OracleParameterCollection クラス

定義

OracleCommand に関連するパラメーターと、DataSet 内の列に対するそれぞれのマッピングのコレクションを表します。Represents a collection of parameters relevant to an OracleCommand as well as their respective mappings to columns in a DataSet. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class OracleParameterCollection sealed : MarshalByRefObject, System::Collections::IList, System::Data::IDataParameterCollection
public ref class OracleParameterCollection sealed : System::Data::Common::DbParameterCollection
[System.ComponentModel.ListBindable(false)]
public sealed class OracleParameterCollection : MarshalByRefObject, System.Collections.IList, System.Data.IDataParameterCollection
[System.ComponentModel.ListBindable(false)]
public sealed class OracleParameterCollection : System.Data.Common.DbParameterCollection
[<System.ComponentModel.ListBindable(false)>]
type OracleParameterCollection = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IDataParameterCollection
    interface IList
    interface ICollection
    interface IEnumerable
[<System.ComponentModel.ListBindable(false)>]
type OracleParameterCollection = class
    inherit DbParameterCollection
Public NotInheritable Class OracleParameterCollection
Inherits MarshalByRefObject
Implements IDataParameterCollection, IList
Public NotInheritable Class OracleParameterCollection
Inherits DbParameterCollection
継承
OracleParameterCollection
継承
OracleParameterCollection
属性
実装

次の例では、内のを使用して、の複数のインスタンスを作成し OracleParameter OracleParameterCollection OracleDataAdapter ます。The following example creates multiple instances of OracleParameter through the OracleParameterCollection within the OracleDataAdapter. これらのパラメーターは、データベース内のデータを選択し、そのデータをに配置するために使用され DataSet ます。These parameters are used to select data within the database and then place the data in the DataSet. この例では、 DataSet とが、 OracleDataAdapter 適切なスキーマ、コマンド、および接続を使用して既に作成されていることを前提としています。This example assumes that a DataSet and an OracleDataAdapter have already been created with the appropriate schema, commands, and connection.

public void AddOracleParameters()
 {
 // ...
 // create dataSet and adapter
 // ...
   adapter.SelectCommand.Parameters.Add("pEName", OracleType.VarChar, 80).Value = "Smith";
   adapter.SelectCommand.Parameters.Add("pEmpNo", OracleType.Int32).Value = 7369;
   adapter.Fill(dataSet);
 }

Public Sub AddOracleParameters()
    ' ...
    ' create dataSet and adapter
    ' ...
adapter.SelectCommand.Parameters.Add("pEName", OracleType.VarChar, 80).Value = "Smith"
adapter.SelectCommand.Parameters.Add("pEmpNo", OracleType.Int32).Value = 7369
adapter.Fill(dataSet)
End Sub 

注釈

名前付きパラメーターを使用する場合、コレクション内のパラメーターの数は、コマンドテキスト内の名前付きパラメーターの数と同じでなければなりません。また、Oracle の .NET Framework Data Provider ではエラーが発生します。When using named parameters, the number of parameters in the collection must be equal to the number of named parameters within the command text, or the .NET Framework Data Provider for Oracle raises an error.

Oracle の .NET Framework Data Provider は、のによって呼び出された SQL ステートメントにパラメーターを渡すための疑問符 (?) プレースホルダーをサポートしていません OracleCommand CommandType.TextThe .NET Framework Data Provider for Oracle does not support the question mark (?) placeholder for passing parameters to an SQL statement called by an OracleCommand of CommandType.Text. この場合は、名前付きパラメーターを使用する必要があります。In this case, named parameters must be used. 次に例を示します。For example:

SELECT * FROM Customers WHERE CustomerID = :pCustomerID  

のによって呼び出される SQL ステートメントで名前付きパラメーターを使用する場合は、 OracleCommand CommandType.Text パラメーター名の前にコロン (:) を付ける必要があります。When using named parameters in an SQL statement called by an OracleCommand of CommandType.Text, you must precede the parameter name with a colon (:). ただし、ストアドプロシージャの場合、またはコード内の別の場所で名前付きパラメーターを参照する場合 (たとえば、 OracleParameter プロパティにオブジェクトを追加する場合 Parameters )、名前付きパラメーターの前にコロン (:) を付ける必要はありません。However, in a stored procedure, or when referring to a named parameter elsewhere in your code (for example, when adding OracleParameter objects to the Parameters property), do not precede the named parameter with a colon (:). データプロバイダーは、コロンを自動的に提供します。The data provider supplies the colon automatically.

コンストラクター

OracleParameterCollection()

OracleParameterCollection クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OracleParameterCollection class.

プロパティ

Count

OracleParameterCollection の要素数を格納している整数を返します。Returns an Integer containing the number of elements in the OracleParameterCollection. 読み取り専用です。Read-only.

IsFixedSize

OracleParameterCollection が固定サイズかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the OracleParameterCollection has a fixed size.

IsReadOnly

OracleParameterCollection が読み取り専用かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the OracleParameterCollection is read-only.

IsSynchronized

OracleParameterCollection が同期されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the OracleParameterCollection is synchronized.

Item[Int32]

指定したインデックス位置にある OracleParameter を取得または設定します。Gets or sets the OracleParameter at the specified index.

Item[String]

指定した名前の OracleParameter を取得または設定します。Gets or sets the OracleParameter with the specified name.

SyncRoot

OracleParameterCollection へのアクセスを同期するために使用できるオブジェクトを取得します。Gets an object that can be used to synchronize access to the OracleParameterCollection.

メソッド

Add(Object)

指定した OracleParameter オブジェクトを OracleParameterCollection に追加します。Adds the specified OracleParameter object to the OracleParameterCollection.

Add(OracleParameter)

指定した OracleParameterOracleParameterCollection に追加します。Adds the specified OracleParameter to the OracleParameterCollection.

Add(String, Object)
互換性のために残されています。

パラメーターの名前と値を指定して、OracleParameterOracleParameterCollection に追加します。Adds an OracleParameter to the OracleParameterCollection given the parameter name and value.

Add(String, OracleType)

パラメーターの名前とデータ型を指定して、OracleParameterOracleParameterCollection に追加します。Adds an OracleParameter to the OracleParameterCollection given the parameter name and data type.

Add(String, OracleType, Int32)

パラメーターの名前、データ型、および列の長さを指定して、OracleParameterOracleParameterCollection に追加します。Adds an OracleParameter to the OracleParameterCollection given the parameter name, data type, and column length.

Add(String, OracleType, Int32, String)

パラメーターの名前、データ型、列の長さ、およびソースの列名を指定して、OracleParameterOracleParameterCollection に追加します。Adds an OracleParameter to the OracleParameterCollection given the parameter name, data type, column length, and source column name.

AddRange(Array)

値の配列を OracleParameterCollection の末尾に追加します。Adds an array of values to the end of the OracleParameterCollection.

AddRange(OracleParameter[])

OracleParameter 値の配列を OracleParameterCollection の末尾に追加します。Adds an array of OracleParameter values to the end of the OracleParameterCollection.

AddWithValue(String, Object)

値を OracleParameterCollection の末尾に追加します。Adds a value to the end of the OracleParameterCollection.

Clear()

OracleParameter からすべての OracleParameterCollection オブジェクトを削除します。Removes all of the OracleParameter objects from the OracleParameterCollection.

Contains(Object)

指定したオブジェクトが OracleParameterCollection 内にあるかどうかを確認します。Determines whether the specified object is in the OracleParameterCollection.

Contains(OracleParameter)

指定した OracleParameterOracleParameterCollection 内にあるかどうかを判断します。Determines whether the specified OracleParameter is in the OracleParameterCollection.

Contains(String)

指定した名前の OracleParameter がコレクションに格納されているかどうかを示します。Indicates whether an OracleParameter with the specified name is contained in the collection.

CopyTo(Array, Int32)

指定された 1 次元 OracleParameterCollection に現在の Array のすべての要素をコピーします。その際、指定されたコピー先の Array インデックス位置からコピーを開始します。Copies all the elements of the current OracleParameterCollection to the specified one-dimensional Array starting at the specified destination Array index.

CopyTo(OracleParameter[], Int32)

指定された OracleParameterCollection に現在の OracleParameterCollection のすべての要素をコピーします。その際、指定されたコピー先のインデックス位置からコピーを開始します。Copies all the elements of the current OracleParameterCollection to the specified OracleParameterCollection starting at the specified destination index.

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetEnumerator()

OracleParameterCollection を反復処理する列挙子を返します。Returns an enumerator that iterates through the OracleParameterCollection.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetParameter(Int32)

コレクション内の指定したインデックス位置にある DbParameter オブジェクトを返します。Returns the DbParameter object at the specified index in the collection.

(継承元 DbParameterCollection)
GetParameter(String)

指定した名前の DbParameter オブジェクトを返します。Returns DbParameter the object with the specified name.

(継承元 DbParameterCollection)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IndexOf(Object)

指定した Object のコレクション内での位置を取得します。Gets the location of the specified Object within the collection.

IndexOf(OracleParameter)

指定した OracleParameter のコレクション内での位置を取得します。Gets the location of the specified OracleParameter within the collection.

IndexOf(String)

指定された名前を持つ指定された OracleParameter の場所を取得します。Gets the location of the specified OracleParameter with the specified name.

InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
Insert(Int32, Object)

Object 内の指定したインデックス位置に、OracleParameterCollection を挿入します。Inserts a Object into the OracleParameterCollection at the specified index.

Insert(Int32, OracleParameter)

OracleParameter オブジェクトを OracleParameterCollection 内の指定されたインデックス位置に挿入します。Inserts a OracleParameter object into the OracleParameterCollection at the specified index.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Remove(Object)

指定した OracleParameter オブジェクトをコレクションから削除します。Removes the specified OracleParameter object from the collection.

Remove(OracleParameter)

指定した OracleParameter オブジェクトをコレクションから削除します。Removes the specified OracleParameter object from the collection.

RemoveAt(Int32)

指定したインデックス位置にある OracleParameter オブジェクトをコレクションから削除します。Removes the OracleParameter object at the specified index from the collection.

RemoveAt(String)

指定した名前を持つ OracleParameter オブジェクトをコレクションから削除します。Removes the OracleParameter object with the specified name from the collection.

SetParameter(Int32, DbParameter)

指定したインデックスの DbParameter オブジェクトを新しい値に設定します。Sets the DbParameter object at the specified index to a new value.

(継承元 DbParameterCollection)
SetParameter(String, DbParameter)

指定した名前の DbParameter オブジェクトを新しい値に設定します。Sets the DbParameter object with the specified name to a new value.

(継承元 DbParameterCollection)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

ICollection.IsSynchronized

ICollection へのアクセスが同期されている (スレッド セーフである) かどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether access to the ICollection is synchronized (thread safe).

(継承元 DbParameterCollection)
IDataParameterCollection.Item[String]

指定したインデックスにあるパラメーターを取得または設定します。Gets or sets the parameter at the specified index.

(継承元 DbParameterCollection)
IList.Add(Object)

このメンバーの詳細については、「Add(Object)」をご覧ください。For a description of this member, see Add(Object).

(継承元 DbParameterCollection)
IList.Contains(Object)

このメンバーの詳細については、「Contains(Object)」をご覧ください。For a description of this member, see Contains(Object).

(継承元 DbParameterCollection)
IList.IndexOf(Object)

このメンバーの詳細については、「IndexOf(Object)」をご覧ください。For a description of this member, see IndexOf(Object).

(継承元 DbParameterCollection)
IList.Insert(Int32, Object)

このメンバーの詳細については、「Insert(Int32, Object)」をご覧ください。For a description of this member, see Insert(Int32, Object).

(継承元 DbParameterCollection)
IList.IsFixedSize

IList が固定サイズかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the IList has a fixed size.

(継承元 DbParameterCollection)
IList.IsReadOnly

IList が読み取り専用かどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the IList is read-only.

(継承元 DbParameterCollection)
IList.Item[Int32]

指定したインデックスにある要素を取得または設定します。Gets or sets the element at the specified index.

(継承元 DbParameterCollection)
IList.Remove(Object)

このメンバーの詳細については、「Remove(Object)」をご覧ください。For a description of this member, see Remove(Object).

(継承元 DbParameterCollection)

拡張メソッド

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。Casts the elements of an IEnumerable to the specified type.

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。Filters the elements of an IEnumerable based on a specified type.

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。Enables parallelization of a query.

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。Converts an IEnumerable to an IQueryable.

適用対象