OracleException クラス

定義

Oracle データベースまたは .NET Framework Oracle 用データ プロバイダーから警告またはエラーが返された場合に生成される例外。 このクラスは継承できません。

public ref class OracleException sealed : SystemException
public ref class OracleException sealed : System::Data::Common::DbException
[System.Serializable]
public sealed class OracleException : SystemException
[System.Serializable]
public sealed class OracleException : System.Data.Common.DbException
[<System.Serializable>]
type OracleException = class
    inherit SystemException
[<System.Serializable>]
type OracleException = class
    inherit DbException
Public NotInheritable Class OracleException
Inherits SystemException
Public NotInheritable Class OracleException
Inherits DbException
継承
OracleException
継承
属性

次の例では、データベースが見つからないために原因が生成 OracleException され、例外が表示されます。

public void ShowOracleException()
{
   OracleConnection myConnection =
      new OracleConnection("Data Source=Oracle8i;Integrated Security=yes");

   try
   {
      myConnection.Open();
   }
   catch (OracleException e)
   {
     string errorMessage = "Code: " + e.Code + "\n" +
                           "Message: " + e.Message;

     System.Diagnostics.EventLog log = new System.Diagnostics.EventLog();
     log.Source = "My Application";
     log.WriteEntry(errorMessage);
     Console.WriteLine("An exception occurred. Please contact your system administrator.");
   }
}
Public Sub ShowOracleException() 

   Dim myConnection As OracleConnection = _
      New OracleConnection("Data Source=Oracle8i;Integrated Security=yes")

   Try 

      myConnection.Open()

   Catch e As OracleException

     Dim errorMessage As String = "Code: " & e.Code & vbCrLf & _
                                  "Message: " & e.Message

     Dim log As New System.Diagnostics.EventLog()
     log.Source = "My Application"
     log.WriteEntry(errorMessage)
     Console.WriteLine("An exception occurred. Please contact your system administrator.")

   End Try
End Sub

注釈

このクラスは、処理できない状況が発生するたびに OracleDataAdapter 作成されます。

エラーの重大度レベルが高すぎる場合、サーバーは OracleConnection を閉じることがあります。 ただし、ユーザーは接続を再び開き、続行できます。

プロパティ

BatchCommand

これが DbException 実行時にスローされた場合は、 DbBatch例外をトリガーした特定 DbBatchCommand のオブジェクトを参照します。

(継承元 DbException)
Code

エラーのコード部分を整数として取得します。

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キーと値のペアのコレクションを取得します。

(継承元 Exception)
DbBatchCommand

派生クラスでオーバーライドされた場合、例外の実行時にこれが DbException スローされた場合は DbBatch、例外をトリガーした特定 DbBatchCommand のクラスを参照します。

(継承元 DbException)
ErrorCode

エラーの HRESULT を取得します。

(継承元 ExternalException)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。

(継承元 Exception)
IsTransient

この DbException によって表されるエラーが一時的なエラーである可能性があるかどうか、つまり他に何も変更せずにトリガー操作を再試行しても成功する可能性があるかどうかを示します。

(継承元 DbException)
Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。

(継承元 Exception)
SqlState

それをサポートしているデータベース プロバイダーの場合、データベース操作の成功または失敗を示す標準的な SQL の 5 文字のリターン コードが含まれます。 最初の 2 文字は、リターン コードのクラス (エラー、成功など) を表します。最後の 3 文字はサブクラスを表し、データベースに移植可能な方法でエラー シナリオを検出できます。

それをサポートしていないデータベース プロバイダーの場合、または該当しないエラー シナリオの場合は、null が含まれます。

(継承元 DbException)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の根本原因である Exception を返します。

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

例外に関する情報を含む SerializationInfo を設定します。

GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。

(継承元 Exception)
ToString()

エラーの HRESULT が格納された文字列を返します。

(継承元 ExternalException)

イベント

SerializeObjectState
互換性のために残されています。

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。

(継承元 Exception)

適用対象