OracleDataAdapter クラス

定義

注意事項

OracleDataAdapter has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260

データ コマンドのセットと、DataSet の格納およびデータベースの更新に使用されるデータベースへの接続を表します。Represents a set of data commands and a connection to a database that are used to fill the DataSet and update the database. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class OracleDataAdapter sealed : System::Data::Common::DbDataAdapter, System::Data::IDbDataAdapter
public ref class OracleDataAdapter sealed : System::Data::Common::DbDataAdapter, ICloneable
public sealed class OracleDataAdapter : System.Data.Common.DbDataAdapter, System.Data.IDbDataAdapter
public sealed class OracleDataAdapter : System.Data.Common.DbDataAdapter, ICloneable
[System.Obsolete("OracleDataAdapter has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260", false)]
public sealed class OracleDataAdapter : System.Data.Common.DbDataAdapter, ICloneable
type OracleDataAdapter = class
    inherit DbDataAdapter
    interface IDbDataAdapter
    interface IDataAdapter
type OracleDataAdapter = class
    inherit DbDataAdapter
    interface IDbDataAdapter
    interface IDataAdapter
    interface ICloneable
[<System.Obsolete("OracleDataAdapter has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260", false)>]
type OracleDataAdapter = class
    inherit DbDataAdapter
    interface IDbDataAdapter
    interface IDataAdapter
    interface ICloneable
Public NotInheritable Class OracleDataAdapter
Inherits DbDataAdapter
Implements IDbDataAdapter
Public NotInheritable Class OracleDataAdapter
Inherits DbDataAdapter
Implements ICloneable
継承
属性
実装

注釈

この型は非推奨です。今後のバージョンの .NET Framework では削除されます。This type is deprecated and will be removed in a future version of the .NET Framework. 詳細については、「 Oracle と ADO.NET」を参照してください。For more information, see Oracle and ADO.NET.

は、 OracleDataAdapter データを取得して保存するためのデータ セット とデータベース間の橋渡し役として機能します。The OracleDataAdapter serves as a bridge between a DataSet and database for retrieving and saving data. は、を使用してデータベースからにデータを読み込み、を使用してに OracleDataAdapter Fill 加えられた変更を DataSet Update データソースに送信することによって、このブリッジを提供し DataSet ます。The OracleDataAdapter provides this bridge by using Fill to load data from the database into the DataSet, and using Update to send changes made in the DataSet back to the data source.

でがいっぱいになると、 OracleDataAdapter DataSet 返されたデータに必要なテーブルと列が作成されます (存在しない場合)。When the OracleDataAdapter fills a DataSet, it creates the necessary tables and columns for the returned data if they do not already exist. ただし、 MissingSchemaAction プロパティがに設定されていない場合、主キーの情報は、暗黙的に作成されるスキーマには含まれません AddWithKeyHowever, primary key information is not included in the implicitly created schema unless the MissingSchemaAction property is set to AddWithKey. また、 OracleDataAdapter DataSet を使用してデータを読み込む前に、主キー情報を含むのスキーマを作成することもでき FillSchema ます。You may also have the OracleDataAdapter create the schema of the DataSet, including primary key information, before filling it with data using FillSchema. 詳細については、「 DataSet への既存の制約の追加」を参照してください。For more information, see Adding Existing Constraints to a DataSet.

注意

既定では、を使用してにインポートされた数値フィールド DataTable Fill は、オブジェクトにマップされ OracleNumber ます。By default, numeric fields imported to a DataTable with Fill are mapped to OracleNumber objects. の有効桁数の OracleNumber 制限に対して大きすぎる、または有効桁数が大きすぎる整数以外の数値をインポートすることにより、をオーバーフローし、Oracle 例外をスローすることができ OracleNumber ます。It is possible to overflow the OracleNumber, and throw an Oracle exception, by importing a non-integral numeric value that is either too large or too high precision for the OracleNumber's precision limitations. 詳細については、の説明を参照してください OracleNumberRefer to the description of OracleNumber for more information.

には、 OracleDataAdapter SelectCommand InsertCommand DeleteCommand UpdateCommand TableMappings データの読み込みと更新を容易にする、、、、およびの各プロパティも含まれています。The OracleDataAdapter also includes the SelectCommand, InsertCommand, DeleteCommand, UpdateCommand, and TableMappings properties to facilitate loading and updating of data.

Oracle 用の .NET Framework Data Provider では、バッチ処理された SQL ステートメントはサポートされていません。The .NET Framework Data Provider for Oracle does not support batched SQL statements. ただし、複数の出力パラメーターを使用して REF CURSOR データセットにデータを格納することができ DataTable ます。However, it does allow you to use multiple REF CURSOR output parameters to fill a DataSet, each in its own DataTable. パラメーターを定義し、出力パラメーターとしてマークし、データ型であることを示す必要があり REF CURSOR ます。You must define the parameters, mark them as output parameters, and indicate that they are REF CURSOR data types. ストアドプロシージャから返されたパラメーターを使用してを格納する場合は、メソッドを使用できないことに注意して Update OracleDataAdapter REF CURSOR ください。 Oracle では、SQL ステートメントの実行時にテーブル名と列名を決定するために必要な情報が提供されないからです。Note that you cannot use the Update method when the OracleDataAdapter is filled using REF CURSOR parameters returned by a stored procedure, because Oracle does not provide the information necessary to determine what the table name and column names are when the SQL statement is executed. 次の C# の例では、このストアドプロシージャが既に作成されていることを前提としています。The following C# example assumes that you have created this stored procedure.

次の Oracle パッケージを Oracle サーバー上に作成します。Create the following Oracle package on the Oracle server.

CREATE OR REPLACE PACKAGE CURSPKG AS   
   TYPE T_CURSOR IS REF CURSOR;   
   PROCEDURE OPEN_ONE_CURSOR (N_EMPNO IN NUMBER,   
      IO_CURSOR OUT T_CURSOR);   
   PROCEDURE OPEN_TWO_CURSORS (EMPCURSOR OUT T_CURSOR,   
      DEPTCURSOR OUT T_CURSOR);  
END CURSPKG;  
/  

Oracle サーバーで、次の Oracle パッケージ本体を作成します。Create the following Oracle package body on the Oracle server.

CREATE OR REPLACE PACKAGE BODY CURSPKG AS   
    PROCEDURE OPEN_ONE_CURSOR (N_EMPNO IN NUMBER,   
                               IO_CURSOR OUT T_CURSOR)   
    IS   
        V_CURSOR T_CURSOR;   
    BEGIN   
        IF N_EMPNO <> 0 THEN   
             OPEN V_CURSOR FOR   
             SELECT EMP.EMPNO, EMP.ENAME, DEPT.DEPTNO, DEPT.DNAME   
                  FROM EMP, DEPT   
                  WHERE EMP.DEPTNO = DEPT.DEPTNO   
                        AND EMP.EMPNO = N_EMPNO;   
        ELSE   
             OPEN V_CURSOR FOR   
             SELECT EMP.EMPNO, EMP.ENAME, DEPT.DEPTNO, DEPT.DNAME   
                  FROM EMP, DEPT   
                  WHERE EMP.DEPTNO = DEPT.DEPTNO;   
        END IF;   
        IO_CURSOR := V_CURSOR;   
    END OPEN_ONE_CURSOR;   
    PROCEDURE OPEN_TWO_CURSORS (EMPCURSOR OUT T_CURSOR,   
                                DEPTCURSOR OUT T_CURSOR)   
    IS   
        V_CURSOR1 T_CURSOR;   
        V_CURSOR2 T_CURSOR;   
    BEGIN   
        OPEN V_CURSOR1 FOR SELECT * FROM EMP;   
        OPEN V_CURSOR2 FOR SELECT * FROM DEPT;   
        EMPCURSOR  := V_CURSOR1;   
        DEPTCURSOR := V_CURSOR2;   
    END OPEN_TWO_CURSORS;   
END CURSPKG;  
 /  

次の C# の例は、ストアドプロシージャを使用してテーブルと列の情報を取得する方法を示しています。The following C# example demonstrates how you might obtain table and column information using the stored procedure.

// GetConnectionString() returns a connection string for  
// the data source.  

string connString = GetConnectionString();  
DataSet ds = new DataSet();  
OracleConnection conn = new OracleConnection(connString);  
OracleCommand cmd = conn.CreateCommand();  

cmd.CommandText = "CURSPKG.OPEN_TWO_CURSORS";  
cmd.CommandType = CommandType.StoredProcedure;  
cmd.Parameters.Add("EMPCURSOR", OracleType.Cursor).Direction =   
       ParameterDirection.Output;  
cmd.Parameters.Add("DEPTCURSOR", OracleType.Cursor).Direction =   
       ParameterDirection.Output;  

OracleDataAdapter da = new OracleDataAdapter(cmd);  
da.TableMappings.Add("Table", "Emp");  
da.TableMappings.Add("Table1", "Dept");  
da.Fill(ds);  

ds.Relations.Add("EmpDept", ds.Tables["Dept"].Columns["Deptno"],   
      ds.Tables["Emp"].Columns["Deptno"], false);  

次の Visual Basic の例は、を使用し OracleDataAdapter て、 DataSet Oracle を使用してにデータを格納する方法を示して REF CURSOR います。The following Visual Basic example demonstrates how to use an OracleDataAdapter to fill a DataSet using an Oracle REF CURSOR. これらの例では、Oracle Scott/トラスキーマで定義されているテーブルを使用し、次の PL/SQL パッケージとパッケージ本文が必要です。These examples use tables that are defined in the Oracle Scott/Tiger schema, and require the following PL/SQL package and package body. これらの例を使用するには、サーバーでこれらを作成する必要があります。You must create these on your server to use the examples.

次の Oracle パッケージを Oracle サーバー上に作成します。Create the following Oracle package on the Oracle server.

CREATE OR REPLACE PACKAGE CURSPKG AS   
   TYPE T_CURSOR IS REF CURSOR;   
   PROCEDURE OPEN_ONE_CURSOR (N_EMPNO IN NUMBER,   
      IO_CURSOR OUT T_CURSOR);   
   PROCEDURE OPEN_TWO_CURSORS (EMPCURSOR OUT T_CURSOR,   
      DEPTCURSOR OUT T_CURSOR);  
END CURSPKG;  
/  

Oracle サーバーで、次の Oracle パッケージ本体を作成します。Create the following Oracle package body on the Oracle server.

CREATE OR REPLACE PACKAGE BODY CURSPKG AS   
    PROCEDURE OPEN_ONE_CURSOR (N_EMPNO IN NUMBER,   
                               IO_CURSOR OUT T_CURSOR)   
    IS   
        V_CURSOR T_CURSOR;   
    BEGIN   
        IF N_EMPNO <> 0 THEN   
             OPEN V_CURSOR FOR   
             SELECT EMP.EMPNO, EMP.ENAME, DEPT.DEPTNO, DEPT.DNAME   
                  FROM EMP, DEPT   
                  WHERE EMP.DEPTNO = DEPT.DEPTNO   
                        AND EMP.EMPNO = N_EMPNO;   
        ELSE   
             OPEN V_CURSOR FOR   
             SELECT EMP.EMPNO, EMP.ENAME, DEPT.DEPTNO, DEPT.DNAME   
                  FROM EMP, DEPT   
                  WHERE EMP.DEPTNO = DEPT.DEPTNO;   
        END IF;   
        IO_CURSOR := V_CURSOR;   
    END OPEN_ONE_CURSOR;   
    PROCEDURE OPEN_TWO_CURSORS (EMPCURSOR OUT T_CURSOR,   
                                DEPTCURSOR OUT T_CURSOR)   
    IS   
        V_CURSOR1 T_CURSOR;   
        V_CURSOR2 T_CURSOR;   
    BEGIN   
        OPEN V_CURSOR1 FOR SELECT * FROM EMP;   
        OPEN V_CURSOR2 FOR SELECT * FROM DEPT;   
        EMPCURSOR  := V_CURSOR1;   
        DEPTCURSOR := V_CURSOR2;   
    END OPEN_TWO_CURSORS;   
END CURSPKG;  
 /  

この Visual Basic の例では、2つのパラメーターを返す PL/SQL ストアドプロシージャを実行し、返された REF CURSOR 行をに入力し DataSet ます。This Visual Basic example executes a PL/SQL stored procedure that returns two REF CURSOR parameters, and fills a DataSet with the rows that are returned.

' GetConnectionString() returns a connection string for  
' the data source.  

    Dim connString As New String(GetConnectionString())  
    Dim ds As New DataSet()  
    Dim conn As New OracleConnection(connString)  
    Dim cmd As OracleCommand = conn.CreateCommand()  

    cmd.CommandText = "CURSPKG.OPEN_TWO_CURSORS"  
    cmd.CommandType = CommandType.StoredProcedure  
    cmd.Parameters.Add("EMPCURSOR", OracleType.Cursor).Direction = _  
       ParameterDirection.Output  
    cmd.Parameters.Add("DEPTCURSOR", OracleType.Cursor).Direction = _  
       ParameterDirection.Output  

    Dim da As New OracleDataAdapter(cmd)  
    da.TableMappings.Add("Table", "Emp")  
    da.TableMappings.Add("Table1", "Dept")  
    da.Fill(ds)  

    ds.Relations.Add("EmpDept", ds.Tables("Dept").Columns("Deptno"), _  
      ds.Tables("Emp").Columns("Deptno"), False)  

を使用してまたは操作を実行した後、 OracleDataAdapter Fill FillSchema DataColumn.ReadOnly 列を更新できるかどうかに関係なく、プロパティは常に false を返します。これは、Oracle サーバーがこの情報を返さないためです。After using the OracleDataAdapter to perform a Fill or FillSchema operation, the DataColumn.ReadOnly property always returns false, regardless of whether a column can be updated or not, because the Oracle server does not return this information.

コンストラクター

OracleDataAdapter()

OracleDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OracleDataAdapter class.

OracleDataAdapter(OracleCommand)

指定した SQL SELECT ステートメントを使用して、OracleDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OracleDataAdapter class with the specified SQL SELECT statement.

OracleDataAdapter(String, OracleConnection)

SQL SELECT ステートメントと OracleDataAdapter を使用して、OracleConnection クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OracleDataAdapter class with an SQL SELECT statement and an OracleConnection.

OracleDataAdapter(String, String)

SQL SELECT ステートメントと接続文字列を使用して、OracleDataAdapter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OracleDataAdapter class with an SQL SELECT statement and a connection string.

フィールド

DefaultSourceTableName

DataAdapter オブジェクトがテーブル マップに使用する既定の名前。The default name used by the DataAdapter object for table mappings.

(継承元 DbDataAdapter)

プロパティ

AcceptChangesDuringFill

Fill 操作中に DataTableDataRow が追加された後で、その行に対して AcceptChanges() を呼び出すかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether AcceptChanges() is called on a DataRow after it is added to the DataTable during any of the Fill operations.

(継承元 DataAdapter)
AcceptChangesDuringUpdate

AcceptChanges()Update(DataSet) が呼び出されるかどうかを取得または設定します。Gets or sets whether AcceptChanges() is called during a Update(DataSet).

(継承元 DataAdapter)
CanRaiseEvents

コンポーネントがイベントを発生させることがきるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the component can raise an event.

(継承元 Component)
Container

IContainer を含む Component を取得します。Gets the IContainer that contains the Component.

(継承元 Component)
ContinueUpdateOnError

行の更新中にエラーが発生したときに、例外を生成するかどうかを指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that specifies whether to generate an exception when an error is encountered during a row update.

(継承元 DataAdapter)
DeleteCommand

データベース内のレコードを削除するための SQL ステートメントまたはストアド プロシージャを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement or stored procedure used to delete records in the database.

DesignMode

Component が現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the Component is currently in design mode.

(継承元 Component)
Events

Component に結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。Gets the list of event handlers that are attached to this Component.

(継承元 Component)
FillCommandBehavior

データ アダプターにデータを読み込むコマンドの動作を取得または設定します。Gets or sets the behavior of the command used to fill the data adapter.

(継承元 DbDataAdapter)
FillLoadOption

アダプターが LoadOption から DataTable にデータを読み込む方法を決定する DbDataReader を取得または設定します。Gets or sets the LoadOption that determines how the adapter fills the DataTable from the DbDataReader.

(継承元 DataAdapter)
InsertCommand

データベースに新しいレコードを挿入するための SQL ステートメントまたはストアド プロシージャを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement or stored procedure used to insert new records into the database.

MissingMappingAction

一致するテーブルまたは列が受信データに含まれていない場合に実行するアクションを決定します。Determines the action to take when incoming data does not have a matching table or column.

(継承元 DataAdapter)
MissingSchemaAction

既存の DataSet スキーマが受信データと一致しないときに実行するアクションを決定します。Determines the action to take when existing DataSet schema does not match incoming data.

(継承元 DataAdapter)
ReturnProviderSpecificTypes

Fill メソッドがプロバイダー固有の値、または共通の CLS 準拠の値のどちらを返すかを取得または設定します。Gets or sets whether the Fill method should return provider-specific values or common CLS-compliant values.

(継承元 DataAdapter)
SelectCommand

データベース内のレコードを選択するための SQL ステートメントまたはストアド プロシージャを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement or stored procedure used to select records in the database.

Site

ComponentISite を取得または設定します。Gets or sets the ISite of the Component.

(継承元 Component)
TableMappings

ソース テーブルと DataTable との間のマスター マップを提供するコレクションを取得します。Gets a collection that provides the master mapping between a source table and a DataTable.

(継承元 DataAdapter)
UpdateBatchSize

バッチ処理サポートを有効にするかどうか、および、1 回のバッチで実行可能なコマンド数を指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that enables or disables batch processing support, and specifies the number of commands that can be executed in a batch.

UpdateBatchSize

バッチ処理サポートを有効にするかどうか、および、1 回のバッチで実行可能なコマンド数を指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that enables or disables batch processing support, and specifies the number of commands that can be executed in a batch.

(継承元 DbDataAdapter)
UpdateCommand

データベース内のレコードを更新するための SQL ステートメントまたはストアド プロシージャを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement or stored procedure used to update records in the database.

メソッド

AddToBatch(IDbCommand)

IDbCommand を現在のバッチに追加します。Adds a IDbCommand to the current batch.

(継承元 DbDataAdapter)
ClearBatch()

バッチからすべての IDbCommand オブジェクトを削除します。Removes all IDbCommand objects from the batch.

(継承元 DbDataAdapter)
CloneInternals()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

この DataAdapter のインスタンスのコピーを作成します。Creates a copy of this instance of DataAdapter.

(継承元 DataAdapter)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
CreateRowUpdatedEvent(DataRow, IDbCommand, StatementType, DataTableMapping)

RowUpdatedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RowUpdatedEventArgs class.

(継承元 DbDataAdapter)
CreateRowUpdatingEvent(DataRow, IDbCommand, StatementType, DataTableMapping)

RowUpdatingEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RowUpdatingEventArgs class.

(継承元 DbDataAdapter)
CreateTableMappings()

新しい DataTableMappingCollection を作成します。Creates a new DataTableMappingCollection.

(継承元 DataAdapter)
Dispose()

Component によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Component.

(継承元 Component)
Dispose(Boolean)

DbDataAdapter によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the DbDataAdapter and optionally releases the managed resources.

(継承元 DbDataAdapter)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
ExecuteBatch()

現在のバッチを実行します。Executes the current batch.

(継承元 DbDataAdapter)
Fill(DataSet)

DataSet 内の行を追加または更新します。Adds or refreshes rows in the DataSet.

(継承元 DbDataAdapter)
Fill(DataSet, Int32, Int32, String)

DataSet 名および DataSet 名を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataTable 内の指定した範囲の行を追加または更新します。Adds or refreshes rows in a specified range in the DataSet to match those in the data source using the DataSet and DataTable names.

(継承元 DbDataAdapter)
Fill(DataSet, Int32, Int32, String, IDbCommand, CommandBehavior)

DataSet 名、ソース テーブル名、コマンド文字列、およびコマンド動作を使用して、データ ソース内の列と一致するように、DataSet 内の指定した範囲の行を追加または更新します。Adds or refreshes rows in a specified range in the DataSet to match those in the data source using the DataSet and source table names, command string, and command behavior.

(継承元 DbDataAdapter)
Fill(DataSet, String)

DataSet 名および DataSet 名を使用して、データ ソース内の列と一致するように DataTable 内の行を追加または更新します。Adds or refreshes rows in the DataSet to match those in the data source using the DataSet and DataTable names.

(継承元 DbDataAdapter)
Fill(DataSet, String, IDataReader, Int32, Int32)

DataSetDataTableIDataReader の名前を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataSet 内の指定した範囲の行を追加または更新します。Adds or refreshes rows in a specified range in the DataSet to match those in the data source using the DataSet, DataTable, and IDataReader names.

(継承元 DbDataAdapter)
Fill(DataTable)

DataSet 名を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataTable 内の指定した範囲の行を追加または更新します。Adds or refreshes rows in a specified range in the DataSet to match those in the data source using the DataTable name.

(継承元 DbDataAdapter)
Fill(DataTable, IDataReader)

指定した DataTableIDataReader の名前を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataTable 内の行を追加または更新します。Adds or refreshes rows in a DataTable to match those in the data source using the specified DataTable and IDataReader names.

(継承元 DbDataAdapter)
Fill(DataTable, IDbCommand, CommandBehavior)

指定した DataTableDataTable、および IDbCommand を使用して、データ ソース内の行と一致するように、CommandBehavior 内の行を追加または更新します。Adds or refreshes rows in a DataTable to match those in the data source using the specified DataTable, IDbCommand and CommandBehavior.

(継承元 DbDataAdapter)
Fill(DataTable[], IDataReader, Int32, Int32)

データ ソース内の行と一致するように、DataTable オブジェクトのコレクション内の指定した範囲の行を追加または更新します。Adds or refreshes rows in a specified range in the collection of DataTable objects to match those in the data source.

(継承元 DataAdapter)
Fill(DataTable[], Int32, Int32, IDbCommand, CommandBehavior)

DataSet 名および DataSet 名を使用して、データ ソース内の行と一致するように、DataTable 内の指定した範囲の行を追加または更新します。Adds or refreshes rows in a specified range in the DataSet to match those in the data source using the DataSet and DataTable names.

(継承元 DbDataAdapter)
Fill(Int32, Int32, DataTable[])

指定したレコード位置で開始し、指定した最大数のレコードを読み込んで、データ ソース内の行と一致するように、DataTable 内の行を追加または更新します。Adds or refreshes rows in a DataTable to match those in the data source starting at the specified record and retrieving up to the specified maximum number of records.

(継承元 DbDataAdapter)
FillSchema(DataSet, SchemaType)

"Table" という名前の DataTable を指定された DataSet に追加し、指定された SchemaType に基づいて、データ ソースにあるスキーマと一致するようにスキーマを構成します。Adds a DataTable named "Table" to the specified DataSet and configures the schema to match that in the data source based on the specified SchemaType.

(継承元 DbDataAdapter)
FillSchema(DataSet, SchemaType, IDbCommand, String, CommandBehavior)

指定した DataTableDataSet を追加し、指定した SchemaType に基づいて、データ ソース内のスキーマと一致するようにスキーマを設定します。Adds a DataTable to the specified DataSet and configures the schema to match that in the data source based on the specified SchemaType.

(継承元 DbDataAdapter)
FillSchema(DataSet, SchemaType, String)

指定した DataTableDataSet を追加し、指定した SchemaType および DataTable に基づいて、データ ソース内のスキーマと一致するようにスキーマを設定します。Adds a DataTable to the specified DataSet and configures the schema to match that in the data source based upon the specified SchemaType and DataTable.

(継承元 DbDataAdapter)
FillSchema(DataSet, SchemaType, String, IDataReader)

DataTable を指定した DataSet に追加します。Adds a DataTable to the specified DataSet.

(継承元 DataAdapter)
FillSchema(DataTable, SchemaType)

指定した DataTable に基いて、指定した SchemaType のスキーマを設定します。Configures the schema of the specified DataTable based on the specified SchemaType.

(継承元 DbDataAdapter)
FillSchema(DataTable, SchemaType, IDataReader)

DataTable を指定した DataSet に追加します。Adds a DataTable to the specified DataSet.

(継承元 DataAdapter)
FillSchema(DataTable, SchemaType, IDbCommand, CommandBehavior)

指定した DataTable、コマンド文字列、および SchemaType 値に基づいて、指定した CommandBehavior のスキーマを設定します。Configures the schema of the specified DataTable based on the specified SchemaType, command string, and CommandBehavior values.

(継承元 DbDataAdapter)
GetBatchedParameter(Int32, Int32)

現在のバッチのコマンドの 1 つから IDataParameter を返します。Returns a IDataParameter from one of the commands in the current batch.

(継承元 DbDataAdapter)
GetBatchedRecordsAffected(Int32, Int32, Exception)

バッチ更新内の、個々の更新の試行に関する情報を返します。Returns information about an individual update attempt within a larger batched update.

(継承元 DbDataAdapter)
GetFillParameters()

SQL SELECT ステートメントの実行時にユーザーが設定したパラメーターを取得します。Gets the parameters set by the user when executing an SQL SELECT statement.

(継承元 DbDataAdapter)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetService(Type)

Component またはその Container で提供されるサービスを表すオブジェクトを返します。Returns an object that represents a service provided by the Component or by its Container.

(継承元 Component)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
HasTableMappings()

DataTableMappingCollection が作成されているかどうかを示します。Indicates whether a DataTableMappingCollection has been created.

(継承元 DataAdapter)
InitializeBatching()

DbDataAdapter のバッチ処理を初期化します。Initializes batching for the DbDataAdapter.

(継承元 DbDataAdapter)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
OnFillError(FillErrorEventArgs)

FillError イベントを発生させます。Raises the FillError event.

(継承元 DbDataAdapter)
OnRowUpdated(RowUpdatedEventArgs)

.NET データ プロバイダーの RowUpdated イベントを発生させます。Raises the RowUpdated event of a .NET data provider.

(継承元 DbDataAdapter)
OnRowUpdating(RowUpdatingEventArgs)

.NET データ プロバイダーの RowUpdating イベントを発生させます。Raises the RowUpdating event of a .NET data provider.

(継承元 DbDataAdapter)
ResetFillLoadOption()

FillLoadOption を既定の状態にリセットし、Fill(DataSet)AcceptChangesDuringFill を受け入れるようにします。Resets FillLoadOption to its default state and causes Fill(DataSet) to honor AcceptChangesDuringFill.

(継承元 DataAdapter)
ShouldSerializeAcceptChangesDuringFill()

AcceptChangesDuringFill プロパティを永続化する必要があるかどうかを判断します。Determines whether the AcceptChangesDuringFill property should be persisted.

(継承元 DataAdapter)
ShouldSerializeFillLoadOption()

FillLoadOption プロパティを永続化する必要があるかどうかを判断します。Determines whether the FillLoadOption property should be persisted.

(継承元 DataAdapter)
ShouldSerializeTableMappings()

1 つ以上の DataTableMapping オブジェクトが存在し、それらを永続化する必要があるかどうかを確認します。Determines whether one or more DataTableMapping objects exist and they should be persisted.

(継承元 DataAdapter)
TerminateBatching()

DbDataAdapter のバッチ処理を終了します。Ends batching for the DbDataAdapter.

(継承元 DbDataAdapter)
ToString()

Component の名前 (存在する場合) を格納する String を返します。Returns a String containing the name of the Component, if any. このメソッドはオーバーライドできません。This method should not be overridden.

(継承元 Component)
Update(DataRow[])

指定した DataSet 内の配列での挿入行、更新行、または削除行に対して INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に実行することで、データベースの値を更新します。Updates the values in the database by executing the respective INSERT, UPDATE, or DELETE statements for each inserted, updated, or deleted row in the specified array in the DataSet.

(継承元 DbDataAdapter)
Update(DataRow[], DataTableMapping)

指定した DataSet オブジェクトの配列内の挿入行、更新行、または削除行に対して INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に実行することで、データベースの値を更新します。Updates the values in the database by executing the respective INSERT, UPDATE, or DELETE statements for each inserted, updated, or deleted row in the specified array of DataSet objects.

(継承元 DbDataAdapter)
Update(DataSet)

指定した DataSet での挿入行、更新行、または削除行に対して INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に実行することで、データベースの値を更新します。Updates the values in the database by executing the respective INSERT, UPDATE, or DELETE statements for each inserted, updated, or deleted row in the specified DataSet.

(継承元 DbDataAdapter)
Update(DataSet, String)

DataSet 内の指定した DataTable 名を持つ挿入行、更新行、または削除行に対して INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に実行することで、データベースの値を更新します。Updates the values in the database by executing the respective INSERT, UPDATE, or DELETE statements for each inserted, updated, or deleted row in the DataSet with the specified DataTable name.

(継承元 DbDataAdapter)
Update(DataTable)

指定した DataTable での挿入行、更新行、または削除行に対して INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを個別に実行することで、データベースの値を更新します。Updates the values in the database by executing the respective INSERT, UPDATE, or DELETE statements for each inserted, updated, or deleted row in the specified DataTable.

(継承元 DbDataAdapter)

イベント

Disposed

Dispose() メソッドの呼び出しによってコンポーネントが破棄されるときに発生します。Occurs when the component is disposed by a call to the Dispose() method.

(継承元 Component)
FillError

格納操作中にエラーが発生したときに返されます。Returned when an error occurs during a fill operation.

(継承元 DbDataAdapter)
RowUpdated

更新操作中に、データベースに対してコマンドが実行された後に発生します。Occurs during an update operation after a command is executed against the database.

RowUpdating

Update(DataSet) 処理中に、データ ソースに対してコマンドが実行される前に発生します。Occurs during Update(DataSet) before a command is executed against the data source.

明示的なインターフェイスの実装

ICloneable.Clone()

このメンバーの詳細については、「Clone()」をご覧ください。For a description of this member, see Clone().

ICloneable.Clone()
互換性のために残されています。

現在のインスタンスのコピーである新しいオブジェクトを作成します。Creates a new object that is a copy of the current instance.

(継承元 DbDataAdapter)
IDataAdapter.TableMappings

ソース テーブルをデータセット テーブルに割り当てる方法を示します。Indicates how a source table is mapped to a dataset table.

(継承元 DataAdapter)
IDbDataAdapter.DeleteCommand

このメンバーの詳細については、「DeleteCommand」をご覧ください。For a description of this member, see DeleteCommand.

IDbDataAdapter.DeleteCommand

データ セットからレコードを削除する SQL ステートメントを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement for deleting records from the data set.

(継承元 DbDataAdapter)
IDbDataAdapter.InsertCommand

このメンバーの詳細については、「InsertCommand」をご覧ください。For a description of this member, see InsertCommand.

IDbDataAdapter.InsertCommand

データ ソースに新しいレコードを挿入する SQL ステートメントを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement used to insert new records into the data source.

(継承元 DbDataAdapter)
IDbDataAdapter.SelectCommand

このメンバーの詳細については、「SelectCommand」をご覧ください。For a description of this member, see SelectCommand.

IDbDataAdapter.SelectCommand

データ ソース内のレコードを選択する SQL ステートメントを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement used to select records in the data source.

(継承元 DbDataAdapter)
IDbDataAdapter.UpdateCommand

このメンバーの詳細については、「UpdateCommand」をご覧ください。For a description of this member, see UpdateCommand.

IDbDataAdapter.UpdateCommand

データ ソース内のレコードを更新する SQL ステートメントを取得または設定します。Gets or sets an SQL statement used to update records in the data source.

(継承元 DbDataAdapter)

適用対象

こちらもご覧ください