OracleParameter.Value OracleParameter.Value OracleParameter.Value OracleParameter.Value Property

定義

パラメーターの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the parameter.

public:
 virtual property System::Object ^ Value { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.ComponentModel.StringConverter))]
public override object Value { get; set; }
member this.Value : obj with get, set
Public Overrides Property Value As Object

プロパティ値

パラメーターの値を示すオブジェクト。An object that is the value of the parameter. 既定値は NULL です。The default value is null.

実装

注釈

入力パラメーターの値がバインドされている、OracleCommandサーバーに送信されます。For input parameters, the value is bound to the OracleCommand that is sent to the server. 完了時に出力パラメーターと戻り値パラメーターの値を設定、OracleCommand以降、OracleDataReaderが閉じられました。For output and return-value parameters, the value is set on completion of the OracleCommand and after the OracleDataReader is closed.

入力パラメーター、 Value Microsoft .NET Framework のデータ型または Oracle のデータ型のいずれかのオブジェクトに設定することができます (たとえば、OracleNumberまたはOracleString)。For an input parameter, Value can be set to an object of either a Microsoft .NET Framework data type or an Oracle data type (for example, an OracleNumber or OracleString).

Null パラメーター値をサーバーに送信する場合は、DBNull、null でないを指定する必要があります。When you send a null parameter value to the server, you must specify DBNull, not null. システムの null 値では、値がない空オブジェクトです。A null value in the system is an empty object that has no value. DBNull を使用してを null 値を表します。DBNull is used to represent null values.

アプリケーションでは、データベースの種類を指定する場合、プロバイダーがサーバーに、データを送信すると、バインドされた値がその型に変換されます。If the application specifies the database type, the bound value is converted to that type when the provider sends the data to the server. サポートしている場合は、あらゆる種類の値を変換すると、プロバイダー、IConvertibleインターフェイス。The provider tries to convert any type of value if it supports the IConvertible interface. 指定した型の値と互換性がない場合、変換エラーがあります。Conversion errors may result if the specified type is not compatible with the value.

DbTypeOracleType、およびSize値を設定して、パラメーターのプロパティを推論することができます。The DbType, OracleType, and Size properties of a parameter can be inferred by setting Value. そのため、それらを指定する必要はありません。Therefore, you are not required to specify them. ただし、これらはでOracleParameterプロパティの設定。However, they are not exposed in OracleParameter property settings. たとえば、パラメーターのサイズが推論されている場合のサイズは含まれません推定値ステートメントの実行後。For example, if the size of the parameter has been inferred, Size does not contain inferred value after statement execution.

InputOutputOutput、およびReturnValueParameterDirection場合を除いて、入力値、Oracle のデータ型、値プロパティによって使用される値は Microsoft .NET Framework のデータ型になります (たとえば、OracleNumberまたはOracleString)。The InputOutput, Output, and ReturnValueParameterDirection values used by the Value property will be Microsoft .NET Framework data types, unless the input value was an Oracle data type (for example, OracleNumber or OracleString). LOB データ型または REF CURSOR、BFILE に適用されますこのしません。This does not apply to REF CURSOR, BFILE, or LOB data types.

Valueプロパティは上書き、 Updateメソッド。The Value property is overwritten by the Update method.

適用対象