したタスクを返します。呼び出し元のスレッドはブロックされます。The default implementation invokes the synchronous ExecuteScalar() method and returns a completed task, blocking the calling thread. 既定の実装は、既に取り消されたキャンセル トークンを渡した場合、取り消されたタスクを返します。The default implementation will return a cancelled task if passed an already cancelled cancellation token. ExecuteScalar によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。Exceptions thrown by ExecuteScalar will be communicated via the returned Task Exception property.

返されたタスクが完了するまで DbCommand オブジェクトの他のメソッドとプロパティを呼び出さないでください。Do not invoke other methods and properties of the DbCommand object until the returned Task is complete.

(継承元 DbCommand)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetService(Type)

Component またはその Container で提供されるサービスを表すオブジェクトを返します。Returns an object that represents a service provided by the Component or by its Container.

(継承元 Component)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Prepare()

データ ソースに対する準備済みの (コンパイルされた) コマンドを作成します。Creates a prepared (or compiled) version of the command at the data source.

PrepareAsync(CancellationToken)

準備済み (またはコンパイル済み) バージョンのコマンドをデータ ソース上に非同期に作成します。Asynchronously creates a prepared (or compiled) version of the command on the data source.

(継承元 DbCommand)
ResetCommandTimeout()

CommandTimeout プロパティを既定値にリセットします。Resets the CommandTimeout property to the default value.

ToString()

Component の名前 (存在する場合) を格納する String を返します。Returns a String containing the name of the Component, if any. このメソッドはオーバーライドできません。This method should not be overridden.

(継承元 Component)

イベント

Disposed

Dispose() メソッドの呼び出しによってコンポーネントが破棄されるときに発生します。Occurs when the component is disposed by a call to the Dispose() method.

(継承元 Component)

明示的なインターフェイスの実装

IDbCommand.Connection

この IDbCommand のインスタンスで使用する IDbConnection を取得または設定します。Gets or sets the IDbConnection used by this instance of the IDbCommand.

(継承元 DbCommand)
IDbCommand.CreateParameter()

IDbDataParameter オブジェクトの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of an IDbDataParameter object.

IDbCommand.CreateParameter()

IDbDataParameter オブジェクトの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of an IDbDataParameter object.

(継承元 DbCommand)
IDbCommand.ExecuteReader()

Connection に対して CommandText を実行し、IDataReader をビルドします。Executes the CommandText against the Connection and builds an IDataReader.

IDbCommand.ExecuteReader()

Connection に対して CommandText を実行し、IDataReader をビルドします。Executes the CommandText against the Connection and builds an IDataReader.

(継承元 DbCommand)
IDbCommand.ExecuteReader(CommandBehavior)

CommandText に対して Connection を実行し、IDataReader 値の 1 つを使用して CommandBehavior を構築します。Executes the CommandText against the Connection, and builds an IDataReader by using one of the CommandBehavior values.

IDbCommand.ExecuteReader(CommandBehavior)

Connection に対して CommandText を実行し、CommandBehavior の値のいずれかを使用して IDataReader をビルドします。Executes the CommandText against the Connection, and builds an IDataReader using one of the CommandBehavior values.

(継承元 DbCommand)
IDbCommand.Parameters

IDataParameterCollection を取得します。Gets the IDataParameterCollection.

(継承元 DbCommand)
IDbCommand.Transaction

この DbCommand オブジェクトが実行される DbTransaction を取得または設定します。Gets or sets the DbTransaction within which this DbCommand object executes.

(継承元 DbCommand)

適用対象

こちらもご覧ください