SqlConnection.ColumnEncryptionQueryMetadataCacheEnabled SqlConnection.ColumnEncryptionQueryMetadataCacheEnabled SqlConnection.ColumnEncryptionQueryMetadataCacheEnabled SqlConnection.ColumnEncryptionQueryMetadataCacheEnabled Property

定義

Always Encrypted が有効であるデータベースに対して実行されるパラメーター化されたクエリについて、クエリ メタデータのキャッシュが有効 (true) か無効 (false) かを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether query metadata caching is enabled (true) or not (false) for parameterized queries running against Always Encrypted enabled databases. 既定値は true です。The default value is true.

public:
 static property bool ColumnEncryptionQueryMetadataCacheEnabled { bool get(); void set(bool value); };
public static bool ColumnEncryptionQueryMetadataCacheEnabled { get; set; }
member this.ColumnEncryptionQueryMetadataCacheEnabled : bool with get, set
Public Shared Property ColumnEncryptionQueryMetadataCacheEnabled As Boolean

プロパティ値

クエリ メタデータのキャッシュが有効な場合は true を返します。それ以外の場合は false です。Returns true if query metadata caching is enabled; otherwise false. 既定値は true です。true is the default.

注釈

パラメーター化されたクエリの場合、SqlClient はパラメーターのメタデータを SQL Server するラウンドトリップを作成し、暗号化する必要があるパラメーターとその方法 (どのキーとアルゴリズムを使用する必要があるか) を確認します。For parameterized queries, SqlClient makes a roundtrip to SQL Server for parameter metadata, to see which parameter it needs to encrypt and how (which keys and algorithms should be used). アプリケーションが同じクエリを複数回呼び出す場合は、そのたびに追加のラウンドトリップがサーバーに対して行われるため、アプリケーションのパフォーマンスが低下します。If the application calls the same query multiple times, an extra roundtrip is made to the server each time, which degrades application performance.

Columnencryptionquerymetadatacacheenabledが true に設定されている場合、同じクエリが複数回呼び出されると、サーバーへのラウンドトリップが1回だけ行われます。With ColumnEncryptionQueryMetadataCacheEnabled set to true, if the same query is called multiple times, the roundtrip to the server will be made only once. キャッシュには、2000クエリに設定された、構成可能な最大サイズのパラメーターがあります。The cache has a non-configurable Max size parameter that is set to 2000 queries.

適用対象