OracleDataReader.GetSchemaTable メソッド

定義

OracleDataReader の列メタデータを記述する DataTable を返します。Returns a DataTable that describes the column metadata of the OracleDataReader.

public:
 virtual System::Data::DataTable ^ GetSchemaTable();
public:
 override System::Data::DataTable ^ GetSchemaTable();
public System.Data.DataTable GetSchemaTable ();
public override System.Data.DataTable GetSchemaTable ();
abstract member GetSchemaTable : unit -> System.Data.DataTable
override this.GetSchemaTable : unit -> System.Data.DataTable
override this.GetSchemaTable : unit -> System.Data.DataTable
Public Function GetSchemaTable () As DataTable
Public Overrides Function GetSchemaTable () As DataTable

戻り値

DataTable

列メタデータを記述する DataTableA DataTable that describes the column metadata.

実装

注釈

メソッドは、 GetSchemaTable 各列に関するメタデータを次の順序で返します。The GetSchemaTable method returns metadata about each column in the following order:

DataReader 列DataReader Column [説明]Description
ColumnNameColumnName 列の名前です。これは一意ではない可能性があります。The name of the column; this might not be unique. 列名を特定できない場合は、null 値が返されます。If the column name cannot be determined, a null value is returned. この名前には、常に現在のビューまたはコマンドテキストの列の最新の名前が反映されます。This name always reflects the most recent naming of the column in the current view or command text.
ColumnOrdinalColumnOrdinal 列の 0 から始まる序数。The zero-based ordinal of the column. この列に NULL 値を含めることはできません。This column cannot contain a null value.
ColumnSizeColumnSize 列に格納できる値の最大の長さ。The maximum possible length of a value in the column. 固定長データ型を使用する列の場合、これはデータ型のサイズです。For columns that use a fixed-length data type, this is the size of the data type.
NumericPrecisionNumericPrecision DbTypeが numeric データ型である場合、これは列の最大有効桁数になります。If DbType is a numeric data type, this is the maximum precision of the column. 有効桁数は、列の定義によって異なります。The precision depends on the definition of the column. Float``DoubleOracle のデータ型とデータ型は、バイナリ精度です。Float and Double data types in Oracle are binary precision.
NumericScaleNumericScale DbTypeが数値データ型である場合は、小数点の右側の桁数。If DbType is a numeric data type, the number of digits to the right of the decimal point. Float``DoubleOracle のデータ型は、バイナリスケールです。Float and Double data types in Oracle are binary scale.
DataTypeDataType は、の共通言語ランタイム型にマップさ DbType れます。Maps to the common language runtime type of DbType.
IsLongIsLong true 非常に長いデータを含むバイナリ Long オブジェクト (BLOB) が列に含まれている場合。true if the column contains a Binary Long Object (BLOB) that contains very long data.
AllowDBNullAllowDBNull true コンシューマーが列を null 値に設定できる場合はです。それ以外の場合は falsetrue if the consumer can set the column to a null value; otherwise, false. 列を NULL 値に設定できない場合でも、列に NULL 値が含まれる場合があります。A column may contain null values, even if it cannot be set to a null value.
IsUniqueIsUnique true: ベーステーブルに2つの行がありません。によって返されるテーブルは、 BaseTableName この列に同じ値を持つことができます。true: No two rows in the base table-the table returned in BaseTableName -can have the same value in this column. true 列がそれ自体によってキーを構成する場合、またはこの列にのみ適用される UNIQUE 型の制約がある場合、isunique はになることが保証されます。IsUnique is guaranteed to be true if the column constitutes a key by itself or if there is a constraint of type UNIQUE that applies only to this column. false: 列には、ベーステーブル内の重複する値を含めることができます。false: The column can contain duplicate values in the base table. この列の既定値は false です。The default for this column is false.
IsKeyIsKey true: 列は、行セット内の列のセットの1つで、行を一意に識別するために使用されます。true: The column is one of a set of columns in the rowset that, taken together, uniquely identify the row. IsKey が true に設定されている列のセットでは、行セット内の行を一意に識別する必要があります。The set of columns with IsKey set to true must uniquely identify a row in the rowset. この列のセットは列の最小セットである必要はありません。There is no requirement that this set of columns is a minimal set of columns. この列のセットは、ベース テーブルの主キー、一意の制約、または一意のインデックスから生成できます。This set of columns may be generated from a base table primary key, a unique constraint or a unique index. false: 列は、行を一意に識別するためには必要ありません。false: The column is not required to uniquely identify the row.
BaseTableNameBaseTableName 列を含むデータ ストア内のテーブルまたはビューの名前です。The name of the table or view in the data store that contains the column. ベースのテーブル名が確認できない場合は、NULL 値です。A null value if the base table name cannot be determined. この列の既定値は null 値です。The default of this column is a null value.
BaseColumnNameBaseColumnName データ ストア内での列名。The name of the column in the data store. 別名が使用されている場合は、 ColumnName 列に返される列名とは異なる場合があります。This might be different than the column name returned in the ColumnName column if an alias was used. ベース列名を特定できない場合、または行セット列がデータストア内の列と同じではない場合、null 値。A null value if the base column name cannot be determined or if the rowset column is derived, but not identical to, a column in the data store. この列の既定値は null 値です。The default for this column is a null value.
BaseSchemaNameBaseSchemaName 列を含むデータ ストア内のスキーマの名前です。The name of the schema in the data store that contains the column. ベース スキーマ名が確認できない場合は、NULL 値です。A null value if the base schema name cannot be determined. この列の既定値は null 値です。The default for this column is a null value.

結果セット内のすべての列に対して行が返されます。A row is returned for every column in the results set.

注意

メタデータ列が正しい情報を返すようにするには、 ExecuteReader behavior パラメーターをに設定してを呼び出す必要があり KeyInfo ます。To ensure that metadata columns return the correct information, you must call ExecuteReader with the behavior parameter set to KeyInfo. それ以外の場合、スキーマテーブルの一部の列は、既定値、null 値、または正しくないデータを返すことがあります。Otherwise, some of the columns in the schema table may return default, null, or incorrect data.

適用対象