SqlClientPermission クラス

定義

注意事項

Code Access Security is not supported or honored by the runtime.

.NET Framework SQL Server 用データ プロバイダーで、データ ソースへのアクセスに関するセキュリティ レベルをユーザーに適切に割り当てることができるようにします。

public ref class SqlClientPermission sealed : System::Data::Common::DBDataPermission
public sealed class SqlClientPermission : System.Data.Common.DBDataPermission
[System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
public sealed class SqlClientPermission : System.Data.Common.DBDataPermission
[System.Serializable]
public sealed class SqlClientPermission : System.Data.Common.DBDataPermission
type SqlClientPermission = class
    inherit DBDataPermission
[<System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
type SqlClientPermission = class
    inherit DBDataPermission
[<System.Serializable>]
type SqlClientPermission = class
    inherit DBDataPermission
Public NotInheritable Class SqlClientPermission
Inherits DBDataPermission
継承
属性

注釈

プロパティは IsUnrestricted 、プロパティよりも AllowBlankPassword 優先されます。 したがって、設定した場合AllowBlankPasswordは、ユーザーが空のパスワードをfalse使用して接続できないように設定する必要もありますIsUnrestrictedfalse

注意

ADO.NET に対してコード アクセス セキュリティアクセス許可を使用する場合、最も制限の厳しいケース (アクセス許可は一切ありません) から始めて、コードが実行する必要がある特定のタスクに必要な特定のアクセス許可を追加するのが正しいパターンです。 すべてのアクセス許可から始まり、特定のアクセス許可を拒否する逆のパターンは、同じ接続文字列を表す多くの方法があるため、セキュリティで保護されていません。 たとえば、すべての権限を与えた後で接続文字列 "server=someserver" の使用を拒否しても、"server=someserver.mycompany.com" という接続文字列は使用可能です。 常に権限をまったく与えない状態から開始することで、権限セットのセキュリティ ホールを減らすことができます。

コンストラクター

SqlClientPermission()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

SqlClientPermission クラスの新しいインスタンスを初期化します。

SqlClientPermission(PermissionState)

SqlClientPermission クラスの新しいインスタンスを初期化します。

SqlClientPermission(PermissionState, Boolean)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

SqlClientPermission クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AllowBlankPassword

空白のパスワードを許可するかどうかを示す値を取得します。

(継承元 DBDataPermission)

メソッド

Add(String, String, KeyRestrictionBehavior)

新しい接続文字列および予約キーワードのセットを SqlClientPermission オブジェクトに追加します。

Assert()

呼び出し側コードが、このメソッドを呼び出すコードを通じて、アクセス許可要求によって保護されているリソースにアクセス可能であるということ、それも、スタックの中で上位に位置する呼び出し側にリソースへのアクセス許可が付与されていない場合でさえそれが可能であることを宣言します。 Assert() を使用すると、セキュリティ上の問題が発生することがあります。

(継承元 CodeAccessPermission)
Clear()

メソッドを使用して以前に追加されたすべてのアクセス許可を Add(String, String, KeyRestrictionBehavior) 削除します。

(継承元 DBDataPermission)
Copy()

SqlClientPermissionIPermission として返します。

CreateInstance()

DBDataPermission クラスの新しいインスタンスを作成します。

(継承元 DBDataPermission)
Demand()

呼び出し履歴の上位にあるすべての呼び出し元に、現在のインスタンスによって指定されているアクセス許可が付与されていない場合、実行時に SecurityException を強制します。

(継承元 CodeAccessPermission)
Deny()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

呼び出し履歴内の上位の呼び出し元が、このメソッドを呼び出すコードを使用して、現在のインスタンスで指定されたリソースにアクセスしないようにします。

(継承元 CodeAccessPermission)
Equals(Object)

指定した CodeAccessPermission オブジェクトが、現在の CodeAccessPermission と等しいかどうかを判断します。

(継承元 CodeAccessPermission)
FromXml(SecurityElement)

XML エンコードから指定された状態で、セキュリティ オブジェクトを再構築します。

(継承元 DBDataPermission)
GetHashCode()

ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適している、CodeAccessPermission オブジェクトのハッシュ コードを取得します。

(継承元 CodeAccessPermission)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
Intersect(IPermission)

現在のアクセス許可オブジェクトと指定したアクセス許可オブジェクトの積集合を表す、新しいアクセス許可オブジェクトを返します。

(継承元 DBDataPermission)
IsSubsetOf(IPermission)

現在のアクセス許可オブジェクトが、指定したアクセス許可オブジェクトのサブセットかどうかを示す値を返します。

(継承元 DBDataPermission)
IsUnrestricted()

アクセス許可のセマンティクスがわからなくてもアクセス許可を無制限として表すことができるかどうかを示す値を返します。

(継承元 DBDataPermission)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
PermitOnly()

呼び出し履歴内の上位の呼び出し元が、このメソッドを呼び出すコードでは一切リソースにアクセスできないようにします。ただし、現在のインスタンスで指定されているリソースは例外です。

(継承元 CodeAccessPermission)
ToString()

現在のアクセス許可オブジェクトの文字列形式を作成して返します。

(継承元 CodeAccessPermission)
ToXml()

セキュリティ オブジェクトとその現在の状態の XML エンコードを作成します。

(継承元 DBDataPermission)
Union(IPermission)

現在のアクセス許可オブジェクトと指定したアクセス許可オブジェクトの和集合である、新しいアクセス許可オブジェクトを返します。

(継承元 DBDataPermission)

明示的なインターフェイスの実装

IPermission.Demand()

セキュリティ要件が満たされない場合、実行時に SecurityException をスローします。

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.Assert()

スタック内の上位の呼び出し元がリソースへのアクセス許可を付与されていない場合であっても、呼び出し元のコードが現在のアクセス許可で識別されるリソースにアクセスできることをアサートします。

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.Demand()

呼び出し履歴のすべての呼び出し元に、現在のアクセス許可オブジェクトで指定されたアクセス許可が付与されているかどうかを判断します。

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.Deny()

呼び出し元のコードを通過する現在のオブジェクトのすべての Demand() が失敗します。

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.PermitOnly()

呼び出し側コードによってパススルーされる現在のものを除き、全オブジェクトのあらゆる Demand() を失敗させます。これは、呼び出しスタックの上位にあるコードに対して他のリソースにアクセスするためのアクセス権限が付与されている場合にも当てはまります。

(継承元 CodeAccessPermission)

適用対象

こちらもご覧ください